お灸ニスト

昨日はお灸についてちょっと触れてみました。⇒夏の灸養生

本日も暑い中ご来院くださった方々、ありがとうございました。
このムシムシと暑い中感謝でございます。

昨日のブログつながり?ではないのですが、一年ほどのお付き合いのある方、とある症状でお灸養生をおススメしていました。
最近はしていないのかなぁ~とあまり話題にしていなかったのですが、先日腰から足にかけてしびれが出て「お灸してみよう」と思いやってみたところ「((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!! 治った」そうです。正直、こんなんで治らないだろうけど・・・と半信半疑でやってみたらしいのですが、治ってびっくり!
それも、ずずーーっと気になる箇所を探っていって治療点をみつけたというから素晴らしいではないですか!
1年も鍼灸を受けていると、なんとなくカラダの反応に敏感になるのでしょうね。

嬉しいなぁーこういうご報告♪


あなたは立派な お灸ニストです!


今日もお灸をご購入頂きました。


初期症状のうちに手当てをすることで、やれ整形だ=3 レントゲンだ=3 飲み薬だ=3とならずに済むのですよ。
(薬とは考えて付き合わないとあかんなぁーと思いますよ)


年齢と共にどうしたってカラダは衰えてきます。
でも急に40歳が100歳になるわけではないのですから、コツコツと自分のカラダと向き合っていくことが大事ではないかと思います。


お灸ニストは医療費削減に貢献するから、控除とか受けられるといいのになぁ~
私なんぞ今のところほぼ病院の御世話にならずにいるのに、健康保険は値上がりするばかり。。。
保険使いませんでした年はお祝い金とかでないものかねーε=( ̄。 ̄;)フゥ


広がれ!お灸ニスト  健康・健美 de 健幸ライフ♪


   お灸ニスト

スポンサーサイト

夏の灸養生

おほほほほー暑くて笑っちゃいますね。
とはいえ、笑いすぎると五臓・心から神が離れてしまってはいけないので暑さ対策して乗り切りましょう。

先日ラジオ番組内でなんとお灸コーナーが流れてきました。
ほぉほーお灸も日常の一部になっているのね、嬉しい限り。
我が母、80歳近いけれどお薬の世話にならずに元気でいるのもお灸のお陰でしょう。


お灸も他人様に行うには国家資格、灸師免許が必要です。
(鍼灸セットみたいですけれど免許は別々、鍼師だけでは基本お灸は出来ませんのよ)
それだけ人体に反応・効果があるってことだと思います。
今では台座のついたセルフケアも出来るものがあるのでカーチャでも自宅灸が必要だなd( ̄  ̄)と思われる方にはオススメしています。

そもそも寒い地方で生まれたお灸、冷えに効果があります。
冷えて血行悪い、陽気不足で温める力がないなど。。。
今の時期、冷房のきいた部屋で一日を過ごしていると冷えによって血液循環が悪くなっていたり、汗が残って冷えたり、冷たいものの食べ過ぎ飲み過ぎで冷えたりという方々にはお灸がおススメです。


お腹を触るとひんやりしている
腰がひんやりする
軟便が続いている
小水が透明で頻尿
お腹でボチャポチャ水の音がする
足下が冷えている
食欲がない
など。。。

さてどこにお灸しましょう( ̄_ ̄ )。o0○
外は暑邪or熱邪が漂っていますのであまりたくさんのツボは使いたくありません。
&手の届くところ

ということで

   ツボ関元

お腹からじんわり温まってくると思います。
手元にお灸ない(>_<)という方は濡らしたホットタオルをビニールに入れて電子レンジでチンしてホットタオルを作って当ててもいいですよ。



お灸が向かない方
暑くてイライラする
頭部や首に大汗をかく
喉がカラカラだ
冷たいもので体の中を冷やしたい
お小水が少なく色が濃い
汗が出ない
赤い発疹やニキビ様のデキモノが出来る

お灸が向かない人はカラダの中が熱に傾いていますので、温熱刺激のお灸をするとますます熱が盛んになってしまいますので、健康にいいと聞いたから!と言ってもこの暑さの中ではお控えください。

まだしばらく暑さ続きますね。
ばてないようにしっかり食べてしっかり寝るzzz

いくつになっても好きなことを一生懸命やることは未知との遭遇

サーフィンを始めて、腕がたくましくなりました(単に太いだけかもしれないけど^^;)
波に乗るにはパドルパドル!とパドル筋だぁー!ワッショイ
と思っていましたが、この人みたいなスタイルいいなぁーという人を観察しているとどうやら違うようです。
ナイススタイルな人は波の割れ目、乗るポイントを見極める“目”を持っていて、まだ遠くに見える波を読んで波を待ち、スゥーっとしなやかなスタイルで乗っていきます。
その際行われるパドルはオッコイショくらいなものです。
なんかなぁーという人はロボコンのようにグルグル手を回しうぉーーーーと周囲へは威嚇モードで突進=3自分のラインじゃーとばかりに乗っていきます。



私が目指すのは波を読む目、しなやかなパドル筋でしなやかなサーフスタイル
そしてそこに必要なもう一つ大切なモノは・・・・
体と思考の軸です。

思考がぶれると体もぶれるとということはサーフィンして気づきました。
ふむ。

で身体的軸ですが、自分の体を観察してみると中心がずれている。
O脚ってやつです。
年齢と共に?内転筋が弱くなり、ますます外へ外へ広がりそうです。
内転勤プニョプニョ( ̄▽ ̄)

ということでただ今軸の改良中!!

普段の歩き方を意識する
鍼灸師なので鍼灸グッズを利用

ふふふふふ

私の足のO脚が少々矯正されたところで、誰の徳にもなりゃしない…
いいの
自己満足だから

*****************************

なにか好きなこと、スポーツでも音楽でも手芸でも書道でも
なんでもいいけれど、好きことだから一生懸命やって自分を見つめる、そこから発見する自分ってものがあるように思う。

日常とは違う、毎日当たり前のようにすることとは違う何か。

年をとっても好きなこと、夢中になれることは少々壁にぶつかっても続けるべきですわね。

未知との遭遇だ!

そうしたら日々成長する自分に出会える。

そう思う。

イエーイ(o ̄∀ ̄)ノ”











電車の中で

この時期の挨拶は「暑いですねー」
確かに暑い。
夏ですから。
あぢーと湧き出る汗を感じるのも悪くない。
が、命の危険もありますから冷房機器とも上手に付き合っていく必要はありますわね。

通勤電車人生を放棄してからかれこれ10年近くなるのかしら?
今ではたまーに電車に乗るとリズムを読めない子になっているのでは?とキョロキョロしちゃいます。

私が通勤電車人生を送っていた頃、まだスマホなんてモノはなかった。
つい10年前よ
今は電車の中は、人の数だけスマホあり。
片手にはスマホ。
新聞のページをもぞもぞめくる際に隣人に睨まれる心配もないし、ハードカバーの本を持ちながら立ち寝してしまい前に座っている人の頭に落とす心配もないし、網棚に捨て置かれた漫画雑誌を回収する必要もない。
あの小さな物体は電車の平和を担っているのねー

と、電車社会を観察。

その他電車の中では望診もできます。
※望診…顔色や体型、動作、体表に現れる状態を視覚的に観察すること。

   望診dans電車


誰しも弱いところはあります。。。d( ̄  ̄)
そこに気づいて、付き合っていけばそうそうグレたりはしません。
自分のカラダを知ることが大事。

生長を支える 五臓・腎

学生さんたちは夏休み~突入~\(o・Q・o)/だそうで
いいですね、夏休み。
私も今年は夏休み取ろうかなぁ~。。。。と思っているうちにきっとふつーにひと月が終わり9月になるのでしょうけれどね。



さてと、五臓を考えよう!最終章 第五弾は五臓・腎です。

腎で大事なことは精を蔵すること。
「精」ってなんじゃ?ってことです。私も実際に目にしたことはないのですが。。。。
それは両親から受け継いだ生命活動の原動力。生長、発育、生殖と深く関わります。
父親と母親の精子と卵子により受精した時点で腎精が受け継がれます。
両親からの最初のギフト

種子、そんなイメージでしょうか?
丈夫な種子ならば、にょこにょこすくすく芽を伸ばし、ちょっとやそっとの雨風にも耐え、立派な花を咲かせ実を実らせることでしょう。
生長過程にはもちろん水も必要だし、栄養も必要。枯渇した土壌では育ちません。
ニンゲンさんではそれが生まれてから口から取り入れる食事です。

未熟だった腎精は生長とともに成熟し、次の生命の種を生みだすまでになります。
その頃女子では排卵、月経が行える状態となり男子では精子の生成が出来るようになります。


実を実らせた種はいずれ枯れてくるように、腎精も年齢と共に減少してきます。
それが老化です。
腎の弱まりは老化とみられる症状、足腰のだるさ、骨が弱り腰が曲がったり、背が縮んだり、健忘、耳鳴り、脱毛、白髪など。
年齢相応の状態であれば、正常の過程ですが年齢にそぐわぬ状態ですと、腎の弱まりを考えます。


   腎精


もうひとつ腎の大切な働きは体内の水分代謝に関わること。
腎は、現代医学の腎臓同様水分の濾過をして必要なものを再吸収し、不要なものを尿に作り変える働きがあります。
99%が再吸収でわずか1%が尿になるほど、カラダにとって水分は重要な成分。
それを仕切っているのが腎ですが、腎が弱まってしまい排泄がうまくいかなくなれば
排尿に勢いがなかったり、尿が出なかったり、出ない分むくみ(主に下半身)が出現したりします。
また水を再吸収することが出来なければ頻尿、多尿、夜間尿、肌の乾燥、やたらと喉が渇いて水分をガブガブ飲みたがるなどが見られます。

   腎水

ダイエットの為に利尿剤を服用していると聞いたことがありますが・・・・・・・( ̄. ̄;)
再利用する分までムリムリ排出させてしまい、カラダに必要なものが足りなくなりますし、腎への負担が増えてしだいに腎が弱まってしまうと排泄機能が低下してかえってむくむ。という悪循環になります。
なぜに安易に薬が入手出来るのか?わかりませんが。。。

腎は年齢と共に衰えていくもの、衰えるものだからこそ食事で補い、補腎してアンチエイジング!
出来るだけ自分の足で立って歩いてトイレに行ける状態でいたいです。
知人は自分で歩いて棺桶に入りたいと言っておりましたd(゚-^*) スバラシイ~
気持ちは大事☆

補腎する食物にうなぎなんてのもあります。
「土用の丑の日にうなぎを食べよう」
最近ではコンビニでもうなぎパンなんて売られていますが、もともとは平賀源内が鰻屋に頼まれて夏に売れ行きの落ちるうなぎを売る宣伝文句に考え出しだものと言われていますね。
『丑の日に「う」のつく食べ物を食べよう』
土用は
立春(2/3or4or5)の前約18日間:1/17~2/3頃
立夏(5/4or5or6)の前約18日間:4/17~5/4頃
立秋(8/6or7or8)の前約18日間:7/20~8/6頃
立冬(11/6or7or8)の前約18日間:10/20~11/6頃
とありますが、売りたかった時期が夏場だったので立秋の前18日間の「う」のつく丑の日になったという話。
これで夏場も鰻屋は繁盛したらしいですから、ニンゲンさんも単純やな~
相談したのが鰻屋さんでなかったらまた違っていたのでしょうね(^p^.)

土用の子の日だったら・・・・ネギ?
土用の寅の日だったら・・・・豆腐?
土用の卯の日だったら・・・・やっぱりうなぎ?
なんで卯の日にしなかったのだろう~?

丑の日なら牛でもよかっただろうに・・・まだ日本人食べていなかったのかな?
江戸時代には牛肉料理の店もあったようですが、滋養強壮の為の薬として扱われ牛肉を扱う店も薬屋としての扱いだったとか・・・
庶民はやはりうなぎで暑い夏を乗り切ったのでしょうね。(余談)

単純に鰻好きな人は多いのね~と思うわせるこの時期
(患者さんからも「うなぎ食べてきた~」と聞きますし)
今年は7/24と8/5だそうです。

うなぎ効用
補気 補血 補腎 養肝 活血 去風湿 強筋骨
とありますから、消耗の季節の夏にはぴったりですね。
でも・・・旬は冬なのか。。。

まぁよいよい。
梅雨明けもしたことですし、夏バテしないようにたーんと食べていきましょう。






五臓を簡単にずらーっとシリーズでお送りしましたが、現代医学と捉え方が“ちと”違うのね~と思って頂ければいいかな?と思って書いてみました。
ちょっととっつきにくいかな中医理論( -.-) =з。

指揮官、大蔵省? 五臓・肝

3連休を前に台風11号&12号が気になります。
四国では避難勧告も出ているようで大きな被害が出ないことを祈ります。



さて五臓を考えよう!第四弾はお馴染み「肝」の登場。
ストレスとも関わりの深い肝はこのブログでも常連さんなので^^;もういいよー

かもしれませんなぁー(-_-)ウーム



五臓の肝の働きは、臓腑組織の働きをのびのび、スムーズにする、これを疏泄と呼んでいます。
人が増えれば増えるほど、物事はややっこしく、事物がスムーズに運ばなくなります。
そこに全体を見回せて、その場に応じた対応を命じる人がいれば物事はスムーズに進みます。
カラダの内でそれを担当するのが「肝」
カラダは生理機能が“流れる”ことで機能が発揮されます、血が流れなくなったら・・・・終わり。。。という風に気も津液も臓腑の働きもストップしてしまっては・・・終わり。。。
肝はこの流れをスムーズに運んでくれている指揮官なのです。
現代医学の肝臓も物言わぬ臓器などと言われ、中医学では罷極の本と言われます。
罷は疲の意味で人体の疲労に耐えうるということで筋(筋肉)と関連する肝が肉体的な疲労に耐えることとありますが、ストレスとも関連する肝、肉体だけではなく苦しい時もぐっとこらえることも含まれると思われます。

ということで、肝はカラダの流れをスムーズに運ばせているということで、自身もスムーズに事が運ぶことを好むらしいです。
そこへストレスや多々邪気と言われるものに邪魔されると、くぅーーーとなり肝自身も影響が生じます。
スムーズでないので詰まった・張った症状というのは肝との関連を考えます。
また肝はもともと上に昇る性質があるため、疏泄がうまくいかなくなると昇り過ぎてしまうという特徴があります。
上に昇るので上部に症状が出やすいのと、情緒面ではキィー!カァーと怒りっぽくなります。

   肝疏泄



もうひとつ肝の大切な働きは、蔵血、血の貯蔵と血流量の調整です。
血銀行みたいなものですね。全身を栄養する血、貯蔵されている血により必要に応じて必要な場所に送られることにより生理機能が行われます。
ほれほれどんどんと血を放出してしまっては、必要な時に足りない||||(・・、)では困ります。
活動時には血を供給し、休んでいる時はちょびっとでいいわけです。
で、この血の貯蔵の不足は血不足である貧血と呼ばれるめまいや冷えなどの症状の他、肝自身の働きにも影響し疏泄がうまくいかなくなる原因でもあります。
(血不足についてはけつのはなし に書きましたよん)

   肝蔵血

お金もないのにとんでもない計画を打ち出す、2020年の東京オリンピック( ̄。 ̄)ノ大丈夫なのでしょうかね。
ただ今どんずまり?!
日本の疏泄が失われて、あっちもこっちもどんずまりになられては・・・困ります「(ーヘー;)

イライラするぅー
なんだか・・・怒りっぽい
張って痛む
なにかが詰まったような感覚
貧血なんです

という方は・・・肝の状態が健康ではないようです。

①血不足で肝の疏泄がうまくいかない。
②なんらかの邪魔者によって疏泄がうまくいかなくて血の生成を妨げる

どっちもありですね。
①ですと血の消耗>血の生成
血の消耗は出血はもちろんですが、そうそう出血しっぱなしということはなく(内臓疾患による出血などもありますが)、肉体労働、目の使い過ぎ、精神疲労などによるものが多いでしょう。

②のなんらかの邪魔者 --)/===卍卍卍(>_<)は環境や人間関係ストレスだったり、湿気かもしれませんし、食べ過ぎ飲みすぎによる食滞かもしれません。

じっと耐えて頑張ってきた肝も、もう無理∑(´□`;) とならないように・・・
気が詰まった状態を和らげるものには

エシャロット、玉葱、ピーマン
グレープフルーツ、シークワーサー、オレンジ、すだち、柚子
ワイン
などなど気の流れを助けてくれます。

その他邪魔しているものが何か?を探っていく必要があります。

ストレスが原因!という病はたくさんありますが、肝の関連した病。
お薬よりも鍼灸やマッサージなどの方が効き目あるのではないかと思います。




ブログを書いているうちに、ここ横浜も雨風の勢いが増しているようです。。゙(ノ><)ノ


颱風うねに参戦なのだ

先週半ばから颱風うねりで海は大賑わい・・・のご様子
あちらこちらから「楽しかったーO(≧▽≦)O ワーイ♪」の声
そりゃそりゃよかった(*^0゚)v
私もちょびっと味わわせて頂きたいのぉー

と、本日11号ナンカーのうねりを風をかわすポイントにて頂いてきました\(^^\)(/^^)/チャチャチャ
ごっさんです♪(* ̄ー ̄)v

平日だというのに人が多い。。。
みなさん、颱風うねりを待ちに待っているのでしょうが先週から続いていますからね~
1週間バリバリサーフ週間でしょうかね。
パドル~0=(゚〇゚)=0~の先に人の壁
こういうところをバリバリ抜いてシャキットしたスタイリッシュなサーフィン。。。
出来るようになるといいなぁ~
風波だと軸の弱さをツクヅク感じるのであった( ̄-  ̄ )


まったく海と関係ありませんが、土ものが苦手な私がw( ̄o ̄)w・・・
鉢物を預かることとなり
仕事場のベランダは決して植物が生活するのに適しているとは言えず、預かった当初すべての葉っぱが黄色くなり、なんてこったーーーー
それでも毎日どうやどうやとお水を上げ続けていたら・・・・・
つぼみがついて、花がヾ(〃^∇^)ノ咲いたーーー

   くちなし4
最初はつぼみがぽんぽんになっているのにちーっとも咲かなくて( ̄ー ̄?)
ちょっと肥料を上げたら、ポーンと咲いた。よっぽど飢えていたのね。。。

   くちなし1
朝このくらいの開き具合でも

   くちなし2
午後にはこんなになっている

   くちなし3
どんどん咲くよ♪くちなしの花

小さなベランダがうっとりする香に包まれて幸せな気分

たっぷり太陽浴びて、まだまだ咲いてくれるかしらん♪
私も太陽浴びすぎて、変色しているのでこれからクールダウン( ̄Λ ̄)ゞ
人間は太陽浴びすぎると枯れるね。。。ciao

吸って吐いて散布して 五臓・肺

夏日だ夏日!暑いですわ~いい感じに汗o(^^;o)sweat
先週、颱風9号からのウネリはだいぶフェードダウンして次なる11号のうねり・・・明日は湘南クローズでしょうか。。。
週末にかけて天気も荒れるみたいですし、梅雨だか夏だか???

天候変動に負けないように、軸をしっかりとしておかないとですわねp(゚- ゚ )q




急に暑くなって汗をかくようになると、「肺」が気になるんですよね~
ということで五臓を知ろう!第三弾は「肺」

   肺


肺の働きといえば呼吸すること。現代医学と同様ですね。
吐いて吸って 濁気を出して清気を入れる

生命活動に必要なエネルギーは食物から得られるんだよ(*^_^*)と書いてきましたが、もうひとつ呼吸により得られる大気の清気も必要です。
ですから肺の働きである呼吸はエネルギー補給にはとっても重要な働きなのです。
瞑想やヨガなどで呼吸が重要視されるのが理解できますよね。

   呼吸
ガス交換をしていらなくなった濁気を外へ出して、大気中の清気を内へ入れる
気の内外運動です。

肺が弱まり、内外運動が出来ないと呼吸が浅くなり息切れがしたり、呼吸困難になってしまいます。

また肺は必要なものをを全身に散布したり、下へ降ろしたりという気の上下運動にも関与しています。
散布することで、体表の氣(衞気)を栄養し外界から体を守ったり、潤したり出来ますし、汗孔も気温に応じて開閉することが出来ます。
肺の散布はシャワーのようにまき散らすというイメージ、肺は清らかなものを好むという性質があり、シャワーの穴が詰まっていては散布できません。
散布出来なければ、体表が弱まり汗がダダ漏れしてしまうこともあります。汗と共に気も出てしまう為疲労感、倦怠感が現れます。
また汚いもので詰まっていれば汗が出ずらくベタベタジトジト不快ですし、水があふれて浮腫むということになることもあります。
シャワーヘッドが詰まっていると水が散布されず、どこかで溢れてしまいます。

   肺気虚

肺の五季は秋とありますが、急な気温変化で体調を崩しやすい、汗をかく時期にスッキリした発汗が出来ないなど今の時期に肺の弱さがうかがえることもあります。

特に暑くなった今日この頃
生もの、冷たいものを飲み喰いばかりしていると、脾が弱まりドロドロベタベタした水を作ってしまうとは常々いっておりますので、中医学をかじった人はきっと気を付けていることでしょう。
↑シャワーヘッドが詰まる原因ですね。

汗べっとり、ずどーんと重いと感じているようでしたら、入浴時は“シャワーだけ”などということがないように!
入浴前に白湯一杯飲んで、熱すぎない湯船にほどほど使って汗を出しましょう。
お風呂上りは暑い!!(=^‥^=)!!といきなりエアコンで冷やさず、湿ったタオルで拭き拭きしながらクールダウン。
汗を乾かすくらいの気持ちで扇風機・・・あまり強風で仰ぐと体表の気(衛気)も吹き飛ばされて肺が弱まるばかり・・・ですのでご注意ください。

エアコンという文明の利器の中で過ごす私達は常に一定の快適空間で過ごそうとしてしまいます。
するとカラダの調節機能はどんどん弱まっていき、気候変化についていけなくなっているように思います。
季節の変わり目、気温変化に弱いという方は“乾布摩擦”で日頃から体表の気(衛気)を丈夫にしてあげましょう。
なにも裸でなくてもいいのですよ~服の上からでも手先足先から心臓に向けて優しくさすってあげましょう。
衛気が丈夫になると季節的なものだけではなく、外界に漂う邪気にも強くなれるのでストレスが軽減されます。

衛気を丈夫にする食品にはネバネバ系や発酵食品がありますが・・・・
今の時期はジトジトべとべと湿気もあり、邪気が出ずらくなるので控えましょう。


今の時期渇きを潤し、べとっとした水を改善して、水を出す作用のあるウリ科でしょうかね。
夏はやっぱりウリ科ですかねーーー瓜瓜瓜


綺麗な肺でお過ごしください~

その2 情熱的な五臓・心

梅雨晴れ~。o.゚。・*(pq´▽`*)*。゚.o。
晴天 波アリ 週末サーファーさん達は心躍らせていることだろうなぁ~

カラダは天候の影響を受けますが、やはりすっきり晴れ渡ると気分、体調いい!
と感じる私は湿に弱いってことか。。。



梅雨明けはまだだけれど、Summer♪夏気分
とくれば五臓の心(シン)

   五臓 心


なんで?

中医学は分類大好き哲学
ということで分類表→五行色体表を見てみましょうヽ(^。^)ノ

   五行色体表

「心」は五季・盛夏、夏と関連します。
なので夏気分の日は心のことを思ってあげたくなるのです(*^_^*)

中医学では心・シンと呼びますが、現代医学における心臓同様の循環器としての働きがあります。
心の状態が健康であれば、ポンプは力強く血液を全身へと送り出し、血行もよく体も温まります。
心のポンプ機能が弱まれば、全身に血液を送れず( ; ; )
年齢を重ねると血圧が高まりますが、血圧を上げて血液を送っているとも考えられます。
高齢→降圧剤の処方をされている方も多いですが、数値だけ見て処方するっていうの考えた方がいいのではないかと・・・

中医学では循環器系の働き以外に、心の重要な役割があります。
それは精神・意識・思慮活動の統括であること。

私達は色々な情報を見聞きし、取り入れ、瞬時に処理整理し、意志が働き行動に反映します。
聞いて、見て、会話する、感情を表現する、手足を動かすなどなど外部に現れるカラダの状況
これらを統括しているのが心です。
ですから、心が健康な状態であればその場に応じた行動が出来、感情が生じ、精神状態も安定しているといえます。
場に応じた対応が出来ない、キレ易いとか、場にそぐわぬ感情表現とかまったくわれ関せずの無反応というのも健康な状態とはいえません。

心は五行では火、五気では暑(熱) 五方では南、五色では赤、五志では喜びと情熱的な陽気の代表です。

  温熱

活発で赤く熱することでその働きがなされていますが、情熱的な恋愛ほど悲哀な結末に終わるように、熱し過ぎた為に心を傷つけることもあります。

  炎上




そこで汗(五液)を出したり、苦味を取って熱を冷ますことで心が燃えすぎることのないようにしています。

これから夏本番!
心の気が活発になりウキウキ・ワクワクアバンチュールな夏です。
しかし燃えすぎて熱中症でバタンキューなんてことのないように^^;


汗をかくので潤い補充、苦味で熱を冷まし、熱を生む食品の取りすぎは避けましょう。

潤い補充して熱を冷ますものに冬瓜やゆうがお、白瓜、ズッキーニ、キュウリなど
夏らしい野菜が並びます。
日本の夏は湿気も含むのでウリ科の食物は助けになります。
夏と言えばゴーヤ、ゴーヤは熱を冷ましてくれるもってこいの野菜ですね。
中綿をしっかり取ると特有の苦みが取れて食べやすくなる、とのことですが、あの中綿に熱を冷ます成分があるのでは???とも思うのですよね~

   清熱-ゴーヤ

この時期スタミナつけようぜ!とニンニクや唐辛子など辛いものは汗をかいて潤いが出過ぎてスタミナUPどころかヘロヘロになったり、食べ過ぎると熱分過多になり、赤い腫物やデキモノになることもあるのでご注意くださいね。














その1 カラダエネルギー生成工場は五臓・脾

五臓を知ろう!第一回目は「脾」

私達のカラダは気・血・水に養われています。
気・血・水の元となるのが、口から咀嚼して頂く食物です。
そしてその食物を気・血・水に作り変えるのが脾の役割。
気・血・水の充実の第一歩は脾!

   五臓-脾


脾は五行の土に属していますが、母なる大地とも言われます。
土壌が荒れたり、枯渇していては食物が育たないように、カラダも養われないのです。

脾がまぁまぁ元気ならば、カラダの不調も立て直し易く、病も治りやすく、老化も加速しないと言えると思います。

まずは元気に食べれるか?食べられないか?
ここが健康・健美・健幸へのわかれ道

   飲食

□朝食は食べられない、またはドリンクのみ
□食べるとすぐ満腹感
□ちょっと食べ過ぎるとすぐ下痢するまたは日頃から軟便傾向
□食べると眠くなる、だるくなる

あれ?思い当たる(-q-〆)というあなた・・・ちょっと脾が弱っているかも




食べられる、盛り盛り食べている
と言っても、脾にとって“それは負担になるから良質なエネルギーは作れないよ~”
というものがあります。

それが冷たいものや生ものの摂りすぎ&甘い物の摂りすぎ

脾は食物を作り変える作業に熱エネルギーを使います。
そこへ冷たいもので冷やされてしまうと・・・熱エネルギーが弱まり、良質なエネルギーに変わるどころか、不要産物となってカラダに蓄積してしまいます。
・・・―(ll゚Д゚;;)―
野菜はサラダでOKと思っているあなた!要注意です!

甘い物
チョコやクッキー、和菓子やケーキのことだけではなく、おにぎり、パン、丼ぶりなど単品の手軽さで食事を済ませることも多いと思いますが、炭水化物は甘味です。
天丼やカツ丼も衣が小麦粉なので、炭水化物多になりますね。

甘いものは脾の属する土にとって元気をつけてくれる五味のひとつです。
しかし何事も摂りすぎればなんとやら・・・で偏って摂りすぎると脾を傷つけますので気をつけたいところです。

盛り盛り食べられるから、脾は大丈夫(^.^)と思っていても上記のように知らず知らずに脾を弱め、食事を抜いたりしていないのに・・・だるい、疲労が取れない、横になりたい、起きれないという人は良質なエネルギーを作れていない場合もあるので、要チェックd( ̄  ̄)です。



その他の脾の役割

・上に引き上げる力
脾には栄養物を上部に持ち上げたり(後に登場する肺や心は上部にありますのでね)、内臓を持ち上げたり、肌肉もそうです。
弱まると…垂れます。

・血液が血管から漏れ出ないようにする役割
血管から血液が漏れては使いものにならずに大惨事です。これを守っているのが脾なのです。
弱まると…あれ?こんなところにアザが∑(゚Д゚)とか月経がダラダラ長引くとか

その他四肢(手足)、肌肉、唇と関連し、湿を嫌うとあります。
脾が健康であれば、四肢はよく動き、肌肉は弾力があり、唇は潤い締まりよく唾を飛ばすこともないでしょう。
湿を嫌うので、今この梅雨時期に調子が悪くなりやすく苦手。


はてさて?あなたの脾はいかがでしょうか?

五臓を知ろう

カラダを生かすために必要なもの、それは気・血・水!

それはカラダからジワジワと何もせずして湧き出てくるのか?
いやいや(*`゚з´)b゙ チッチッチッ それはNoです。

気・血・水の源は食物です。
食物から気・血・水を生成して、それを貯蔵したり運用したりするのが五臓たちです。
五臓はエネルギーを蔵するので臓
五臓は蔵するエネルギーで各々担当する箇所を栄養し運用しています。

五臓それぞれがどう気・血・水と関わっているのか、見ていきましょう(*’ー’*)ノ


五臓・・・
五臓

肝・心・脾・肺・腎

解剖学で聞く臓器と混合しそうです。

「心が弱いですね」
というと
「えぇーーー心臓が悪いんだ」
と思ってしまう方も稀にいるかもしれませんが、ちょっと違います。

五臓は解剖の臓器やその生理機能以外にも体表に現れた症状や現象、メンタル面をも含んだものです。
広いココロでお付き合いくださいヽ(〃´∀`〃)ノ

時間は平等に与えられている・・・はず

24(TWENTY FOUR)のジャックバウアーは24時間で国を救ってしまう。
それほどのことが出来る24時間のはずなのに・・・自分の24時間は時計の針が高速で回っているのか?
と・・・・あっと言う間に1日が過ぎ、一週間が過ぎ、気が付けば海水浴規制の始まる7月に突入しております。

颱風×3個(颱風の単位は個だろうか?)接近しているとニュースを聞いていそいそと行動するのがサーファー
今朝も恐る恐る駐車場へ近づくと8-( *・ω・)ブブンブン–…が光っているではなないですか…(m,,-ω-)m
お仕事前の1Rのようです。

波サイズはさほど大きくはなかったですが、このところの火曜日といえばスネ・スネ、ヒザだったので、
面が綺麗でうっきうっきヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙

しかーーーしタイムリミットは8時
イケメンライフセイバーのお兄様のアナウンスで、海から引き上げられます。。。。モウチョットアソビタイ

この時期、休みは早朝サーフィンして、昼から陸での活動というメリハリある生活で24時間をジャック・バウアー並みに過ごしたいと思います。



このところおさぼりんこだったこのブログ
五臓の話をしていく予定( ゚0゚)ノ
気・血・水はどういうものかなんとなくわかったけれど、それらをカラダに役立てるためには五臓(六腑)なくして存在しえない。
五臓あっての気・血・水だし
気・血・水あっての五臓だもの

またまたお付き合いくださいませ(*´ω`)p