梅雨時期に気を付けたい潤いとの付き合い方

今週の横浜は開講記念日に向けて週末は元町も賑やかだったようです。
出歩いていないから実際のところ不明なんですけどね(;^ω^)
ガーデンベア
まだガーデンベアに会えますよ
女性が大好きな「潤い」
一年中「潤い」補充対策は絶やさないものです。
お肌ケアはもちろんのこと、お肌は内側からつくるものですというのはもはや常識ですから水分摂取だって怠りません。
ごくごくぐびぐび健康的に飲んでいます。
美人女優さんが1日2Lは飲んでますと聞けば、そうかそうかと2L以上の水分補給。
朝食は果物野菜をふんだんに使ったスムージー、昼はジャーにヘルシースープを作ってもっていき、夜は炭水化物を抜いてアルコールとおつまみ
こんなに潤い補充しているのに、肌がイマイチ乾燥する
あー私の潤いを妨げているのは紫外線か社内の澱んだ空気か?!
あなたの潤いを妨げているのは
「使えない潤い」です!
ガーン( ̄◇ ̄;)
上記の例はオーバー?とも言えず全体的にみると栄養補給が水分ばかりになっている人も少なくありません。
おそらく内側からの美を求め長い潤い補充対策により五臓の脾を弱め消化吸収能力が低下してしまい、固形物よりも水モノを好む。
風邪を引いた時やカラダの弱っている時はスープや柔らかいものを頂きますがこれは消化機能も弱っているから消化に使うエネルギーに負担をかけないようにする為ですよね。
カラダは甘やかせるとどんどん弱っちくなり、ますます機能が衰えていきます。
衰えてしまった五臓の脾は食べたものを有効なエネルギーへと作り変えてくれています。
女性が愛する潤いもそうです。
脾が弱くなれば愛する潤いも作れない、清らかな潤いが作れないけれどジメジメドロドロした使えない偽潤いが作りってしまう。
あーあ。。。
最近の湿度は50%程度
この程度ならさほど影響はありませんが、これからの季節外界の湿度が上がっていき、外の世界は湿気に包まれることでしょう。
人は自分と似たような思考をもつ人をおのずと引き寄せます。
外界の気もそうです。
類友です。
自身が湿気ていると、外界の湿気も引き寄せてしまうのです。
こうなると水浸し
潤いというのは澄んだ水分のこと
ですがこの湿気状態は澄んだ水分ではないので流れを塞き止めます。
いくら潤い補充しても詰まっていては内側から表面に届くことができない。
補充すればするほど詰まっていく。。。。
これからの時期潤いを求めるばかりに水浸しになっていないか?
見直してみてくださいね~
摂りすぎている方は・・・まずは摂取量を減らしましょう。
不要な水を抱えていると重いよぉー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する