夏日?湿邪?颱風?

箱根も火山活動も気になるところです、フィリピン東に発生した颱風6号・ノウル発生も気になるところです。
5月にして30℃近い気温上昇も地球さんどうした?と思うところです。

確か昨年のGW伊豆サーフトリップはセミドライで入ったように記憶しておりますが、今年は余裕で3mmジャージでしたし、地上ではノースリーブでへっちゃらでしたし。
夏が早まっているのか?長くなるのか?ほにゃらか。。。。

自然環境がニンゲンさんに影響を与えることは御承知の通り。
急に気温が高くなり、冷たいものをゴクゴクと飲んでいる方もチラホラリン。
で、体は湿気体質になってじっとり汗ばんでいる。

気温上昇による熱邪の影響よりも湿邪の影響を受けている人が多いような気がします。
たらりたらりと垂れる汗ではないので、本人さほど発汗している意識はない。
爽やかな汗というよりも、体から浸み出ている湿気です。
湿気に一枚覆われた体はちと重い、重いとダル~い、気温が下がる夕方にはなんだか冷える、冷房が掛かっているとぞわぞわ寒い。

外湿もややあり+自分で取り込んだ水分が湿気と化し、早くも湿の影響を受けている方、今から湿貯していると梅雨が着た時にはどろんどろんになってしまいますよー

カラダがもったりする
カラダが重い
なんとなくベタベタする
もっぱら氷入りや冷蔵庫で冷やしたものばかりを飲んでいる
パリパリっとした生野菜サラダ!で野菜摂取は完璧と思っている
朝食はスムージー
湯船に浸からずシャワーのみのことが多い

上記思い当たる方は・・・・・梅雨・夏を前にじっとり湿貯体質になりやすいのでご注意くださいませ。

脱!湿貯体質

口に入れるものは体温以上を目安に
どーーーしても冷たいものが欲しい~という場合は一口冷たいもので口を冷ましてからその後は常温、温飲。
野菜は煮る炒める蒸すなど火を通して頂く。
起き抜けに生野菜で消化の悪いスムージー習慣を続けると消化力が低下します。
湯船に浸かる習慣

健康・健美☆自然環境に負けない体質づくり


先日珈琲ショップでの出来事・・・

先日、○トール珈琲で注文に並んでいた時のこと。
私の前にギャル二人
注文に相当悩んでいましたが<(`^´)>、一人のギャルはスタンダードではないアイスドリンクを注文し、もう一人は散々悩んだ挙句に「ロイヤルミルクティー」を注文。
○トールにはあまり慣れていないようでシロップはいるか?ポイントカードは持っているかなどと聞かれてきょとん顔。
その後お待たせしましたと後者ギャルが注文した「ロイヤルミルクティー」がトレーに乗せられると、ギャルは数歩下がって嫌々している。
「やだやだ、やだーーーーー。これ私のじゃないしーーーちょっとやだー」

フル((‘д’o≡o’д’))フル

目の前に置かれたホットロイヤルミルクティーをこの世のものとも認めていない様子
こんなもの注文するわけないチャウ(-д- 三 -д-)チャウ

ってか・・・・・
私は直近で見て聞いていたよ。
君は頭にアイスとつけず「ロイヤルミルクティ―」と注文しておった。
彼女にとって、ホットロイヤルミルクティーはあり得ない代物だったようだ。

なぜだろう
ギャルたちは冬でも夏でもアイスバージョンを注文することが多いような気がする。
ストローで飲むスタイルがいいのか?
胃熱があるのか?
鬱熱があるのか?

しかし、ストロー族が
「私冷え性だから~」と言っているのを聞いたりすると
ヒジョーに残念な気持ちになる。

そしてストロー族は一年中アイスものを飲み、湿貯を増やし夏でも冬でもエアコン無しでは過ごせない体質になり、ますます体温調節の出来ない身体を作っていくのだろう。。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する