日焼?くすみ?

あれ?顔が黒いですね~
この時期ですと、スキーを楽しむ方も日焼けをしていますから「あら、あなたも通年サーファー(*^^)v」というわけではありません。
スキー場での雪からの紫外線反射率は80%だそうです。アスファルトから受けるのが20%程ということなので、これは!!かなりの量です。
それに高い山で受ける日光の影響は地上よりも強いということなのですので、黒い日焼けというよりも赤黒くなるのもうなづけます。


しかし、スキーに行った覚えもなく、サーフィンをした覚えももちろんない。
なのに「あれ?顔、黒い?くすんでる?」という印象を与えてしまうことがあります。
冬だってUV下地にファンデーション、美白化粧品も使っています(´ー`*)
そ、そんなくすむはずなんてないわーーーーー ヾ(。`Д´。)ノ

という方はもしかして・・・・

「瘀血」かもしれませんね。

瘀血とは
1.経脈からはずれて停留したりもの
2.血行不調により経脈や臓腑器官に蓄積したもの

要するに、血管をスムーズに流れなくなった血で有効エネルギーではなくなった血ということです。


なぜ(´_`。)?そんなことに・・・・

血がスムーズに循行されるなくなる理由としては

【冷】:季節性、冷たいものの摂取、エアコンなど
冷えはぐぅーっと絞る性質があるので血管が凝縮して血が流れにくくなる
【熱】季節性、熱性の食物などの過剰摂取、ストレスなどによる熱の発生などなど
潤い成分でもある血、熱によって煮詰められると、粘っこくなり凝滞しやすい
【気の不足】:慢性疾患、過労、食物からの摂取不足
血を押し出すのも気の働き、気が不足することで血の循行がとろくなる
【気の鬱滞】:ストレスなど
血と気はともに流れるので、気が鬱滞することで血も鬱滞する
【血の不足】:怪我、月経時の過度の出血、飲食による摂取不足、過労、ストレスなどなど
血管を流れる血自身が不足することで流れが緩慢になる
【外傷】
怪我などにより血管を傷つけることにより、血が漏れ出る

などなど、瘀血の原因は様々

「顔面は内臓、五臓の鏡」と言われ、顔色も診断の1つです。


「あれ?顔黒い?」と1週間前と違うくすみ顔(黒い)でご来院された方の例では気血の不足と気の鬱滞が見られました。
原因がひとつに限らないのは、気が不足すると血も不足し、気血が不足していると流れも悪くなるし外からの刺激に抵抗しにくくなり鬱滞しやすいという悪の連携プレーを生み出すから!( `皿´)o/)≡≡≡≡

こんな時は根っこの部分から改善する“美容鍼灸”がおススメ。

んが・・・・鍼とか行きたくない
顔に鍼刺すなんて怖すぎる

という方が大半でしょう(*ov.v)oジツニザンネンダ

おうちで出来るセルフマッサージ

   胃経顔面ツボ

1)迎香2)睛明3)承泣4)四白5)巨髎6)地倉7)承漿8)大迎9)頬車10)下関11)客主人12)頭維
*7)以外は左右対称に位置します。
中指の先、指腹で優しくツボを押してあげます。この時、指先から奥へ点が伝わるようにイメージすることがポイント。
あくまでもイメージです^^;
鍼を使うこととマッサージの違いは表皮を越えるか否かです。ですからツボ押しの時、表皮の向こう(内面)に届くようなイメージをしてみましょう。

PLUS!足のツボ「三陰交」をマッサージ
冷えているようならば、温灸もいいですね。

   三陰交


くすみバイバイ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する