無題・・・

地震速報が分刻みで入ってくる。
しかもかなり大きい。
東日本の震災の際、ここ横浜でも今までに経験したことのない地震を経験したが、寝る場所も食べるものもあった。
それでも数日間は携帯の地震速報が鳴り響き、ぐらぐら揺れ、駅はシャッターが降り電車が止まり、仕事もほぼストップしてこの先どうなるのか?という不安を感じていたのは確か。

あの時東北の人に比べたらと関東でも不平不満を漏らしてはなるまい!
というようなムードもあって、心も身体もぱつんぱつんになっていたように思う。

熊本ではエコノミー症候群でお亡くなりになった方もいるという。
これもカラダの流れが不通になってしまった状態。
カラダを動かすことで気血の流れが助けられる、もし動く力がなければ怖かったこと、不安なことを口に出してみるだけでもいい。
それだけでも溜まっているものが吐きだされるから。
隣の人をさすってあげるだけでもいい、手当てって誰にでも出来て一番の治療法だと思う。
道具もいらない、技術もいらない
ただただ相手のことを想いながらさすってあげるだけでいい。

熊本、大分、九州の皆様
地震が少しでも早く治まること、そして震災による復興が一日も早く成し遂げられること、何よりも皆さまの心身の回復をお祈りしております。



支援金と義援金について →

「今」は支援金の方が役立つということのようだφ(.. )メモシテオコウ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する