スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらげ

まだまだ暑湿厳しいですが、空を見上げると秋の気配。
なんだかんだと騒いでいても、季節は過ぎていくものだ。




   くらげ


お盆頃になると海水浴や夏デビューサーファーの客足が減るといわれています。
お盆との関連ですと、足を引っ張られるとかなんとか・・・・?
いやいやちょっと怖い。(稲川淳二さんを思い出すのは私世代でしょうか?)
そういったことは気にしたことはないけれど、この頃から海ではくらげ発生するようになるので要注意。

先週、材木座の海に入った朝、刺された。
颱風11号後の風波でビュンビュンしていたので、波に集中していたら、
「い!痛いじゃないか、痛い!痛い!」
喰いつかれたという痛さ。
前に喰われた時は、チクチクという感じだったが、今回は小さなお口でガブリというイメージ。
見るとポツンと紫色になっている。
ふぎゃーと思いつつ、また波に集中。


しばらくすると、先ほどは左足だったのが今度は右足首の辺りにガブリ
「痛い痛い痛い痛い」とボードにまたがりバタバタしていたましたが、なんせ波がジャブジャブしているので、
波に遊ばれているようにしか見えないらしく、周りでは「なにやってんの?」という雰囲気。
しかも、私以外暴れている人がいないので、誰も喰われていない模様。。。。

なんでやーーーーー

朝、足に塗り塗りしたJuliqueのクリームの匂いがくらげを呼んだのか?

単に私の足がかぶりつき易かったのか?

それはくらげに聞いてみなければわからない。
上がった時には鞭で打たれたように紅くミミズバレっぽくなってた。

あー怖い怖い。
やはりお盆辺りからの海への入水は要注意!

くらげにはお酢がいいと聞くけれど、持ち合わせていたのがエタノール。
以前薬剤師の方に「エタノールいいよ」と聞いていたのと、何かちょいと怪我した時様に海セットに常備しているので取りあえず、これをシュッシュッ

ぎゃーーーーーーー
と声を上げたいほどにしみた

が、その後痛みも痒みもなかったのでどうやら効果はあるらしい。




しかしねー
このまま毎週くらげを恐れているわけにもいかず、
SAFE SEA(セーフシー) サンプロテクト日焼け止め&くらげ除けローション ADVANCE UVA/UVB SPF50チューブSAFE SEA(セーフシー) サンプロテクト日焼け止め&くらげ除けローション ADVANCE UVA/UVB SPF50チューブ
()
SAFE SEA(セーフシー)

商品詳細を見る


ぽちっと購入

とりあえず、今日は鵠沼でINしたので、喰われずに済んだが、確か以前は秋頃に喰われた記憶があるので、当分は塗り塗りしておこう。

これから海へ行こう!という方、とりあえず、塗り塗りしておくこと、お薦めです。



くらげと言っても色々いて、毒性の強いのに刺されて、ひどいことになっている方の話も聞くが、その姿だけを見ていると生物の元祖のような神秘的な生物に感じる。


ベニクラゲは体長1センチにも満たない生物らしが、不老不死と言われていて老衰で死ぬ直前丸いさなぎのように固まって動かなくなり、その間、細胞はぐんぐんと若返るらしい。
そして48時間後、生まれたばかりの幼生の姿に戻って復活し、再び成長を始め、老いと若返りを半永久的に繰り返すという。
といってもすべてのベニクラゲが不老不死というわけではなく、現在確認されているのは種子島やイタリア南部のサレント半島など一部の海域に生息するものだけということ。
うーーー古代から若返りの媚薬を求め、不老不死の媚薬を求めてきた歴史を持つ人間。
切ったり、ひっぱったり、注入したりして姿形を保持することにはだいぶ技術も進んできたけれど、未だ折り返して若返るということは実現できていない。

今後、ベニクラゲの生体が解明されたら、人間にも活用される日がくるのかもしれない。
そろそろ、シワも増えて、頭も鈍くなってきて
Dr.から「ベニクラゲエキスを処方しておきます」

なんて言われたら・・・・・・

私はベニクラゲの恩恵には授かりたくないな。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。