夏の顔のむくみの原因は・・・ビールか?エアコンか?

今日も30度超えですねー。
元町や中華街は日差しを遮るものがないので、ひと通りがまばらかな~という印象です。
うーーん!頑張ろう!

お天道さまがニコニコしていると洗濯物がよく乾いて気持ちがよいです。
洗濯物はカラッとしていいのですが、ニンゲンさんのカラダは暑さを冷ますために汗をかいて水分が失われカラッカラのしょぼっしょぼ、カリカリの抜け殻にでもなってしまいそう。

なのですが、意外と顔がむくんでしまう人もいます。
顔のむくみ、ビールの飲み過ぎかも?っていうのもあるでしょうがエアコンや扇風機の風によることもあります。


風が邪気になると風邪(ふうじゃ)
風に長時間当たっていたり、強風に吹かれたりすることで風邪が体の体表を守る気・衛気をふっ飛ばしてしまいます。
衛気は肺が関連しているので、衛気が弱まると肺気も弱まっている状態に。
肺は水をシャワーのように散布する役割があるのですが、肺が弱まってしまったことでシャワーからの吹き出しが弱まり水が停滞してむくみにつながるというわけです。

   衛気
久しぶりのイラストでの解説だよヾ(・∀・)ノわかるかなぁ~

暑いし蒸しているけれど汗をかけない、じっとりした汗がまとわりついている、顔がもったりしている、顔がむくんでいる。。。

この暑さですからエアコンや扇風機なしで過ごすには危険を伴いそうです。
ですが・・・
一日中エアコンのお部屋にいる、扇風機の風を浴びているとことであれば風が直接あたらないような工夫をするといいですね。
睡眠中は動き回ることがないので、直接風に当たらないよう工夫をしてみましょう。(壁に風をあてるなど)
最近のエアコンは冷えを感知してくれるようですが、肺の弱まりまでは感知してくれませんものね。

一日の終わりには湯船に使って汗をかく習慣をつけてあげましょう。
また冷たいものの摂りすぎは衛気の材料である陽気を損なうのでほどほどに。。。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する