湿入りの風

8月6日 広島平和記念日

戦後から70年近くが過ぎています。
が、まだ70年しか経っていないとも思えます。
戦争のことを知っている方がいます。
原爆の恐ろしさを知っている方がいます。
今のうちに伝え教わることで、未来が変わるのだと思います。
戦争という大きな出来事だけでなく、人を傷つけるとはどういうことかもきちんと感じなければいけないのだと思います。




今週末にかけて颱風11号ハーロンの影響が心配ですね。
昨日の湘南も風が強く、海は風波でジャボジャボでした。
こういう波は沖に出るのに非常に体力を消耗するので、ヘロヘロです。
まじめに筋トレでも考えないと・・・・ついていけない感じです。

今日も突風吹き荒れる横浜元町界隈でした。
しかも湿気を多く含んでいるので、人によってはひじょうーに気分が悪かったようです。

この“人によっては”というのは、やはり素体にもよるということです。
何度も何度も出てくる衛気、これが弱っている人は気候による刺激(風・暑・湿・燥・寒・火)などの影響も受けやすいので、周りの人が暑いけれど、風があるからまぁーまぁー大丈夫、と感じても、風やら湿やらの刺激が外邪となって身体的にも精神的にも影響します。

また、湿の場合は五臓の脾に影響を受けやすく、内湿を生み易くなったり、外湿の影響も受けやすくなったりします。
内湿があると、外湿も引き寄せやすくなります。(引き寄せの法則?)

で、ここでまたまた汗の話です。(また汗かい?!)

最近よくよく観察していると、大汗と思っていたものが、実はこの湿を大いに受けているという方々がいらっしゃいます。
熱を冷ます為に出る汗ではなくて、外の湿気をスポンジのように吸い込んでいる。というものです。
湿はご存知のようにジトジト、ベタベタ、ひつこいヤツなので、たっぷり吸いこんでいつまでもジトジト、ベタベタします。
拭いてもべたーっと肌に張り付いている感じです。
そして、人によっては・・・・スポンジのように吸い込んで・・・・あれ?膨らんだ?という風に見えることが・・・
ありました。

こうなると、治療ではまず湿を取り除いていかないと、湿が邪魔して、身体の巡りが悪くなりますし、必要なものを補いたくても補ったものがつまってしまいます。なんだか苦しそうですよね。

・外湿をとりのぞく→湿をとりのぞく食物の摂取(瓜科、もやし、かんぴょう、くず、あずきなど)
・内湿をつくらないようにする→消化器を元気にする(冷たいもの、生ものの摂取を極力避ける、思い悩まない、疲労を溜めない)
・その日に受けた外湿はその日のうちに排除する→シャワーでなく入浴して汗をかく、汗をかいたらすぐに冷房で冷やさない
・湿を留めておかない→軽い運動をする。時間帯を選んで軽くウォーキングなどして気血の巡りをよくする

うぅーこの暑いのに、そんな面倒なことやってられない~
という声もあるでしょうが・・・・外湿をうけにくい素体、内湿を生まない素体であれば、面倒~( `一一)なんて思わないと思いますよ。
湿にやられて、五臓の脾が弱るとなんでも重だるく面倒臭くなっちゃうんですよね。

が、立ち上がれない、歩くのもしんどい、動けないという方は、入浴&運動はNGです。
まずは食事で湿を取り去り、動けるようになってから入浴と運動はしていきましょう。

自分の身体ですからね。
大事にお世話してあげてください。


   ズッキーニ
今夜もズッキーニを美味しく頂きました。

ズッキーニその他8種類ほどの野菜をサイコロ切にしてスープにしたら、まぁーーー綺麗な色合い
食欲には見た目も大事ね。
スープといっても、汁はこの時期少な目です。野菜ゴロゴロスープ風という感じです。


そろそろ汗やら湿やらの話も終わりを迎えたいですね~



湿に嫌われて! 健康♪健幸ライフ♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する