ぶつぶつ言ってみる

最近、PCの調子がめっぽう悪い(((((*´ェ`))
PCというよりも通信の問題化?!
光通信なのに------


インターネットを使い始めたのはいつのことだろう(*´-ω・)ン?
パソコンでFaxが使える!と小躍りして、その後メールが始まり、そしてインターネットで情報閲覧?
え~?いつから使い始めたのだろう。

英文タイプに始まり、ワープロを使い出し、そして会社に入ってからはJ-star(知っている人少ないだろうなぁ~)その後Mac
Macもどでかいやつ
家でも32インチのモニターなんて使っていたし・・・・
フォトショップのレイヤー機能なんてなかったころは作業過程を何枚ものファイルにして保存していたし、保存に時間かかるし
イラストレーターで描いた細かい図面なんてこれまたぐるぐる保存に時間かかって、のけぞっちゃっていたし。。。

人間ってやつぁーすぐに慣れちまって、今のPC速度なんてあの頃に比べたら超スピードアップされているのに、ちょっとでもさくさくしないと、あーこりゃもう寿命かなんて思ってしまう。

あれこれ時短になった分生活にゆとりが出来たかといえばそうでもないし

便利になった分、人間短気になっているような気もするね~


やれやれ

今日も銀行の両替機に並んでいたら、後ろにいたおっちゃんイライラブツブツ言っていたし

さくさくことが運ばないことに腹を立てたり


“ゆとり”なんてことに社会が目を向けた時期もあったけれど、ちょっと意味が違っちゃったみたいだしね


教育のゆとりじゃなくて、大人のこころのゆとりを養いたいね~


と今夜はぶつぶつ綴ってみた


   リラックマ








スポンサーサイト
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

パソコン画面を見たくないの・・・

こうしてPCを開いて作業をするのはだいたい夜
パソコン画面を見ると目がちかちかしてしんどいこともしばしば
うー閉じてしまえ (パタン)

目の疲れは五臓の肝と関係します。
(あれやこれや書いていて肝との関連が多いな)
肝は血を蔵するところ=肝主蔵血で、この血によって目は養われています。

現代病でもあるドライアイは肝血が不足した状態です。
ですから、目が乾く、光が眩しい、目がチカチカする・・・などなど
眼精疲労と言われるものは肝の血不足が考えられます。

一日中PC作業をしていて目を酷使しているわけでもないのに、目に疲れを感じるというのは身体を使うことで血を消耗しているからでもあります。

また女性では生理前や生理中は血が子宮に集まっているため、充分に補充されていないとその他もろもろでは不足になりがちなので、目に疲労を感じやすいという人も多いのではないでしょうかね。


現代機器に振り回されずに生きる!みたいな方々は家にTVを置かない!と言っていました。
でもPCは使用するらしいのです(´c_` )ホー
TVは目に悪いから&余計な情報ばかり入るからというような理由でしたが、ネットサーフィンの方がよほど雑多な情報が溢れているようにも思えるので、どちらも使いようといったところでしょうね。


TV、インターネット、スマホetc.
目を酷使するものばかりです。
身体が疲れていたり、それこそ一日中PC作業の方などは特に夜は光画面をシャットダウンした方がよろしいかとも思いますけどね。。。それぞれの事情ですが。


こんなことを書きながらも、私の目はしょぼしょぼで、「光が痛い(´ノω;`)」という状況なので、この辺でドロンします。


肝血を補うにはやはり肉のレバーがいいですが、私は食べられないので赤身のお肉やお魚、ほうれん草や小松菜などをバクバク食べます。
あとは以前ブログにも書いた龍眼もいいですし、クコの実、ライチ、ナツメ、プルーンなどもいいでしょう。
(冷えが気になる方はプルーンは控えたほうがいいです)

目に血を集めるとうのではホットタオルもいいですね。
タオルを濡らしてビニール袋に入れレンジでチン!
ビニールにいれたまま目の上に置いてしばしリラックスzzz
20分くらいで温度が徐々に下がってきますので、頭部に熱を与えすぎることもなくお薦めです。
そのまま眠ってしまう傾向にありますので、くれぐれもうたた寝で風邪ひいた、床の上に寝て身体痛くなった、ということのないように・・・お気を付けくださいませm(__)m



   スマホ
現代人の生活は肝血不足を招きやすいのだ・・・


疲れは早めにケアしましょ 健幸♪健康ライフ♪
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

ストレス解消 GW!

ゴールデンウィーク・黄金週間
これまたすごいネーミングですね。

どこからきているのかと思ったら、映画会社がこの時期正月、お盆お休み以上の興業成績を納めたところから宣伝用語として生れたものということらしいです。

映画業界用語とみる、“ゴールデンウィーク”はNHKなどでは使用しないらしいのだが?
そうなのか~!?気づかなかった。。。
そういえば、“大型連休”と言っているような気もします。

その理由が
連休にならない人が「なにがゴールデンじゃい」と抗議をしてくるとか一週間以上になることもあるから“ウィーク”はおかしいとか・・・
はぁ~自分にあてはまらないことは腹が立つのでしょうかね。。。。


そういう私も「なにがゴールデンじゃい」枠の人間ですが、好きでやっているのでノープロブレム♪


雇われていた時は、休みのないことに心も身体もボロボロになって、休みが明けるのが恐怖にもなっていたけれど、
独立するときには「人が休んでいるときは働く!」と決めていたので、ゴールデンウィークだろうがお盆休みだろうが、土日祭日お仕事モード
環境変われば人は変わるものだと、つくづく思います。


ドーンとお休みの方も
ぼちぼちお休みの方も
祭日なんて関係ないという方も

それぞれの日常を明日も元気にお過ごしくださいね~

心も身体も健幸♪健康ライフ♪
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

満腹中枢を制御せよ!

スリム化計画を企てたくなるこの季節
ネットや巷でもダイエットの文字が飛び交っております。
とはいえ・・・・ダイエットで永遠にあるテーマだということはこれといった決定打!がまだこの世にないということかもしれません。
〇〇ダイエットで成功!と話題になったりする著名人もあれあれあれ~ともとに戻っていたり(^_^.)あれあれ前より大きくなっていませんか?・・・なんてこともなきにしもあらず・・・
ダイエットに成功、リバウンドしないでいられるということはムリのない日常生活でないとなかなか難しいものですね。


ツボを使ったダイエットメニューなんてのもあります。
有名なところが「耳つぼ」
耳つぼも“ツボ”ですから、状況に応じて効果が期待されます。

耳つぼを使ったダイエットには満腹中枢を抑えるツボを使います。
それと併せてストレスと関係するツボ

この耳つぼ療法をする場合はストレスによって過食になってしまっているという場合にはお薦めです。


ストレスは五臓の肝に影響します。
肝は疏泄といって気の流れをスムーズにしたり(肝主疏泄)他の臓腑が働きやすいようにのびのび、スムーズにするまたは促進するという意味合いがあります。肝は将軍と言われますが、臓腑の指揮官といったところです。ちなみに心は君主で、本来のボスってところですね。

肝の疏泄により脾の運化機能が行われ必要なエネルギーが作られます。
この時、ストレスを受けた肝がおりゃおりゃーーーと疏泄機能を促進させてしまうと脾胃に影響して食欲が増してしまったりするわけです。
外からの刺激が攻撃的であるとそれに対して身体は防御体制になり、エネルギーを貯えようとするのでしょう。
すると第一にエネルギー源となる甘いものが欲しくなる。
手っ取り早いチョコとか、あと炭水化物ばかり食べたくなる。
40代なのに「高校生並みの食欲なんです~」なんておっしゃる方もいたりして(笑)それはそれでいいかとも思いますが、なんとかしてくれ~ということだったので、耳つぼを使いましたら、「高校生の時代は去りました」とのことでした。


逆に食べれない、食べたくない、でもなんだか太っていく。。。
なんていう場合は耳つぼは使いません。
この場合はエネルギー不足によって代謝が落ちているので、きちんと食事をした方がスッキリしてきます。


ダイエットもその人の体質にあった方法を選びたいものです。


スリムへの道もやり方次第 健康♪健幸ライフ




かつて私もストレス太りってのを経験したんでございます。
食欲は激減していたにも関わらず・・・
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

夏に向けて男も女もスリム化を目指す?!

なんだか最近、ダイエットのアドバイスを求められることが多くなってきましたね~

冬の間は厚着の服と同化してほっこりと身にまとっていた一枚を脱ぎたくなるのでしょう。

ダイエットといっても、やはりその人の今の体質によってやり方が違うと私は思っています。
水っぽいのか油っぽいのか?材料のない代謝不足とか・・・・

どのタイプにしても食事の改善は必要ですね。

すごーく痩せ型の方で鍼を打つのも一苦労という状態だったのが3か月、6か月とお付き合いしていくうちに
いい~お肉状態になってきて、姿勢がしゃんとしてきて(それまでは猫背あり背骨のねじれあり)なかなかのイケメンさんが更にパワーアップされてきたのですよね。
で、周りからは「痩せた?」と言われたそうです。
お肉がついてきたのに。(良質ですよ)

この方の場合はもともと消化力が弱くて(→脾気虚)エネルギー不足
骨を支える肉もついていなかったので、姿勢が悪く、自分の身体を持ち上げられなかったので猫背になりがち、顔色も冴えず、顔の筋肉もしゃっきりしない

それが良質のお肉のお蔭で締まって見えて、姿勢もよくなり、顔色も艶あり、顔の輪郭もスッキリして“見える”ようになったのでしょう。

実際はお肉がついたのに、スッキリ見える。


体重が減ればいい、げっそり痩せて見えればいい
というわけではないのですね。


次回は「耳つぼを使って」を書こうかなぁ~と思っています。
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

Saturday Night Fever

土曜の晩といえば寝ずに遊び倒す!バブル世代

先日の土曜の晩はいつからか雨が降り出し気付けば明け方4時
おー完徹かー



と昔飲んで踊っていた時代を懐かしみながら自室とトイレを行き来しながら、アラフィフの心身に完徹は無理無理とわが身を哀れんでいた。

晩に勿体無いからと食べた二日前のブーブーライス(チキンライスの豚版)がいけなかったのか( ; ; )日付変更線辺りからお腹の違和感と悪心
横になっていると今までの経験したことのない痛みに突き上げられ、仕方なくベットから抜け出し座り込む
座り込むしせいがまたなぜか和式トイレスタイル
そしてその後トイレに駆け込むこと数回?(何度行ったかもはやカウント出来ず)


この状況を考えてみていた

横になってじっとしていられないってことは虚実でいうと実証
要はなんらかの悪さする奴が私の身体の中で暴れているってこと。
もーまさにこの痛みは大蛇が大暴れしているような感覚だもの


ならば出し切るまでトイレに通い続けるしかないのだ。

上から下から出し切る。


4時を過ぎた頃、ようやく落ち着きベッドに横になりしばし仮眠




食べられない1日
望みもしない断食を強いられた。

が、突然の泄瀉(下痢)嘔吐の後は虚証が訪れる。

しっかり栄養つけねば・・・パタリ






とんだSaturday Night Feverだぜ!



久しぶりにユーロビートが聴きたくなったぜぃヽ(^。^)ノ♪

   



勿体無いもほどほどに 健康♪健幸ライフ♪

第3チャクラ☆中医学的に

前回書いたクリパルヨガの記事
どうも頭が中医学ぐるぐるの私なので、物事を中医学的に考えてしまうクセがある。
(ちょっと面倒くさ~な自分。。。)

で、第3チャクラについても中医学を併せて考えてみよー!


チャクラは古代インドから伝承されている考えですし、東洋医学というくくりでは中医学もそのお仲間。
現代医学である西洋医学との違いは身体を肉体と精神併せてみるということでしょう。


第3チャクラは中医学でいうと
土・脾胃・後天の精の源・運化・昇精・思など

中心であり、天の気と地の気を取り入れてエネルギーに変える場であり、エネルギーの源、エネルギーを持ち上げるゆえ全身に気がめぐらされ、身体や内臓はその位置を保ち機能する、そして思い考えることと深くかかわる。

といったところです。

五臓どの臓が欠けても人はバランスを崩してしまいます、時には助け、時には制御しながらバランスをとっているのが五臓です。


が、やはりこの土・脾胃は人が活動するためのエネルギーを作り出している場所ですから、ここが弱ってしまうと全体に大きな影響を及ぼしますし、まずは脾胃の働きがしっかりしているかを見極めることが大切です。


食物を受け入れるところですからまずしっかり食べられることは大切
そして何を食べているかも大切
そして、食べたものを消化吸収出来ているかも大切


食欲はあるし、食べているけれど必要なエネルギーを作り出せていないという人もいます。
「胃強脾弱」
胃は丈夫なのですが、脾の働きが弱い
受けることは出来るけれど、消化・吸収がうまくいっていないという状態です。
食べているけれどエネルギーは不足してしまいます。

やる気が出ない
動くの億劫
ついつい横になっている
起床時起き上がりがしんどい
頭がぼぉーっとして集中力がない
日中眠気があって活動の妨げになる
軟便・下痢
などなど・・・があると脾の弱まりを疑ったほうがいいですね。


第3チャクラが自己意識や自己・自我などと関わりのある場所であるように、中医学では脾・思いと関連します。
五臓・脾が良好な状態であれば思考もしっかりはっきりするということ。
脾が弱っていると思考がはっきりしないとか集中力がなくなるということです。
自分のことも大切にできなくなります、自分を認めてあげたりすることが出来ず、自分の方向性も見えなくなってしまうでしょう。
そして、思い悩みすぎるとまた脾を傷つけてしまうので堂々巡りは止まりません。
こういった感情面からもどの臓を立て直すかが見えてきます。



脾が弱っているかしら?
とちょっとドキッとした方・・・
食事の見直ししてみてくださーい。
やはり脾と食事は切っても切れない関係ですからね。

あまり食欲もなく、量もあまり頂けないという人が健康に気遣い玄米食をしているという場合
玄米は消化にエネルギーが必要ですから、脾が弱い方は白米をお勧めします。
風邪を引いたり内臓系の病気をすると病院食でもおかゆがでます。
これは消化にはとてもエネルギーを必要とするのでエネルギー不足の状態の時は負担にならないようにしているからですね。
ですから、食欲もない、食べられないという人が健康には玄米食!というのには無理があります。
色々な考えがありますが、万人みな同じ方向には歩めないものです。


消化力を整えて 健康♪健幸ライフ♪
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

クリパルヨガ&第3チャクラ

昨年12月の満月の晩から参加させて頂いているクリパルヨガ
今月も偶然☆満月の晩の開催でした(*´∀人)

相変わらず、クリパルヨガとその他存在するヨガとの違いはその他のヨガに参加したことがないのでわからないままですが、なんとなく気持ちがいいです。

ヨガ&瞑想&チャクラへの働きかけということで今月は第3チャクラでした。
第1チャクラではちょっとフィジカル面に過剰反応し( ノω-、)クスン自らを反省したので今回は無の境地(?)で臨むことにしました。ちなみに第2チャクラは仕事の関係でお休みしてしまったので、飛び級です(o゚ロ゚)=3


第3チャクラはみぞおちあたりに集まる気・エネルギーが存在する場所で内臓では消化器、精神面では自己意識・創造性・知的な考えに相当するらしいです。


消化器(胃)に相当する場所ですから、エネルギー源としても中心となるところではないでしょうか?


ヨガの前に先生から質問
1.あなたにとってパワーとはなんですか?
2.パワーとどのようにつながっていると思いますか?
3.パワーをどのように使いたいですか?


言葉にすると返答にちょっと難しいものでしたが、皆でシェアしました。
それぞれパワーというものについて少しずつ意識が違うところも面白いところですが、みな自己意識をしっかりもっている人の集まりだったようです。

ちなみに私は質問1については「生命力」でした。
生命力といっても病気をしない丈夫な身体とか長生きできるとかではなくて「今」をしっかり生きていられるかというものです。
どうかなぁ~生きているかな~???



身体の中心である第3チャクラへの働きかけもあるヨガがスタート
おーーしんどいっていう呼吸もありました。あと普段ちょっとした休憩に密かにやっている呼吸法なんてのもありまして、あら私ったら無意識に第3チャクラを鍛えていたのね(*・ω・*)!なんて思ったり

とやっている途中でなんだかめまい?地震?とちゃちゃを入れ中断させてしまったわたし。。。(´。・д人)ゴメンヨゥ…
ほんとに揺れてたのよ~波酔いかしら~くらくら



そしてヨガの瞑想も終わり、本日のクリパルヨガ終了~という頃
ぐらぐら
今度は皆も感じる揺れ
ホンモノの地震発生でした。

身体の中心に宇宙からのエネルギーを吸収させたせいでしょうか?
皆で地の気を動かしてしまったのでしょうか???

まぁー満月ですしね。

と言っても最近またあちこちで地震多いですよね。


今月も楽しくすっきりクリパルヨガでした♪


チャクラを整えて 健康♪健幸ライフ♪
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

満月か。。。

今朝は、すっきりした気分だった。

なんとなく今まで抱えてきたものがすーっと手放していいような気分。
朝っぱらから

ここ最近、「あら、随分ドキッとするこというわね」ということがぼちぼちあったせいかもしれない。



おっとっと。。。

そうか!今日は満月だもんね。

満月は新月に向けて手放す時期という説もある。
新月は新しいことを始めたり、目標を定めたりするとかね。


ふふーん

なんか満月パワーに浄化されたのかな。

とりあえず、自分の中にある手放したいものをφ(・ω・ )かきかきメモしておこうかね。

そうそう、今日は満月&月食なんですって
だから?ってことは詳しい方々がきっと色々お書きになっていると思うのでグルグルしてみてくださいな。

私は空を眺めるのは好きですが、その辺の知識はないです。。。ボソリ




   満月

満月だからですか?ものすごく眠い一日でした。。。
zzzz




テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

ビバ☆サービス業

先日Barを経営されている方の一言に“どきゅん”としてしまいました。

その方、指がはばったいので指先の動きが繊細にいかないとおっしゃるのです。
指がはばったい理由は・・・・水の代謝の低下(先日ちょっと書きました「肺」と関連します)が関わっているようですが・・・まぁーそれはさておき

その後に「自分はシェーカーを振ることもお客様へお出しするサービスの一環で頂戴する御代に含まれていると思っているので、ぼやぼやした動きは嫌なんですよね」とおっしゃるのです。


━━━。゜.+゜(p・ω・。q)゜+.゜。━━━
恐れ入りましたー


。゜。* 。*゜徹底したサービス業魂。゜。* 。*゜

かつて飲食業・懐石料理のお店でバイトをさせて頂いていた時
男性の接客担当の方が席へのご案内や御膳の出し方、身のこなし方が実にスマートで、見た目もすらりと背の高い顔もむちゃくちゃイケている男性で色々教わったのを覚えています。

その後は会社員として働いていた私ですが、営業のおっさん(おっと失礼)やら、若いにいさんやら見ていても挨拶もロクにしないのか出来ない人もいるし、人に物を頼む態度か!と思うような人も多々いるし。。。
どんな仕事も対お客様としたらサービス業だと思うのですよね。
どんなに書類上の仕事が出来ても、人への対応が出来ない人は(-ε-〃)b゙ チッチッチッ
と思います。


実際に接客業に従事しなくとも、レストランやカフェ、ショップなどなど気持ちの良いサービスをしてくれる人から学ぶということも出来ます。
そしてそこにはサービス業に徹する人々の価値があることも忘れてはならないとふかーく思いました。


そういう私もサービス業
見習いたいとひしひしと心に刻みましたです。
いかに美しく鍼を扱うか!とか・・・(笑)
言葉づかいや対応態度・・・色々ありますσ(≧ω≦*)


   カフェ




見えないところにこそ価値がある 健康♪健幸ライフ♪

テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

大人の成長③

と・・・ここまで中医学を学ぶことサーフィンをすることを書き綴ってきました。

大人の成長①―中医学編
大人の成長②―サーフィン編


中医学であれ、サーフィンであれどちらも基本を知ってたくさんの経験が必要です。
これはどんなことでもいえることだと思います。

小学校一年生がいきなり六年生になれないように、大人になっても何かを身につけるということにショートカットキーはないのだと思います。
だからこそ、その先にあるものの面白みが増すのではないかとも思いますしね。

私にとって中医学・サーフィン全く異なるようで、繋がりもあるもの、どちらもここ最近、ひとつの穴からひょっこり首を出して次の穴へと移るそんな気がしています。
またその穴の中では暗闇があるのでしょうけれど、コツコツとやっていこうと思いますよ。

大人になってふとすると、苦手なことや出来ないことはやらないという選択もあるけれど、やりたいことや興味のあることは続けてみることで成長できるんだなぁ、と思います。

春の気のせいでしょうかね。
春・肝気・成長・伸展



やけに己の成長を身に染みた今日この頃でした。。。q(*^_^*)p


新しいことを始めるのにはちょっとした勇気も必要ですが、今は春、肝の気が手伝ってきっと伸び伸び成長を手助けしてくれると思います。

小学生のようにちょっと浮かれ気分の春です(^.^)♪



   新芽
BON CHANCE!

幾つになっても伸び盛り 健康♪健幸ライフ♪



テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

大人の成長②

子供の頃はなにかと制限があって出来なかったことも、大人になるとちょっとやってみようかな~と自分さえその気になれば出来ることの幅が広がります。

鍼灸学校へ行ったのはちょっとやってみようかなぁ~というには自分にとってはちょっと大きなチャレンジだったと思います。
が、この頃自分の中に何か動きがあったのでしょうね。


鍼灸学校に入学して2年目の頃始めたのが今でも続くサーフィン
サーフィンを始めたのは海好きな友達が「ボディーボードやろうよ」と誘ってくれたので、水好きな私は「いいよー」と言ったものの、
二足歩行の人間ならサーフィンのが楽しいという別の友達に言われて、「あらそっ、」といきなりサーフボードを購入してしまったのがきっかけです。
何も知らずに友達に勧められるがままに購入したサーフボードはファンボードと言われるちょっとロングより短く、浮力があり、初心者でも楽しく乗れるというというコンセプトだったはず。。。

サーフィンデビューは吉浜だったかな~
春だというのに初心者の私にはまだ寒くて、わけわからなくて、全然楽しくなかったのを覚えています。
友人が教えてくれたのは、「波がきたらクロールしてボードに立つ」これだけで、あとはほったらかされていたのですから、出来るはずもありません。
これ、どこが楽しいんじゃい(。゚ェ`。)?

その後もぼちぼち海に入ってはみるものの、全然出来ない・・・
大きなボードがお荷物に感じられていた時、今もお世話になっているサーフガーデンの小田プロを紹介されてサーフィンスクールに行きはじめました。
スクールといっても、サーフィンの場合毎回同じ条件でもないし、自然条件は厳しいし、なんだかね、やっぱりうまくいかないものです。でも水遊びはそこそこ楽しいかな~てな感じ。
しかし鍼灸師になって勤務しだした頃は、まったく海へ行く余裕もなく・・・このままフェードアウトか!
と思いましたが、やっぱりどこかでやりたいモードが残っていて、ちょいちょい海通い

それから独立開業してやっぱり余裕なくあまり海へも行けず・・・・


もちろん上達するでもなく、寒ければ入りたくないし、スケジュールが詰まっていれば疲れちゃうと思って行きたくないし・・・・・

が、どこでスイッチがはいったのでしょうかね~

ある年から「やるぞ!」と気合が入り、毎週出来る限り海に通い、睡眠時間がなくても、暑くても、寒くても、ひたすら海に通っていたら・・・・
なんだか海に入らないと身体の細胞がブツブツモゾモゾするような感覚となり、今まで言葉で伝えられてきたことが本来私の得意とする体感でわかるようになって、もぅそりゃ楽しい楽しいったらありゃしませんよ。
見えないものが見えてきたり、感じられなかったことが感じられるようになったり
年齢と共に衰えていく肉体に反比例して活動力を上げている自分、なんでしょうねー


ちょっと体調がわるくなると、「やばい!海に入れなくなる」と必至で治す自分。
とりあえず私の場合、海が軸になって元気な自分を保っていられるようです。


つづく・・・・・

テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

大人の成長①

学校では新学期が始まって、社会でも新入社員が研修なんてやっている時期でしょうね。
新しいことはワクワク、ドキドキ 期待と不安の未知数

友人の子供は小学校2年生になり、“ちょっと浮かれている”らしいです。
大きくなった自分を感じているのでしょうかね。

学生の頃は4月になると多くは学年が上がって、後輩が出来たりしてちょっと成長した自分を感じたりします。
大人になって、社会人生活も落ち着いてくると“成長する自分”を見かけなくなったりします。
毎日毎日、あくせくあくせく生きているとどこで成長しているのかどこで変化しているのかわからないのですから。


大人になると成長を求めて自ら動くようになります。
子供の頃と違って、「これをやりなさい」ではなくて「これをやりたい」ことに変わってくるのでそこには楽しみがもれなくついてくるように思います。


私事でいえば
30歳過ぎて、なんだか鍼灸師なんぞの世界に足を突っ込んで、学校へ行くことになり、ひたすら詰め込み勉強をすることになってしましました。学校生活は正直「苦手」です。
教室の中に何時~何時までいなければならない!というところでもぅ、アウト!
しかし、ここをクリアしなければ、鍼灸師免許の取得は得られません。

内容はまるっきり初めてのことばかりでチンプンカンプン(´σ `)?(´σ `)?(´σ `)?
解剖学の先生に「この教科書どっちが上でどっちが下かわからない」と言って、「えっ?そこから?」と困らせたことがあるほど、私にはチンプンカンプンの世界
そんな状態からなんとかかんとか国家試験はパスして、さーて臨床だー\(^o^)/
と思ったら、今度は鍼灸治療に不可欠の中医学に躓いた(★´-ω-).。バタリ
〇〇疾患にはこのツボ~と書かれているものの、なぜそのツボを使うのかその組み合わせになるのかがわかりません。
で、それから中医学基礎を勉強し始めました。(おそーーーー)かれこれ6年7年でしょうか?
学生ならばとっくに卒業している年数ですが、まだまだ終わりそうにありません。
最初はまどろっこしい話だし、学べば学ぶほどよくわからないし・・・・もう、この辺でお暇しようかなと思ったりしましたが、最近ようやく面白いーーーなるほど~とあっちこっちに散らばったパズルが組み合わさって、ひとつの穴からぐーっと首を出して光が見えたような感じがしています。


つづく・・・・










テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

酒は百薬の長

「酒は百薬の長」

お酒の起源は紀元前の歴史書にも記載があるというから、人誕生と共に歩んできているようです。
古代ギリシャ神話の酒の神はディオニソス ブドウの栽培者と酒の醸造者の神とされている。
創世記ではノアは大洪水の後ブドウを植え、葡萄酒で酔ったと記載されている。
・・・・などなど
お酒は喜びの友であったり、悲しみの友だったりと人にとってお酒はどの時代もよき友であるのでしょう。
善人あれば悪人あり・・・時には身を滅ぼすことにもなりませんが・・・・


先日、お腹の張り感を訴える方がいました。
「朝方の瀉下(下痢)後からお通じ(便ね)はあるけれど、なんとなくお腹が張ったような気がする」とのこと
冷えによる下痢で必要なものも排出してしまった&年度末だったこともあり、とても疲れていたことやその他諸症状から気虚による気滞で鍼施術。
その時は緩和したものの、また週明けからお仕事していたらどうもお腹が・・・・(*´エ`*)ハルナァ―
その後、週末を迎え会合で赤ワインを飲んだら、あら(*^_^*)お腹の張りがなくなって、お通じもいつもよりすっきりしたみたいq(゚v゚*)スッキリ、と話してくれました。

お酒には気を巡らす、経絡を通す、温めて血行をよくする
などの効用があるので、この方には楽しいお酒が身体機能にも役立つお酒となってくれたのでしょう。
もしチョイスがビールだったらこうはならなかったと思います。

ワインは温める性質
ビールは冷やす性質

もともとビール好きだった方ですが、体質を考えてビールは控えるか、常温で飲むか、飲んだらすぐに入浴するとよいとアドバイスしたら(結構無理のあるアドバイスですなぁ~(^_^.))冬場や寒い場所(エアコンなど)でのビールは控えるようになっていて今回はワインだったそうです。


( ゚∀゚)つ素晴らしい~☆

中国では蟹を食べる時に紹興酒を飲みますが、これは寒性の蟹に対して温性の紹興酒を飲んで冷えを防ぐことからきています。
古きよき友人であるお酒、時に励まし時に悲しみを分かちあえるよき友としてお付き合いしたですね。


楽しく美味しく健康♪健幸ライフ♪
(=゚ω゚)ノC□☆□Dヽ(゚ω゚=)カンパーイ 

   赤ワイン
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

身体ストレス

待ちわびた桜が満開になったと思ったら激しい雨だったり、週末はぐーんと気温が下がったり。
春らんらん♪と思えば冬の冷たさ。。。
上がったり下がったり。。。

季節の変わり目はどっちへ行ったらいいのぉーと悩まされる時期です。



さてさて、中医学で春といえば五臓の肝の季節で、肝の作用である気の流れをスムーズにするという機能がなんらかの原因で妨げられると気の流れは停滞し、鬱症状が出やすくなります。(5月病と言われるものがこれですね)
停滞、鬱積すると熱が生じるので熱症状がみられたりします。(発熱とはちょっと違いますが)
なんらかの原因のうちよくみられるのがストレス。
病気の原因がストレスというのはよく聞きますが、ストレスとはなんともアバウトな表現ですね。

それだけに厄介なのがストレス。
人によってストレスになり得るものが違ってきますし、Aさんにとっては全くなんの問題もないものがBさんにとっては日常生活に支障が出るほどの要因になってしまったりします。
とはいえ、まったくストレスを受けないという状態は人類が誕生以降ないはずで、ある程度のストレスを受けて人は生きています。全く受けないということは全く刺激がないということで、それでは抵抗力のない空虚なものとなってしまうでしょう。
人は外部からの刺激を受けて成長と共に少しずつ刺激の閾値が上がっていくはずです。
“可愛い子には旅をさせろ”とはそういうことなのでしょう。


春・肝・ストレス
この関係性は身体を観る上でも重要です。


&今の時期、季節の変わり目というのも重要なポイントです。
ましてや最近のように冬なのか?春なのか?((((´゚ω゚`寒))))?。♪(*´▽`)ノ温?カメレオンのように外界変化に対応しなければなりません。
この外部の気候変化や気温変化に対応している気は「衛気」といいます。
字のごとく守る気、まず第一線で人体を外界の病気から守るのは皮膚や粘膜で衛気は皮膚、粘膜を強化しています。
衛気が不足すると、外部の環境変化への抵抗力が弱くなり、風邪を引きやすかったり、花粉症、皮膚疾患にもかかりやすくなります。


衛気の弱わまりは外部からの刺激がストレスになります。
それは風であったり、気候・気温変化、環境、音、着るもの(例えば制服など決められたものだったり)
心理的ストレスというよりも身体的ストレスといったところです。
もちろん、身体的ストレスは心理的ストレスにも繋がりますし、心理的ストレスは身体的ストレスを受けやすくさせるともいえます。


五臓のうちで人体の一番外側=肌と関わりあるのが「肺」で、外部からの刺激を一番最初に受けるところです。


春は風の多い季節ですが、思いのほか強風の日もありました。
風により衛気が吹き飛ばされたということもありますし、またもともと衛気が弱かった人は気候変化、気温差についていけず、外からの邪気を受けやすくなります。
そして影響を受けやすいのが「肺」です。

最近、喉風邪の方も多いですし、また皮膚疾患・アトピー様湿疹がみられたり、むくみがみられたりもします。

どれも衛気・肺・水などの関連です。


あーなんとなく身に覚えがある~(○´Д`)。。。

・季節の変わり目はいつも風邪をひく
・風にあたると不快(自然界の風、扇風機orエアコンの風)
・新しい場所や人が苦手
・寒くはないけれど、肌表面を覆っていないと不安
・ちょっと動くと汗をかく
などなど・・・・・



昔からある健康法、寒風摩擦はまさに衛気を強くしていたのだと思います。ごしごし皮膚がすり減る程にこするのは返って衛気を損なってしまいますので、手で優しくさするようにしてあげると衛気力アップになると思います。

衛気が弱いというだけならこの気を補うのに、餅や納豆など粘り気のあるものが助けになります。

衛気が弱って皮膚疾患やむくみがみられる場合は返って妨げになるのでモチモチ•ねばねばは摂らないほうがいいですね。
今の季節なら柏餅とか( ̄▽ ̄;)

なにやら風邪の方が多いので衛気を強めて元気にお過ごしくださいませ( ´ ▽ ` )ノ


   元町厳島神社の桜
雨に降られても、強風に煽られても、雷に打たれても、桜は強く生きています。
(元町厳島神社)


打たれ強いニンゲンになって、健康♪健幸ライフ♪




テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

旬を楽しむ♪たけのこ編

先日は春の旬野菜“グリーンピース”を堪能しました。

で、お次はやはり春といえば“筍”
「旬」という漢字の上に「竹」を書いて「たけのこ」と読む。。。

『本草綱目』という古文書には「旬内は筍、旬外は竹」とあり、
「旬」は十干(甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き))を一回りする10日の日数を意味し、「たけのこ」は成長が早く約10日しか美味しく食べられず、10日を越えると竹になるということからこの漢字の形になっているようです。

竹の寿命は100年以上というのに「たけのこ」未熟な子供でいられるのがわずか10日とは・・・たいしたヤツです。


春、その貴重なる筍をありがたーく頂きたいと思います。

まずは買ってきた筍を糠につけて一晩寝かせます。
最近は、糠セットで売っていますね。(我が家は糠床ないから有難い~)

   春筍

このあとムキムキすると柔らかい筍ちゃんとご対面です(^○^)

これはグリンピースご飯に続いて・・・筍ご飯になる予定です
ウフフ♪( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪


筍の効用
熱を冷ます 痰を取り除く 体内に蓄積した老廃物などを取り除く
とあります。主に余分なものを追い払うといったところ。

春先、のぼせや頭部の熱感、イライラなどがみられる方にはよいでしょう。
あとは食帯のある方(メタボ系)にもよいです。


寒熱では寒性なので、冷えのある方は摂り過ぎには注意したいところです。温性の生姜などと合わせて食べるといいですね。

また粗い食物繊維なので、胃腸の弱い方はよく噛んでお召し上がりください。


旬が10日間ですから、見つけた時が旬ですよ!

今日も元気に楽しく美味しく食べて健康♪健幸ライフヽ(*゚`∀´゚)乂(´゚∀゚`*)ノ
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

さくらさくら

あちらでもこちらでも桜桜さくら

関内には桜通りってのがあるくらい桜はあちこちで見られます。
横浜スタジアム内も綺麗です。(写真撮り忘れましたが^_^;)



山下公園もどどど・・・・と桜の木がありそうですが、意外と少ないのですよね。
山下公園内で有名な桜は1993年に宮城県から寄贈されたというしだれ桜
だいぶ葉桜モードです。
海側から見た方が桜自体は綺麗なのでしょうが、桜の向こうに氷川丸が見えるってのもいい感じです。

   山下公園しだれ桜


山下公園を渡った通りにある桜
横浜らしい風景

   さくら

この先では今日もeggs thingsに桜に見とれるでもなく長蛇の列が出来ていました(^○^)
未だ入ったことはありませんが、いつもマリンタワーの方まで並んでいますなぁ。
(江の島もいつ通りかかっても並んでいる。。)


桜といっても街中にも色々と種類があるので、まだ楽しめそうです。
明日から雨予報ですが、頑張れ桜たち!

テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

グリーンピース♪旬です(*^_^*)

あちらでもこちらでも桜♪桜♪桜♪
すごいですね~植物は誰が号令を出すでもなく、ちゃーんと芽を膨らませて花を開きます。
ニンゲンさんよりもずぅーっと自然リズムを刻んでいますね。

自然リズムに疎くなったニンゲンさんとしては桜同様、旬の食物も楽しみ(人´З`)゙chu☆

先日から「グリーンピースグリンピース」と近所のスーパーに通っていたのですが、なかなか生に出会えず、やっと「グリーンピース」の表示を見つけたと思ったら、棚は空っぽ。゚(゚´ω`゚)゚。ピー完売か。。。

諦めない(ノ゚Д゚)ノグリーピースを求めて、スーパーへ通うこと3日

    春グリーンピース



キタ!!(*゚∀゚*)キタ━━!!!

なんともかわゆい風貌

一粒一粒立派に育ってオイオイ
鹿児島県産のグリーンピースくん


春の香がプンプンします~

鹿児島は気候温暖に加え桜島を中心とする盆地が野菜栽培に向く火山灰土壌で土壌に含まれる窒素成分が野菜の成長を促進させ、また火山灰による地熱によって春野菜として出荷できるように育てることが出来るそうです。
(「間違いだらけの野菜選び」内田悟著)


グリーンピースは

豆苗→さやえんどう→スナップえんどう→グリーンピース→えんどう豆
と成長すると名前を変えいき、出世魚みたいですね。
枝豆が大豆になるのと同じですね。

そして未熟豆の時のグリーンピースには「気」がたくさん含まれていて「補気」の効用があります。
春は心も身体も気をのびのびさせる時期ですから肝心の「気」が足りないとのびのび出来ないので鬱々してしまいます。
これが五月病とか自律神経の不調とかの原因でもあります。
食物にはその季節に必要なものがちゃーんと含まれていますのでやはり旬は大切です。

グリーンピース、缶詰では通年通して売られていますがやはりさやに入ったままのものを食べると
(-ε-〃)b゙ チッチッチッ味・香りの違いは明らかですよ。

今夜はグリーンピースご飯にして、鉄釜で直火で炊きました。
めちゃ美味しかったですわ。

お腹ぽんぽん贅沢気分。゚(゚ノ∀`*゚)゚。



それでは皆さま、美味しく食べて健康♪健幸ライフ♪をお過ごしください。

テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体