クリパルヨガ

昨年最後の満月の日、ひょんなご縁で始めたクリパルヨガ

身体が硬い(;´ 3`)
スタジオワークが苦手

・・・ヨガは興味はあるけれど、やってこなかったことのひとつ
参加は「クリパルヨガ」→「可愛いネーミング(´・∀・)」と名称に魅かれたのがきっかけ

2回目終了までクリパルヨガが数あるヨガの中のひとつであることすら知らずに・・・
全くのド素人っぷり(≡ε≡;)エェ~

クリパルヨガは、インドのヨギ、スワミ・クリパル師の教えに基づいて、1960年代から米国で広まったヨガで、一人ひとりの体験を尊重すること、日常に応用しやすく、誰にでも安全に楽しめることが特徴です。完成されたポーズを目指すことよりも、内面で実際に起きていることを受け入れることを大切にしています。このため、自分への理解を深め、人との関係を改善するなど、セラピー的な要素があり、体だけでなく、心を大切にした暮らしを模索する人に静かな支持を集めています。Kuripaluさんホームページより抜粋)

フィジカル面では、普段サーフィン前に浜辺でやるストレッチ。
ってことはサーフィン大将はヨガを取り入れていたのか・・・と今更気づく。。。

他でのヨガ経験ゼロの私はヨガなるものがどういうものかわからないけれど、ここでは瞑想を取り入れて内面を感じながら進めていきます。

本来ならば、わざわざワークを行わずとも自然に感じるはずの自己ですが、我が物顔で物質である身体を使っている私達にはこうして内面と向き合うことも必要なのだな~感じます。



何事も原因があって現象がある。


例えば頭痛
病院へ行けば痛み止めを処方してくれるだろう。
中医学ならば痛みの部位(側頭部、後頭部、頭頂部など)や痛みの性質(ズキズキする、ボーっと空虚な)などによって区別するので手当ても異なる。
頭痛ひとつとっても自分と向わなければならない。なんでもボタンひとつで答えが得られる現代人にとっては厄介な作業かもしれない。

でも、カラダは意味もなく発信したりしないのよね。
痛みにも意味がある。
嫌だな~と感じる場面に出くわしたり、嫌だな~と感じる人と会わなければいけなかったり。
過去に出会った嫌な場面を思い出すとか繋がることだったりするだけでも痛みを含め不快感を感じたりすることがある。
過去の出来事含めて今の自分なのです。


健康で健幸な人生を♪
スポンサーサイト
テーマ: 心と身体 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する