守ってくれるひとがいない( ; ; )

気の働き【防衛作用】

火曜日はひと月ぶりに海へ行きました。
ナンダカンダで2月は休めず^^;サーフィン(に限ったことではありませんが)出来ないことがストレスになるくらいなら一層サーフィン止めてしまえ!と思うのですが、久しぶりに足を運んでみたら海は温かく迎えてくれてしかもいい波で、やっぱり止められねー((=゚ω゚)ノうっす
ご機嫌波で短いボードを借りてチャレンジしたらこれまたすこぶる楽しいボードで益々体幹鍛えねばとサーフィン熱が下がる事は当分なさそうです^ ^


打って変わって翌水曜日、気温も下がり冷たい雨・風
気候気温変化が激しいですね。
こんな時に体調をこじらせてしまう方も少なくないのでは?
それはそれは衛気が不足していることが原因です。

「衛気」、健幸blogではよくよく登場する衛気さんなのでご存知の方も多いでしょう。
前回、気はプッシュプッシュ押し流してくれていますのよ。という話でした。
気がプッシュプッシュして押し流されることで気は隅々まで届けられ各部所へ届けられ各々のお仕事をしています。そのうち肌表で防衛作用をしているのが「衛気」
衛気は我らの身を外側からの侵入者から守ってくれています。

衛気が足りずスカスカの網目なら侵入者は容易に侵入者してしまいます。

侵入者が今日はのような雨なら湿邪となり、風なら風邪(ふうじゃ)となりそれぞれ邪気の持つ性質を発揮させて?悪さをする!というわけです。

誰も守ってくれるひとがいない( ; ; )

そんなことはありません。
衛気はそこらのイケメンさんよりも、美人さんよりもずっとずっとあなたを守ってくれるのです。

「衛気」は気候気温変化から身を守るのみならず、厳しい社会に吹き荒れる邪気からもきっとあなたを守ってくれることでしょう。

衛気を養うには乾布摩擦!
といっても裸で肌をゴシゴシすることはなく手先足先から心臓に向かって優しく摩ってあげるだけでオッケーです。
小さなお子様にはママやパパの手でやさしくさすってあげて衛気を養ってください。
こういうのって、記憶の深いところに残ってきっと彼らも自分の子供を持ったときには同じように手当てしてあげることでしょう。

衛気を養う食物は、ネバネバ系やキノコ類、もち米、発酵食品。
但し今風邪ひいて鼻水たらたらや痰咳ゴッホゴッホやメタボちゃん傾向の方は溜まった邪気を追っ払ってからこれらを摂ることをオススメします。

ヨーグルトが体のいい!と毎日食べても邪気溜まりのある人は既存の邪気が居座ってしまいますのでご用心。
健幸人は巷の流行ものにすぐさま飛びつかない。ここ大事です!

桜の木もぼんやりとピンク色に見えます。
不思議ですね。まだ桜のつぼみも出ていないのに。

しっかし、今日はよく降りました。。。鼻じゅるじゅるしていたら、それは花粉か?風で肌表を開かれそこへ寒湿が入り込んだか?
そんなところです。こんな日は湯船に浸かって眠りましょうzzz

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する