一日の終わり

   夕焼け

土曜日の夕焼け



蒸し暑くてだるいだなんだと、外のせいにしているけれど
こんな景色見せられたら、ありがとうと感謝の気持ちしか出ないですわよ。

文句言っても自然界は変わらない。
いつだってドーンと構えていい物も悪い物も見せてくれている。

ちっちゃいニンゲンさん側が対処しますとも。。。はいはい(((uдu*)ゥンゥン
スポンサーサイト

一日一回127

前回は暑い夏に加齢スピードが加速?!についてでした。
前回は守る話でしたが今回はあえて使う、鍛える五臓の腎にまつわり話です。

腎の弱まり・加齢症状としては、腰や膝 足元の弱まりがあります。
便利な交通機関に囲まれて生活する私達、歩くと言っても数分~長くて30分くらいでしょうか?
歩こう会♪などで週1回は一日中歩く習慣の方や登山やトレッキング、ハイキングを趣味としている方は足腰鍛えていらっしゃるので心配なさそうです。

私事ですと・・・
私、走りません。横断歩道の青信号が変わりそうだけど走れば間に合う!という意外走りません。
OL時代はハイヒールで新幹線に間に合うか?間に合わないか?と東京駅構内を突っ走しるような生活もありましたが、今は走りません。
ちなみにマラソンは小学生の頃から隠れてさぼっちゃおっ派です。
山登り、トレッキング、ハイキング これもしません。
山いいなぁーと思うのですが、中学だか高校だか?毎年夏になると学校の修養会(キリスト教の学校だったので)で行く御殿場で金時山に登らされた年があり、我らのグループは一番先に頂上に着き、金時ねえさんとお会いしたにも関わらずどこでどう間違えたのか?帰りは迷子になり、宿泊施設に着いた時にはガラス張りの向こうでみんなが夕食を食べていたという事件がトラウマなのか?山登りはもう私の人生にはない(--〆)とこの時思ったまま、今に至ります。

で、子供の頃から運動は水の中です。
スポーツクラブ歴はかれこれ30年近くになりますが、スタジオやジムを利用したのは片手くらいなものでプールしか利用したことありません。
サーフィンを始めてからは、パドリング力と背筋を鍛えたいとほぼ上半身を意識して泳いでいて、足は添え物くらいなもので、大好きな平泳ぎがどんどん遅くなるのを年齢のせいね、、、と足腰弱まっていることを見て見ぬフリ。。。

ということで、腎気の担う腰から下足腰がどんどんどんどん衰えていくワタシ。。。

   腎気虚


これではいかーーんフルフル((-ω-。)(。-ω-))フルフル


ということで
日々の生活にちょぴっと加えているのが
一日一回(最低)9Fまで階段を使う。



5Fまではよゆーなんですよね。
ふふふーん
しかし6F、7Fとなってくると最初の頃はぜいぜいしていました。
めまいを起こしそう。。。。

が、毎日の小さな積み重ねというものは素晴らしいことで最近ではちょっと息は切れますが、まぁ~あっちゅーもの。
階段上りは足をほどよく持ち上げますし、この時腹筋なんかも使うとよりよい気がします。
余裕が出てくるといろんなところを意識して上ることが出来ちゃいます(*^^)v

階段数127段

私の腎気を養っておくれ~(^。^)y-.。o○

  階段上り

暑い夏に加齢が加速(ノ゚Д゚)ノ ))))))●~*

数日カラッとしたお天気が続き、洗濯物も心身もカラッとスカッと!!

洗濯物はカラッと太陽のかをりに包まれましたが、にゃーんか心身はスカッとせず。。。
どぼーーーんと重いかも。
というあたな・・・・・

7月を前に気温湿度上昇で職場や交通機関、カフェ、自宅はどうかしら?冷房冷気に包まれて、ほどよく心地よくお過ごしかと思います。

が、その冷気で陽気を弱めてしまっているかもしれませんわよ。

陽気を弱める。陽気の大元は五臓の腎
腎は腰を担っている
腰が冷えて滋養されないと、腰や膝が軟弱になり歩くとすぐに疲れる、そもそも歩きたいない、足がだるい、足が冷える。
などと感じるようならば、腎の気が弱っているのでは?
また腎は現代医学の腎臓の働き同様、水の管理をするところでありますので、冷えて水(というか津液)の代謝が落ちると浮腫む。
水は重く下にいく性質があるので、足がむくみやすい。
おもおもだるだる

腎気は加齢による衰えに関連します。
加齢により足腰弱くなるのも腎が関連していますが、腎の気を自ら弱めるようなことをしていると加齢スピードがぐんぐん増してしまう、、、年齢聞いてびっくり!まだお若いのに・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

  腎陽虚


これから来る暑い夏の間に加齢スピードを増加させない為にも、冷房の当たりすぎ、冷たいものの摂りすぎには注意したいところ。
もし、職場の冷房が効きすぎる(>_<)という場合はとくに冷やさないほうがいいよね、という腰腹部などは薄目の腹巻一枚纏ってみてはいかがでしょうか?
生姜紅茶で外から受けた寒気を追い出すってのも手ですわよ。

  生姜紅茶


完璧なんてない。時々思い出してね。

2015年も夏至を迎え、暦の上では夏真っ盛り(*^^)vですが、うーんここ関東ではまだまだ梅雨の安定しない空模様ですね。

今朝の腰越の海水の色が先週とは違って見えました。潮の加減でしょうか?波がないからでしょうか?
夏至過ぎたからでしょうか?
今日は鵠沼海岸で入水しましたが、ビーチは海の家が立ち並び、杭が打たれ海水浴の準備が進んでいます。
あーーーサーフィン時間制限の季節がやってきますぅーーー<(`^´)>

気血水
何が足りないのかな?
何が余分なのかな?

自分に思い当たるところはありましたか?

気、血、水(津液)
みんな助け合って生み出されるものですし、その機能を果てしてくれるカラダをつくる構成物質です。
どれが欠けてもうまくいかない我ら仲良し協力隊です。

【気と血】
気にとって血はいつも自分を載せてカラダを巡ってくれる相棒さ。
血が血管という長い長い通路を巡れているのは気が流してくれているお蔭だし
血が血管から漏れ出ないように守ってくれているのも気なんだよ。
もし血が外の世界にたくさんたくさん出てしまうと、気も一緒にでちゃって・・・大出血すると気を失っちゃう。
そしてなにより気が働かないと血は作られないし、気は血の材料でもあるんだよ。

  気と血01いつも一緒


  気と血02大出血すると気を失う


【気と津液】
気と津液はいつも一緒に仲良くカラダの中を巡っているんだよ。
気エネルギーが津液がカラダを巡れるように一緒にいてくれているんだよね。
だから外に出る時も一緒。たくさんたくさん汗をかくと気も一緒にでちゃうんだ。
だから汗をいっぱいかいた時は気も補わないとね。
モチロン津液も気が働かないと作れないんだよ。

  気と津液02


    気血津液大汗かいたら気も補おう


【血と津液】
血の材料は気と津液。血の生成に津液は不可欠なんだよ。
津液が足りないと、血も不足しちゃうんだよ。

  気と津液01


○○だけ食べれば健康長生き美しくなる!
そんな食べ物は恐らくありませんね。
気と血と津液、みんな揃って健康・健美 de 健幸です。


ちょっと足りないなぁーと思うもの
ちょっと余分だなぁ~と思うもの

そこに意識はおくけれど、やっぱりバランスよく地球の恵みを美味しく頂くのが食事です。
なんかいまいち体調が・・・・というとき
そういえば~気かな?血かな?水かな?
と思い出して頂ければ幸いです。

毎日毎日気だ血だ水だ!!なんて思って食事は出来ませんもの。

いいんです、アバウトで
テキトーじゃなくてアバウト

お母さんの手料理みたいに目分量の調味料みたいな感じ


むくむむくむと言っていた方が、冷たい飲み物から温かいor常温の飲み物に変えただけでも1週間で随分とカラダが軽くなった!とおっしゃっていました。
小さな意識があなたの毎日を変える。
毎日の積み重ねがあなたの未来を変える。

血はあれども巡りが悪い

血のお話のつづき・・・・

女性に多い血不足
血は補ったけれど、手足の冷えは改善しないし、顔色もくすんでいるわ(´・・`)

という人は血行不良です。

「血」を行かせる「気」が不足している。
または
「気」が滞って巡らない為に「血」が滞っている。

「気」と「血」はいつも一緒にカラダの中を巡っています。
どちらの不調も血行不良の原因になってしまいます。


◆気が不足しているのか?
◆気が滞っているのか?

チェックしてみてください。

気の不足が疑われるぞ!という人は血を補い+気を補う
気を補うには炭水化物やイモ類などが多いですが、やはりおかずとご飯という組み合わせは大事なのではないかと思います。

気の滞りが疑われるぞ!という人は血を補い+気を巡らせる
気を巡らせるものには
玉葱、ピーマン、すだち、柚子、グレープフルーツ、シークワーサー、みかんなど
柑橘系のものが多いですね。
唐揚にはレモンがついていますが、お家ではすだちや柚子にしてみるとか。
豚しゃぶを柚子ポン酢で食べるのも美味しいですし。
玉葱たっぷりのマリネも美味しいですね。
ワインも気を巡らせる働きがあるので、食事のお伴程度に頂くのもありですね。


   理気すだち


薬に頼らなくてもいいカラダを日々の食事で作っていきたいヽ(〃´∀`〃)ノ

けつのはなし

気・血・水を考えよう!
第三弾はお待たせ~「血」 けつのおはなし


中医学では血、“ち”ではなく“けつ”と呼びます。
血は気や津液よりも親しみがあると思われます。
みなさんが時には目にすることもあるであろう血液とほぼ同様のものと考えてください。
ほぼというのは・・・・

まず血の役割としては
・全身にいきわたり、内は五臓六腑、外は皮肉筋骨を栄養する。
(内臓や皮膚、筋肉、骨を栄養する)
これはなるほどなるほどそうだよね、といったところでしょう。
そうしてもうひとつ重要な役割が
・精神を栄養し、精神活動や思惟活動を正常に行わせ、五官(感覚器)感覚器の働きが行えるようにする。
というものです。

精神的に不安定なのは血に原因が!とは現代医学では考えませんが、精神状態が不安定、鬱っぽいという場合血の問題を考えたりします。大出血をすると気を失ってしまいますが、これは精神を養えなくなってしまったから。

でも、貧血なんて言われたことはないし。。。。

そんなあなたも血の不足かもしれませんよ。
特に女性の体リズムには月経という血の排出期がありますので、男性よりも血不足や血にまつわる症状が出やすいとも言えます。

・顔色が青白い
・顔に艶がない
・めまい、立ちくらみがある
・目の乾燥
・皮膚の乾燥
・抜け毛が多い
・爪が割れやすい
・なんとなく重だるい頭痛
・手足がつりやすい
・動悸がする
・目がぴくぴくすることがある
・光が眩しい
・月経血が少ない、さらさらして色が薄い
・月経期後半や月経終了後に体調が優れない
・鬱々する
・イライラしやすい
・忘れっぽい
・落ち着かない
・集中力がない
・眠れない
などなど

これらは血不足のサインです。
思い当たること・・・・ありますか?

血不足によい食材は
やはりお肉!( *゚∀)!!
豚肉、鶏肉、牛肉、羊肉、合鴨、熊の手・・・・と色々ありますが
一般的には豚肉、鶏肉、牛肉、、、でしょうかね(・´ω`・)

鶏肉は温める
豚肉は中庸(温める冷やすの性質がない中間)
牛肉は中庸ですが、サシが多いと消化しにくいので血不足で消化力が弱い方はあまりお勧めしません。
脂身のすくない部位で頂くといいですね。
冬になり冷えが強く抵抗のない方(私は苦手なもので)は羊肉はもっとも温める効能があるのでお勧めです。
これからの季節ならば、基本は豚、エアコンなどで冷えるようでしたら鶏と使い分けてみるといいかと思います。

その他
アーモンド、カシューナッツ、黒胡麻、松の実などの種実類
プルーン、桃、ライチ、龍眼などの果実類
赤貝、あさり、穴子、いか、うなぎ、かつお、鮭、たこ、鱈、なまこ、ぶり、まぐろ、まながつおなどの魚介類
タピオカや黒豆、大豆、鶏卵、など


ここまできて・・・・
気も津液も不足サインかも・・・そして血まで((((´=д=`)))))
足りないものばっかり‐‐‐‐‐
とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね( 一一)p

なぜなら血は気と津液を材料に生成されるので、気、津液足りないわ。。。
というあなたは血が足りなりないのもまぁ~仕方ないか。。。。

貧血ですと言われ、鉄分を多く含むものを食べよう!と思い、海藻類を積極的に摂りたくなりますが、
津液も足りないカサカサさんですと、海藻類は水分を吸収して排出しようとするため血の材料が不足してしまうことがあります。
津液も足りないわサインの方は、海藻類はほどほどに。


今日は早朝から3時間程海でばっしゃばっしゃとサーフィンしまくったので、筋肉消費大の私は豚肉の塊を頂きます!!
半袖Tシャツを着ると肩周りがキツイ(・ω・; ゞコマッタニャ
実は先日買った夏物の寝間着も伸縮性がいまいちで・・・肩周りがキツクて寝心地悪く、不採用にしてしまった。
うぅーーー豚肉かぶりついている場合ではないかもしれない。。。


   良血良肉

水を飲んでも太る

気・血・水 水のお話のつづき
前回は水=潤い不足のカリカリちゃんでした。

今回は“水停滞してまっせ”のお話

「水を飲んでも太る」という人がいますが、水を飲んで脂肪に包まれるわけではありません。
が、水の運行がうまくいかない人は「水を飲んでも太る」感覚になるかもしれません。
水は重いです。
ウォーターサーバー12リットルを持ち上げるのは毎回しんどくて、いつぎっくり腰になるかとひやひやものです。
余計な水をカラダに抱えていたら、そりゃー重い

なぜ水をさばけないのか?
水の働きと関係する臓腑は主に肺・脾・腎です。
これらの臓腑が弱まると水がどこかに停滞します。

肺が弱いと、主に上部に水が溜まり易く、喉に痰がゴロゴロしたり鼻水ずるずるしたり、瞼が腫れてビューラーに挟まって痛たたたとか顔がむくむとか

脾が弱いと、お腹の中で水が動く音ゴロゴロしたり、軟便だったり、喋っていると口の端から唾が漏れたり

腎が弱いと足が浮腫んで押すと凹んだり、お小水が出にくかったり、腰や足元がダル重だったり、冷えたり

などなど


どこにしてもなんとなく重だるいというのが特徴です。

水を飲むことが美容や健康にいい!と言われても、水停滞さんは実は水を飲むのがとってもしんどいかと思います。
口は乾くけれど、喉が乾いてゴクゴク飲みたい!という気にはならないのではないでしょうか?
でもでも、モデルさんたち水を一日2リットル飲んでお肌プルプルなんて言われると、飲まなければヾ(´・ω・`)と無理して飲んでいる人もいるようで、ますますダル重が進みます。

水停滞症状が見られる人は、まずは喉が乾かなければ無理して水分を摂らない。
潤いを生み出す食物は積極的に摂らない

それではどうしましょう(。´・o・`。)???

水停滞さんは、まずは使えない(停滞している水はもはや綺麗な潤い成分にはなりません~)水を出しましょう。

うりうりうり ウリ科
胡瓜、しろ瓜、冬瓜、ゆうがお
緑豆春雨、小豆、とうもろこし(のひげ)
玄米、はと麦
昆布、海苔、わかめ
などなど

食事の際に意識して摂りいれてみてください。
また気も不足しているので一緒に気を補うものを摂りたいところ。
「水を飲んでも太る」と言って食べない選択をするとますます気が不足して、ますます停滞しやすくなります。
炭水化物は白米ではなくて玄米にして、よくよく噛む噛むゆっくり食べる。
温かいものを摂る。
生ものは食べない。
スープや味噌汁など汁物で摂らない。

などなど、上手に水を追い出して、巡れる人になりましょう。

既に外は湿気に包まれているので、水を溜め込んでいると外から内からどっしりと水の重さを感じて動きたくない。
気持ちはわかりますが、気を補いって激しい運動ではなくウォーキングなどで停滞しているものを動かしてあげましょう。

何もせずしてカラダは変わらない!

うるうる綺麗な潤いを手に入れる為にはまず、滞った水を追い出しましょう。
今年の夏も、ジメジメして夏嫌いなんて言わずに、
夏を大いに楽しみましょ(*^^)v

潤い不足には水を飲む!?

気・血・水を考えよう!
第二弾は血ではなく「水」にいってみよう。

水、中医学用語では津液といいます。
津液は血液以外の正常な体液成分を総称しています。
津はさらさらして肌などを潤すもの。
液は津よりもねばっとして脳や骨髄、関節にあるもの。

カラダの潤い成分である津液は
・乾燥を防ぐ・・・肌ぷるるん
・潤して栄養を与える・・・内臓も潤いが必要ですし、関節などの潤いは不足すると柔軟性を失いますよね。
・鎮静効果・・・熱や興奮を鎮めてくれます。緊張した時に「水でも飲んで落ち着いて」といいますね。

潤い不足というと、まずお肌の乾燥!をイメージしますが、私たちのカラダの60%を占める水はとっても奥深い働きがあるのです。

津液が不足すると
・乾燥肌、乾燥して痒みが生じることも
・シワ
・口や喉の渇き
・空咳
・食後のもたれ
・小水の減少
・便秘、カサカサ便
・落ち着かない
・ほっぺが紅い
などなど

健美のためにも潤い不足はもちろん大敵!なのですが、津液の働きを見て分かるように潤いは美肌だけの問題ではないのです。
例えばこれからの季節、気温が高くなります。その時潤いが不足していると外から受けた熱を冷ますだけの汗が出なかったらどうなるでしょう。茹でダコです(;´-`).というか熱中症になってしまいます。
関節部分の潤滑油の不足で炎症を起こし、痛みが生じることがあります。
食後にみぞおちあたりが痛むというか嫌な感じ(と表現する方が多い)、胃がここにあるという存在感。
チーク要らずでいつも頬のあたりがほんのり紅い。
といった「えっ?これも潤い不足?」というような症状もあります。


では、潤い=水の不足ならば水を飲めばいいのでしょうか?
水をたくさん飲めばプルプルお肌や柔軟な関節の動きが得られるでしょうか?
そうとも思えませんよね。。。
言われた通り水をガブガブ飲んでいたら、トイレにばかり通う破目になる、肌がじっとりする、カラダがどんより重くなる、足や顔がむくむくっとむくむ。。。そんなところでしょう。

カラダの成分である潤い=水を生み出すには水を飲むだけではダメなのです。
真夏に大汗かいて、暑い暑い喉乾いたぁーーーと冷たい飲み物をゴクゴク飲んでも飲んでも渇きが癒えない・・・という経験はありませんか?
こういう時は、水をガブガブ飲むよりもトマト一個かじったほうが、きゅうり一本かじった方がずぅーっと渇きが癒えるものです。
潤い不足を感じたら、カラダに必要な潤いを生み出す食物を摂りましょう。

牛乳、ヨーグルト
豆腐、豆乳
オリーブ、なつめ
オクラ、きゅうり、瓜、白きくらげ、ズッキーニ、冬瓜、トマト、ゆうがお、れんこん
梅、かりん、ココナッツ、すもも、梨、びわ、マンゴー、みかん、メロン、桃、ライチ、レモン
ゼラチン
豚肉
などなど・・・・今が旬で出回っている夏野菜や果物は潤いを生み出すものが多いです。

潤い補充してプルプルお肌、円滑な関節運動、リラックス、内臓元気!!

   レモンウォーター

が・・・・・・

実は潤い不足というよりも潤いが必要なところへいきわたっていない(残念)、潤いが使えない水になっている(これまた残念)ということもあります。
水分摂りすぎ、潤い潤いと水補充しすぎだよーc(・ω・。)という方々もいます。


使えないお水になっている・・・・(゚ω゚;)。o○(ぇ!?)
のお話はまた次回。。。。

いつも輝くあの人にあるもの

前回、「私気虚なんです」と告白したわたし。。。
それがなんだ?と詳しいことはわからないけれど、あまりお近づきにはなりたくないです。

やはり魅かれる人というのは、その人自身が輝いて見える人です。

いつも輝いているあの人っていったい私と何が違うの?


日常でもたくさん登場する「気」

宇宙レベルですと
宇宙天体および天地万物構成のもっとも基本となる元素
そして気の運動変化によって宇宙をはじめ万物が生み出される、とあります。
どれもこれも、あちらもこちらもありとあらゆるところに「気」が充満して変化してこの宇宙が構成されています。
気のないところはない、気がなければ宇宙は無になるということでしょう。

そして、その宇宙のいち生物である人間ももちろん気で構成されているはずです。
人間に置き換えると
人体を構成する基本的物質であり、人体の生理機能は気によってなされる、となります。

気があるから人間は物質でここにいられます。

そして気には

カラダを巡らせる
カラダを栄養する
カラダを外界から守る
カラダから必要なものが漏れ出ないようにする
カラダを温める

という生理機能あります。



気が不足すると

・やる気がなくなる
・疲れやすい
・一歩踏み出すのが億劫
・風邪を引きやすい
・動いてもいないのに汗が出る
・痛みのないアザが出来ていることがある
などなど

気が巡らないと

・情緒不安定になる
・イライラしやすい
・ため息が出やすい
・張る、詰まる感覚がある
などなど

これら輝きを失う気の不調のサインです。

気は原動力、エネルギーです。
それを補うのが食事と呼吸なのですが、呼吸をしない人というのはいません。
やはり食事の不摂生は気の不足を招きます。

気が不足すると、巡らせるエネルギーも不足するので滞りやすくなります。その他滞りの原因になるものにはストレスや食滞(偏った食事やインスタント製品、菓子類などなどメタボもこれに入ります)

気を充実させて輝きのある人になるにはやはりバランスのよい食事が大事です。
気が充実していれば、外界から身を守ることも出来るのでストレスなどにも打ち勝てます。


気を補う食品はお米や豆、芋類など炭水化物に分類されるものです。
炭水化物に偏った食事は太る原因となり、最近では嫌われ傾向ですが、カラダの構成要素であることも忘れずに。
でもでも炭水化物が大好き過ぎて、食べ過ぎてしまう(>_<)という人は、夜だけ炭水化物抜きにして朝昼(活動時間)は頂くなどの工夫をしてみましょう。好きならなおさら我慢するとストレスフルになってしまいますもの。

そして・・・・
気はカラダを温める働きがあるとあります。
カラダは冷えると生理機能が低下します。(熱すぎても支障が出ますが)
気をつくるためには生食(生野菜、刺身、果物)のしすぎには注意しましょう。
野菜ならば火を通す、果物ならば朝晩は避けて御昼間に頂く、刺身ならば他のつまみは火を通したもので頂くとか、ビールを一緒に飲まないとか。。。
これから季節は暑くなって、カラダをひんやり冷やしてくれるものが欲しくなる時期ですが冷やし過ぎにはご注意ください。

自分、気が不足している、気が巡っていない(p_-)というサインを感じた人は特に意識して体温以下のものを口にしない。
ということを実践するだけでも、気の充実度が変わってくると思います。
いつも飲み物はアイスを注文という人は、オーダーするときに氷無しのアイスコーヒー(別にカフェラテでもティーでもいいのですが)にしてみるだけでも違ってくるでしょう。


「王様と私」でトニー賞主演男優賞候補になっていた渡辺謙さん、輝いていますね。
謙さん、ニューヨークではほぼ一人暮らしで自炊し食事管理をし稽古場にも自分で作ったおにぎりを持参されていたようです。
やはりいい加減な食事や合わない食生活はすぐにカラダに現れますものね。
舞台、稽古、プレッシャーなどなどで相当なストレスとと過労だったことでしょうけれど、その姿は輝いていました。
目チカラキラキラ!!(*゚∀゚*)
どこのインタビュー(大手だろうがローカルだろうが)にも同じように真摯に対応する姿が現地でも話題だったようです。
心身共に気が充実しているお姿でございまする。



いつも輝いて見えるあの人にあるのは「充実した気」
誰でも輝くことは出来るのです。
あなたもきっと輝けます!



気の不足と関連したツボ「気海」

お腹に気海というツボがあります。おへそから真下に指二本分のところ。
気の海です。素晴らしい名称です。
気が不足するとこの気海あたりがヘコヘコっとした感じがあります。
またヒヤっとした感じがする人もいるでしょう。
気が足りないわ・・・そんな時はお灸をすえたり、ホットタオルを作って温めたりしてあげると気を補ってあげることが出来ます。

今日も長くなってしまった。。。。長々とお付き合い頂きありがとうございました(^○^)


あー私も気虚でした。。。。(つづく)

気血水を考えよう♪

セラピストや治療家は自分の体調について書くものではない!
という記事をどこかで読みました。
しかし、我らもニンゲンさんです、時に体調振るわない(--〆)ということもあります。
という言い訳で風邪からスッキリ復活したはずですが、復活後の養生悪くはじけ飛んで(アホや~)気虚気味だった私はパソコンを開くもタイピングする気にならず・・・お久しぶりでございます。

さて、色々と中医学視点でものをかいておりますが、もともと気ってなにさ(・ ・?)血ってなにさ?水ってどうよ?
ということもあるかと思いますので、ここらで気血水についてご紹介していこうと思います。
五臓が何とかいうよりも、まずは気血水

現代医学では体調不良の時に血液検査なんぞをしてこまごまとしたわけのわからない名前の成分の数値が高い低いと言われることがありますが、中医学ではそういった中身の検査は出来ませんので、外側に現れる症状からその方の現在の状態を探っていきます。

人は気・血・水(他精・神)で出来ていると考えられています。
そして、気が足りないとか血が足りないとか水が足りないとかもしくはそれらの流れが悪くて滞っているなどの判断をして足りないものは補い、滞っているものは通し気血水のバランスを整えていきます。
気血水それぞれが充実しそれぞれの働きを行い、互いを助けバランスを保っている状態が中庸です。
どれかひとつだけが突出しても足りなくてもアンバランス。

   気血水

健康の為に水を飲もう!とか〇○を食べれば健康になる!とか一点ものの発想はないのです。

それでは次回から気血水って?
ひとつずつ見ていきましょう。


梅雨入りまでカウントダウン?

横浜開港祭で週末から賑わっていましたが、晴天続きの中でよかったです。(参加はしていたわけではありません(^_^.;が)

そろそろ横浜も梅雨入りですかね。昨年は6月5日頃だったようです。
この時期になると決まって飛び出す「湿」のお話
季節的なものなのできっとまた登場することでしょう。

湿度が高くなれば除湿機、気温が高くなればエアコン
それも必要なのでしょうが、カラダでも調整していかなければちょっとした環境変化)についていけず
室内から外に出た途端、o(+ω+,,)=3バタリということになります。
苦手な邪気は自分の中にも居座っているから、外からの刺激でさらにパワーアップしてしんどい(ノω・、)
ということも多いのです。

これからの季節、湿気と熱でムシムシ・ベタベタして大汗かいて「あぁーしんどい」、と冷たいものをガブガブと飲んで冷房にガンガンあたっている姿を見かけますが、あえて自分で湿熱を作り出している姿をみると「おぉーーーい」と思いますが、知らぬ人の世話をするほどお節介おばさんではないので、( 一一)ちら見です。

ちょっとした工夫で季節と仲良くお付き合いしていきましょ。

紫陽花とカタツムリ




サーファーの風邪薬はサーフィン?

へっぽこですが、サーフィンしているのでサーファーです(*m_ _)m

先日、「あー寒いな~」と袖から出る腕(半袖だったのね)をさすりながら帰った夜のせいでしょうか?
エアコンにまだ不慣れな肌表のせいでしょうか?

喉が痛くなりまして・・・くぅーーー痛い
なんやかんやと手をうち
どうもあとひと息治りが悪い(っエ`o)ウググ

で今週の海はお休みして・・・・ゆっくりだるだるしているか。。。
と思っていたけれど、明日は6時に集合----(*´・ω・`)ノの連絡に
習慣で「了解!」と返信

うーむ、止めておけばよかった。
と思いつつ、重い身体で4時起きして海へ
海で浄化・浄化
もはや癒してくれるペットもいない私のことをきっと海が癒してくれるわ♪


結果
スッキリ

サーファーの風邪薬はサーフィンに限る(*´・∀・)*´-∀-)ウン




というお話ではなく

風邪(かぜ)の邪気にも風・寒・熱・湿といくつかありますが、風邪(ふうじゃ)は他邪と混合しやすいので風邪(かぜ)というのでしょうかね。
で、どこに邪気が居座っているかで治療方法は異なります。
例えば、風邪(かぜ)を引いたら葛根湯♪と思っている方も多いのですが、これは寒邪が体の表面に居る時に使うお薬です。表面に寒い邪気が居るので発汗で邪気を追い払います。
これがすでに表面を過ぎ、奥の方(裏)に入ってしまった場合は、もはや葛根湯の活躍は見られないし発汗させることで返って悪化してしまうかもしれません。
邪気はあっと言う間に奥の方に入ってしまい、症状は悪化していきます。

その後なんやかんやで症状が回復に向かい、あと一歩で脱出=3なの~という時に、表面を開いてがぁーっと出してあげるとスッキリすることがあります。(ただし体力のある人)

本日のわたくしの例では、この最後の一歩をウェットスーツ着て汗かいてだぉーーっと海水に流してきた。。。
ということでしょう。
タイミング的によかったということで、サーファーだからって海に入れば治るってものではありません。。。

   風邪引き


風邪の時には適切な対応を心掛けてくださいませ。
何事も早め(表に居る時)が肝心!