春は発芽のためにエネルギーが必要なんです

先週春一番が吹いて、月曜日は春二番。で本日春三番だとか。。。
何番までカウントされるのでしょうね~
火曜日サーフィンは春二番の風の置き土産で波は残って風は止む、と希望的観測をしていたけれどやれやれどっこいしょ。
北風ピープー吹いている♪と顔面がかち割れそうでした。波はあったので頑張りましたけれどね。
風にボードを煽られ、風に向かって沖に向かう!こと3時間弱。
こんなに疲れを感じたことがない!っていうくらい疲れたぁーーーー

「とにかく疲れる」という人が多いなぁーって話をしてから数日経ってしまい、もうその話題古いっす(* _ω_)…
というとそうでもなかったので、続けることにします。

ニンゲン毎日働いたり勉強したり誰かのお世話したり結構頑張って生きていることでしょう。
「疲れた」と感じられるくらい今日一日を過ごせたなら「よく頑張った自分!」だと思います。
ですが、過度の疲労や疲労の蓄積というのはやはりよろしくないですよね。

そして“このところ”っていうのがポイントです。
突然気温が上がったりする日もポチポチ有りますが基本まだ冷えにご注意って陽気です。
ですが暦の上では『春』なんです。
『春』というのは木々が新芽をのぞかせるように冬の間に蔵したエネルギーを使って芽を出す季節。
自然界の一因でもあるニンゲンさんもエネルギーを使って芽吹く季節なんです。
当然カラダは芽吹こうとしています。ですが毎度お忙しい現代人は冬だからといってエネルギーを貯蓄なんてしていられません。
このアンバランスさが疲労感として現れているということ。

エネルギー=気が不足していると春に調子を崩しやすい。


さてこの気の不足どうしましょう。

つづく。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する