雛祭り

~陰陽リズム de 美肌イズムの連載中~
ですが、雛祭りが近いので雛人形に見る陰陽をちょこっと。

3月3日は雛祭り。
女の子のいる家庭ではすでに飾っていらっしゃるでしょうね。
わ・わたしはもぅーーー飾りませんです(^_^.)箱入り娘です(笑)

雛人形の並べ方、小さいころは箱に母が手書きしたものを見ながら並べたものです。
人形遊びよりウルトラマンvsバルタン星人でバトルさせている方が好きだった私ですが、雛人形は小さな飾りを壊さないように気を使いながら並べたような記憶があります。

今関東で見る雛人形は

向って左に男雛 向って右に女雛です。
結婚式の新郎新婦の並びもそうですよね。(確か・・・・( 一一))

↑これってもともとは逆
向って左に女雛、向かって右に男雛。

ご本人たちからみたら左側に男雛・右側に女雛

陰陽分類で、
左は陽で右は陰 これは南を向いた時に太陽が東(左)から上ってくるから。
男は陽で女は陰

雛祭り、もともと中国から伝来した五節句のひとつだったとのことで、並べ方も陰陽の考え方が伝わったのでしょうね。


昭和天皇即位の際、国際儀礼にしたがって右側:天皇 左側:皇后と並ばれ、
その後雛人形も右:男雛 左:女雛

となったそうです。

今でも伝統を重んじる京都や京都文化を受けついている地では左:男雛 右:女雛
とするそうです。

京都国立博物館に貯蔵されている雛人形の写真をみるとどれも左:男雛 右:女雛となっています。


日本の伝統行事、どちらの配置で飾るのがいいですかね。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する