潤・艶美人は秋につくる

昨日、一日冷たい雨
雨降りの中、早くも銀杏拾いをされているご婦人を発見(°_°)
これから乾燥させて美味しい茶碗蒸しにでもするのかな~(乾燥中がくちゃいんですよね)

すっかり秋模様ということで季節は湿から燥へと移り変わっていきますね。

燥ということは潤い不足

元々潤い不足傾向の方は益々潤い不足に
そうでない方も季節特有の影響で潤い不足傾向に

肌表面だけの乾燥だけならば、クリーム塗っておこう(^-^)/ですみますが
カラダの内側から乾いてしまったら・・・・

乾いた肌肉って???
ビーフジャーキーを思い浮かべてみましょう。

( ̄▽ ̄)

考えただけでもぞっとする。



うるるんつるるん潤・艶美人とそうでない人はこの秋が分かれ目

外からのお手入れはもちろん内側から潤っていきましょう。

湿気の多い時期はスープ類はちょっと控えめにしていましたが、燥の時期ですから骨付きで出し取ったスープなどはおススメです。
私はスープは鶏出汁です。
が、今秋は豚足にもチャレンジしてみようと思っています。
ちょっとあのお姿が・・・・ですが・・・・
コラーゲンたっぷりっですしね。

ゼラチンをお味噌汁などに入れてもいいですが、やはり丸ごとっていうのがまだ未知の栄養素がたんまり含まれているらしいので、素材から頂きたいところです。

皆さんもビーフジャーキーにならないように、この秋に潤・艶ぷるんと美人を目指してください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する