「大地の恵みを頂きたい」と実感したお花屋さんでの出会い

カラッと晴れわたり気温もぐーーんと上昇した週末、いかがお過ごしでしょうか?
気温は高いけれど湿感低く、風もあるので騒ぐほどのことじゃございませんことよ。
と思いますが、人の感受性によってはもうすでにバテている、という方もいらっしゃることでしょう。
埼玉&群馬では「高温注意情報」が出たそうです。
今年の夏は体力勝負ですねd( ̄  ̄)

毎度お世話になっているお花屋さん、モトマチフローリストさん
暑くなってくるとお花選びも悩むところで、先日は涼しげな緑ということで枝ものにしました。

   ブルーベリー

こちら、ブルーベリーです(゚∇^*)
実がまだ青いですが、だんだんと黒っぽくなる?そうです。
私が苺の次にお薦めするジャムの材料にするあのブルーベリーちゃん
「色が変わってきたら、食べられるかなぁーーーー(*"ー"*)ムフフ」
と単細胞なことを言いつつ、枝を切ってもらっていたら
「食べられませんよ(  ̄_ ̄)」
と花の影から聞こえるネガティブの声明

むむむ、誰じゃ?
その方は元町で飲食店を経営されている料理人さん
「果実の実は土から栄養を吸い太陽を浴びて美味しく、甘くなるので切ってしまったものは甘くなりません」
と教えてくれました。
栄養を吸い上げられる前に切り取られてしまった、または鑑賞用として栄養のことは考えずに育てられた果実を目の前にして、大地の偉大さを見落としてしまいました。
そして改めて大地に眠る無限のエネルギーを実感し感動したのでありました。

そして料理人さんは言いました。
「やっぱり大地で育ったものでないと本当の美味しさは頂けない、これからの日本大丈夫なんだろうか」
と。。。
そうね、LED栽培とかわけのわからないことを大都会のビルの中でやっちゃっている企業もありますからね。
なにも知らずに、なにも疑問に思わずにそういったものを食べるようになったら日本人の細胞は単細胞になりそうな気がしますよ。

とうもろこしは排出機能を持っているから、土壌を肥やすためにとうもろこしが植えられるという。
とうもろこしが太陽を浴びて栄養分を排出して、土に栄養を与える。
そして肥沃になった大地にまた作物の種が植えられて栄養を吸い込み美味しい作物へと成長していく。
その栄養分を含んだ作物を頂くことでニンゲンさんのカラダとココロは健康に成長させてもらっている。
ニンゲンさんのカラダとココロ、栄養はサプリメントでも栄養補助食品でもエナジードリンクでも瞑想でもありません、食物です。


大地の恵みに感謝して頂きましょう。
今年の夏も体力勝負!しっかり清熱、滋潤するものを頂いて元気に楽しんでまいりましょう!
\(^^\)(/^^)/チャチャチャ


お花屋さんでの何気ない出会いがとっても豊かなものとなりましたとさ。


流石の料理人さん 元町の旬味 柴田(Facebook)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する