皺に悩めば悩むほど皺が増える、かもね

昨日古い知人からMessengerに届いていたメッセージに返信したところ、
「一年前のメッセージに返信ありがとう」( ゚ ω ゚ ) ! !
なんで気づかなかったのだろう?デジタルわからない。。。




ぐーんと気温の下がった週末、元町でもふわふわファッションの方がちらほら。
今日もプードルみたいにジャケットもバックもふわふわした?もこもこ?した装いのご婦人を見かけました(^^)

プードル



気温は下がりましたが個人の素体によっては湿気を感じるという人もいますが、季節の特性としては「乾燥」
お肌も乾燥を感じる季節でございます。
もともと肌には保湿成分が備わっています。が年齢と共に保湿力が低下していくようで恐ろしいこっちゃ。
保湿力が衰えていくと現れるのが「皺」
カリカリ状態だと深い深い皺となって現れます。

保湿力=体の潤い成分が減るわけ

・加齢
・発汗
・温熱性の食品の過剰摂取
・排出のしすぎ
・悩み・考え過ぎ など・・・

〇加齢は止められません。なので食生活で補っていきます。

〇やたらとサウナや岩盤浴などで汗の出し過ぎも肌表面の潤いを消耗してしまいます。
サウナや岩盤浴などでは痩せませんのでほどほどに。

〇温める食品が流行りだしてから温熱性の食品を過剰に摂っている人、スパイシーなものを好んで食べる方は体が熱性に傾いて潤いをじわじわと消耗している可能性もあります。

〇排出とは小水や便、小水回数・量が多くほぼ透明、軟便or下痢という人は過度に水分を排出して潤い不足になっていることも。

最後に
〇悩み・考え過ぎもカラダの潤いを消耗します。これは意外と多い。
悩みは尽きないものですが、尽きないということは解決策がみつからないから、選択ができないからということで悩んでも“今”は変わらないという気もします。
そんなことで大事な潤いを消耗するくらいなら、
悩むことはいったんこっちに置いておいて(っ*・з・)っ〇。。ヨイショ

なので皺について悩むことも悩めば悩むほど皺が増えるかもしれません。
気になるけどね(*-ω-)(-ω-*)ウンウン
目の前の皺ちゃんに向けて保湿して、潤いを補ってくれる食物を頂いたりして過ごしましょう。

山芋、薩摩芋、大根、白菜、レンコン、
豚肉、あわび、いか、牡蠣、すっぽん
黒ゴマ、大豆、松の実、アーモンド、カシューナッツ
梨、ざくろ、オリーブ、レモン、りんご、梅
ゼラチン
牛乳、豆乳、ココナッツミルク などなど

いつもあれこれ考え込んでいる人は目と目の間、第三の目といわれる眉間に深い皺を作っていることもありますね。
ストレスフルな状態をほぐしていくとだんだん取れてきます。
 (-”-;) 

ご年配の方で若々しいなぁーという人はなんだか楽しそうによく笑っています。
ココロとカラダの健康が健美を作るのだなぁと思いますねー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する