パクチーがきている

ワン・ワン・ワン 「犬の日」です。
11月ですよ=3=3=3

最近パクチーがきているようですd( ̄  ̄)
私の周辺でも「パクチー大好きーーー(♡^_^♡)女子とかいますけれど、
なぜ今、パクチーがもてはやされるようになったのか?
不思議です。
パクチーは好きか嫌いかはっきり分かれる食材のようですが、私・・・特に「げぇーーー嫌い!!」も「きゃーーー大好き!!」もなく、あの香が合う料理にはやはり入っていたほうが美味しいし、とはいえパクチーだけバクバク食べるほど興味があるかと言われると首を傾げますし、パクチー中立者とでも言っておきましょう。


タイではパクチー
中国ではシャンツァイ
ベトナムではザウムイ
と呼ばれているようです。

コリアンダーの葉の部分をパクチー、種子の部分はコリアンダーシードなどと呼ばれ香辛料に使われています。
今流行のパクチーですから色々と効能も囁かれています、デトックス、美容効果などなど

葉っぱですので表面に効果がありそうです。
中医学的にみ見てみると・・・

性能:辛 寒熱:温 帰経:肺・脾
効能:解表、透疹、消食、清熱など

辛味で温めて邪気を出したり、食べ過ぎなどによる消化器の未消化物を取り除く効果があるようです。


寒くなって寒邪に襲われぶるっと肌表面がゾクゾクする時などは温かいスープなどに入れて飲み発汗すれば引き込む風邪症状にはならなそうですね。
年末年始に向けて飲みすぎ食べ過ぎで消化機能を弱めてしまい、胃の存在感がずしっと重いなんていう時にはパクチーが効果ありそうです。

long long ago・・・・・
ほぼ中国人だろ、というおばさんの家ではシャンツァイがいつも台所の瓶に刺さっていて食事の際には傍らにシャンツァイがあり、スープや白湯に入れていたのを覚えている。
今になって思えば・・・
中国の家庭でシャンツァイを常食するのは、きっと消食効果、日本のパンシロンみたいなものだったのかもしれない。






今回お邪魔したお店⇒ 三軒茶屋 シンチャオ


   パクチースムージー

おススメ「パクチースムージー」 私はラムで。飲んだ瞬間はパクチー?であとからパクチー登場って具合の味で癖になりそうな美味しさで、お酒ってカラダにいいのね~って思わされます(笑)


   パクチー

パクチー好きにはもぅ~d(゚-^*)たまらないのではないでしょうか?自分でチョキチョキはさみで刻んで好きなだけ料理にいれられちゃいます。(食べ放題は期間限定のようです)

知らない間に料理がどーどーんとと並び、どれもこれも美味しかったですん。
メニューにはパクパク度が表示されていているので、大好きな人はパクパク度数高め、ちょっとトライという人はパクパク度低めと選びやすくなっています。

スウィートチリソースがぴったりな手羽ばくだんにかぶりつき、ネプモイロックにヒューヒューして楽しい夜会となりました。

同オーナー経営の渋谷 Asian Food&Bar Bagusでもパクチー料理頂けるそうですよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する