キャンドルタイプのあなた

今日もオラオラ風邪(ふうじゃ)が地上を荒らしていたようですね。皆様ご無事でしたでしょうか?

横浜は気温24℃という予報でしたが、実際はどのくらいだったのかしら?
室温は24~25℃
日の当たる場所での体感温度は高かったのかなぁ
ご来院された方の中には、「日陰を選んで歩いている」という方もいらっしゃいましたからね。


前回は熱いぜ!「ファイヤータイプのあなたへ」⇒ここ

今回は熱仲間ですが、ちりちり揺らめくキャンドルタイプの方へ

   20170419candle.jpg

ボゥ~ボゥと燃え上がるファイヤーとは違って、ゆらゆら揺らめくキャンドルタイプ。
ちょっと地味目・・・


チークを施したような頬の赤味が幼げで健康的な印象を与えてくれます。
冷え性なんですぅーと言いながらもまだ夏前だというのに素足だったり就寝時布団の中から手と足は外に出していたりして、ちょっとおちゃめな一面があります。
また夜中に目がさめると悪夢でも見ていたのか?「汗かいていた^^;」ということも。
ファイヤータイプのように腰に手を当ててごくごくアイスドリンクを飲むようなことはなく、お品良くちびちびと唇や口を湿らせる程度にドリンク摂取。
トマトの丸かじり大好きで、最近種類が増えたプチトマトをあれやこれやと選んで買うのが楽しみ。

可愛い印象のキャンドルタイプですが、桜も散って気温が上がってくると顔が火照るような、頭が熱くなるような、ちょっと動くとぽっ、ぽっと熱いような。
「これが更年期?」と年齢を感じさせられることがあるようです。

この地味目な?控え目な熱の正体は・・・

カラダには温める物質と冷ます物質がありますが、冷ます物質が不足したことによるもの。
量的に温める物質が増えているわけではないのでファイヤーってことにはならない。

冷ます物質・・・潤い(津液・血)

潤い不足、ならば「水」を飲もうとがぶがぶ水を飲む方もいらっしゃるのですが、「水」をがぶがぶ飲んでも解決しないのです。
カラダは60%程が水分で出来ていると言われますが、イコール「水」ではないですよ・・・ね。
乾燥肌に水を吹きかけても艶・潤いにはならないからみなさんあれこれ成分が含まれた化粧品を使うわけですから、カラダの内側も「水」では解決しませんね。

野菜はたっぷり(目標350g/day)摂れているかな?と見直してみて、熱っぽいので豆腐や豆乳、手軽なところでオリーブやゼラチンも使えますね。
と・・・・その前にネギや唐辛子、胡椒、にんにく、スパイシーなカレーなどを頻繁に摂っていないか?もチェックしてみましょう。

潤いは日々の業務でも思い悩むこと、PC・スマホで目を使うことでもガンガン消耗されていますし年齢を重ねることでも悲しいかな不足してきます。
また冬の間にノロウィルや胃腸風邪で下痢していた(;^ω^)という人も不足に陥りやすいので自分のカラダを振り返ってみてくださいね。

潤い不足になるとカラダの乾燥症状だけでなく、そわそわしたり、不眠になったり、イライラしたりと内面症状も出やすくなりますのでおや?と思ったら早め早めの対応を(*^^)v

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する