強く美しい衛気の作り方

強く美しくあれ

肌の美しさは見た目の問題だけでなく、肌理の整った肌=衛気の充実であり、衛気が充実していると外界の邪気から身を守ってもらえます。
最近の気温変化激しい中でも何食わぬ顔で過ごせているあなたは衛気が充実している強く美しい人ということです。(自慢しちゃいましょう)

【衛気が弱いかもチェック】

〇風邪を引きやすい
〇気温変化に弱い
〇季節の変わり目が苦手
〇花粉症だ
〇肌が荒れやすい
〇少し動くと汗がダラダラ出て止まりずらい
〇風が不快(エアコン、扇風機なども)
〇肌表面がすぅーすぅーしやすい、手をあてると気持ち良い
〇周囲のことが気になりやすく影響を受けやすい

思い当たる項目があるぞ(*´-ω・)ンという方は

   粗目の肌


な感じの粗目網戸タイプですね。
粗目タイプさんにおススメするものは

◇発酵食品、もち米、しいたけ
◇乾布摩擦・さするだけマッサージ

発酵食品、腸内環境を整えてくれてインナーから美を作り出すと人気です。
中でも手軽に摂れるヨーグルトは女性の間でも大人気

なのですが・・・ヨーグルトは冷蔵保存してそのまま頂くことが多くまた手軽なので朝食に+ヨーグルトなどで頂く習慣のある方も多いかと思います。
これは意外とNG
なぜなら消化吸収にも熱エネルギーを必要としますが、肌のぬくもり温度よりも低い食品を摂るとそれをエネルギーに変える為に消化器の熱エネルギーを消耗してしまい、ぐったり。習慣化することで消化機能を弱めてしまいます。
消化機能が弱ってしまうと有効なエネルギーは作れなくなってしまうのです。衛気に限らずね。

簡単に言うと

消化器官は肌ぬくもり温度37度程度がお好き

内臓を冷やすとだめねってことです。
ヨーグルトがいい!!!ということであれば常温・人肌に戻してから頂くか温めた煮リンゴなどと一緒に頂くといったひと手間を加えてみましょう。
日本には味噌や納豆なんて優れたものもあるので衛気が弱っている時はこちらの方がおススメです。


朝起きた時、手の先から心臓に向けて。足の先から心臓に向けてスリスリスリとさするだけマッサージをしてあげるのもいいですよ。
また苦手な場所や人と会わなければならないなんて言う時はイメージだけでも自分の体表に一枚バリアを張っておきましょう。

強く美しい衛気の作り方でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する