陰陽リズムde 美肌イズム☆陰陽

「陰陽リズム de 美肌イズム」第二回目は陰陽について

陰陽聞いたことはあるけれど

大極図

この図、見たことあるある!(^○^)!
某有名サーフブランドのロゴでもありますね。
サーファーが自然をリスペクトしていることの現れだと思います(*^_^*)





中国の哲学のベースはこの陰陽五行思想によります。
今日でも中国の伝統医学、料理、などこの陰陽五行思想によって活用されています。
(私の生業である鍼灸もこの中国哲学に基づいていますね)

まず陰陽思想が体系化され、その後五行思想が体系化されました。
そして陰陽思想と五行思想が融合し「陰陽五行思想」が生まれたとあります。


上の図で白い部分を陽、黒い部分を陰と見ていきます。

陰陽思想は森羅万象を陰・陽の二つの性質に分けた二元論。
万物が形をとって現れる状態、一切の現象はすべて正と反の二つの面を持っている。
+と-
陰と陽
このふたつが平衡を保ちながら絶え間なく変化することで万物が生長、発展する。


◆陰陽は互いに対立し抑制し合う
◆陰陽は互いに相反する存在によって他方が成立できる
◆陰陽は相対的に程度や量が変化する
◆陰陽は互いに変化する

一日の時間の流れを例にとって考えてみてみると
夜があるから朝がくる。この時間的流れがなければ一日は成立しません。

夜という概念がなければ朝という概念もありません。
夜があるから相反する朝という存在が成立しています。

夜から朝へ、急激に変化するものではなりません。
夜が更けて夜が極まった後、徐々に太陽が姿を現し明るくなります。そして太陽が高くなり、陽が極まった後、また陰へと変化し夜が訪れます。


夏は日が暮れるのが遅く夜の7時頃でもなんだかまだまだ活動モードを感じますが、秋が過ぎ冬になると日が暮れるのが早くなり、夕方5時頃にはあらー真っ暗と活動モードが早めにoffになってきます。
そして冬至を過ぎると段々と暗くなる時刻が遅くなってくるのを感じます。
(冬至:、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日=陰が極まる)
自然界の時間の流れは正直だな~と思うのです。

陰陽は絶対的なものではなく、相対的なものであり、絶えず変化しています。
変化しているからこそ成り立つものなのです。

自然界を大宇宙とするならば、人は自然界の中に存在する小宇宙と考えます。
ですから、人の身体も常に一定ということはなく絶え間なく変化し平衡を保ちながら今ここにいると考えられます。

どこかおかしいな?と感じたならそれは陰陽の平衡がどこか崩れた時でしょう。

寒い冬でもアイスクリームが食べたい、氷入りの飲み物を欲するなどはやはり身体の陰陽バランスが崩れているのではないかと思います。

または情報過多の世の中で、生野菜やフルーツが美しさの素!なんてフレーズを聞いて、寒い冬や体の冷えを訴えながら常食しているのは陰陽バランスを自ら崩していると思えます。


人はみな違います。
〇〇がいい!というフレーズには惑わされないことも健美には必要です。
美魔女さんとあなたの体質や環境は違うのですからね。



陰陽を簡単に分類してみると

<自然界>
◇陽◆陰
◇明◆暗
◇動◆静
◇上◆下
◇左◆右
◇外◆内
◇表◆裏
◇熱◆寒


人体
◇陽◆陰
◇男◆女
◇上半身◆下半身
◇背◆腹
◇体表◆体内
◇気◆血
◇津◆液
◇神◆精


陰陽は相対的なものですから、ここで区分したものが絶対ではありません。
例えば男と女で区分すると男は◇陽で女は◆陰ですが、
男を陰陽に区分すると上半身は◇陽で下半身は◆陰です、体表(肌)は◇陽で体内(臓器)は◆陰です。
色々とイメージしてみてください。

一人の人間の中にも陰の面、陽の面あります。
どちらがいい、どちらが悪いではないのです。
陰の面があるから陽の面が際立つ時もあるし、陽の面があるから陰の面が際立つってこともあります。
わたしってこんなだからこうなんだ。。。。(-_-;)
なんてこだわらず、こんな面があるからこういう面があるって思うと、もっと自分が愛おしく感じられるかもしれませんね。




古代中国でこうした哲学が生じたのには分類マニアによるところだそうです。
この分類がなるほどなるほどと思います。


古代中国の人は分類して整理されていればそこに疑問をもつことなく説得力をもっていたということです。
なので、古代中国でも?という点もあったのかもしれません、ムリムリ~って点もあったのかもしれません。
それでも分類マニアな彼らによって数千年もの間伝承され、そこに古さを感じさせないとは、自然界をよく観察し生きていたのだと思います。


ちょっとわかりにくい陰陽の話ですが、私たちはこの陰陽リズムの中で生かされています。

健康な身体から生じるキラキラ健康美を目指すならば、陰陽リズムを知ってぜひぜひ活用してみて欲しいと思います。


次回からは美肌をつくる陰陽リズムのお手入れ方法についてぼちぼち話していきますね。

~to be continued~
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する