絶叫マシンでちびったΣ(´し _`;) ぇぇぇぇ,,,,

12月に入ってからなんだか暖かい日が続いていますので、お洗濯物が太陽の香に包まれてほっこりした気分でございまするヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ


五臓と五志
残すは腎のみとなりました。

  五行色体表


腎は「恐・驚」
とあります。

なんだかおどろおどろしい感じです~―(ll゚Д゚;乂)―

五志による気への影響に
「恐るれば気行らず(めぐらず)驚けば気乱れる」
とあります。


些細なことに恐れを感じてしまうことがあります。
その原因が最近のことであったり、将又ずーーっと記憶の深いところに眠っていることであるったりもします。
恐かった体験が腎の気を弱らせてしまったいることもあれば、腎気の弱まりからびくびくしやすくなっていることもあります。

大きな恐怖体験が腎気に影響することもあるのでしょう。

仏蘭西王妃マリーアントワネットは断頭台に立つほんの数日までに間に白髪になったという説がありますが、
もしこれが真実ならば、これも恐怖心から腎の五華である髪に影響したのではないかと思います。

年を取ると腎気が衰え、腎の機能に影響が出ます。
膀胱が緩んだり、骨が曲がったり、耳が遠くなったり、髪の艶がなくなり、唾液が少なくなったり(ドライマウス)白髪になってきます。

年齢にそぐわず腎気を傷めるとこうした老化に伴う症状が出やすいともいえます。



また遊園地のジェットコースターやお化け屋敷体験後
「もぅーびっくりしてちびるかと思ったよー」
なんて言葉が出たりしますが、驚くと腎気を乱します。
腎気は泌尿器の働きにかかわり、漏れ出ないようにしています。(封蔵)
赤ちゃんはまだ腎気が未熟なので、おむつをします。(好きな時に好きなようにぴっ、ぴっ)
年を取ると腎気は減少してきますので、やはりトイレが間に合わなかったり、自分でコントロール出来なくなってしまうとおむつをしますよね。


びっくり体験刺激が好きであまり頻繁に体験していると、腎気を痛めてしまうかもしれませんので、
ほどほどにヘ(・c_・^ヘ)

ちなみに・・・・私は遊園地のジェットコースターとかは好きではありません。(富士急とか・・・)



五臓と五志
本来感情は体を傷めるものではないのですが、場合によっては発病の原因ともなりうるので、
過剰、継続した感情にはお気を付けください。



スポンサーサイト
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する