いつも同じじゃ~ないんです

今日の突風はなんだったのでしょ~⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝ
春の嵐とはいうものの、最近「風」強すぎですわ。
夕方には晴れ間がのぞいて、台風みたい。
夜には星も綺麗に見えていたのに・・・途中で雨に降られてびしょぬれともみんです。


さてさて、鍼灸で体のメンテナンスを始めて1年近く経つ方が
「風邪も引かなくなって、疲れも軽くなって丈夫になったなぁー」
と言っていた矢先
「高熱出した」とえらく落ち込んで来院されました。

こんなに健康になったと思っていたのに、なんで高熱なんて出すのだろう。
と落ち込んでいるのです。

健康って病気もしない、疲れもしない、外からの影響を全く受けない頑丈な体ってことではないのです。
人間は生身ですから、機械のように常に一定ではないし、日々の労働やらなんやらで体はあっちころころこっちころころとバランスをとって中庸を保っていますが、時にはバタリってことがあってもいいのです。

それはすこしゆっくり休んで欲しい(*^_^*)
という体からのサインですから。


体調崩してなかなか本調子に戻らないとかぐずぐず長引くとか、さらに弱っているものだから新たな邪気を引き込むとか、そういう風にならずにパッと引いたらパッ治るって状態にしておけばいいのですよ。

健康ならば、ちょっとした変化にも気づきやすいですから、「あれ?」って思った時に対処すれば長引きません。
体も気づきが大切なんです。


そういう私も週末にかけてちょっとお疲れモードですので
今夜はぐっすり眠ることにしますzzz


スポンサーサイト
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

春先の冷えにもご用心

25日 東京も「桜の開花宣言」出たようですね。
気温も5月上旬並みだったとか。確かに陸は暖かかったですね。

そう、陸は春なのです。

が、この日海に入っていた健幸ナビゲーターともみんはリターン!冬を感じていましたよ。

春の陽気を感じて、冬支度のブーツを脱ぎ捨て海に入ったら、入水3歩目あたりから足がちぎれる冷たさでした。
海水は陸より2~3か月前の温度なんです。
わはは(ノ∀`笑))
アラフィフの体にムチ打って遊んでますのよ。
わはは(ノ∀`笑))

女に冷えは大敵!です。
といいつつ、自ら冷やしています。
(*`゚з´)b゙ チッチッチッ


ふつーに陸での生活でも冷えた時にはお風呂にしっかり浸かる
これ大事です。
冬はもちろんですが、春先も流石にそうもこもこ着るというのもファッション的にはイケテないので薄着になりますが、意外とまだ風が冷たかったりして、冷えていることもあります。
夜はゆっくり湯船に浸かりましょうね。
お風呂は日本文化の自慢すべき名品でございまする。

ちょっと冷たい風にあたって肌表面がブルブル(((((´゚ω゚`寒))))))と「寒気がする」
なんて時には暖かい生姜紅茶なんかを飲んで肌表の寒邪をお追っ払いましょう。
じわっと汗をかくのがポイントです。

私のように海水に浸かっていたり、長時間寒さの中にいたりして「芯まで冷えた」
という場合はお灸がいいですね。

邪気には侵入経路がありますが、寒邪は肌表面、肌肉(筋肉)呼吸器そして中焦(脾胃)に直接入り込む優れた(?)邪気です。身体の奥深くまで入った時はお灸でぐーっと温めてあげるといいです。



この日は海上がりから仕事だったのですが、仕事をしながらお腹がキュルキュルなっています。
「お腹が減っているわけじゃないのよ」といいつつ、キュルキュル・・・ちょっと恥ずかしいですわ~


仕事を終えてからは自分で身体メンテナンスです。
すぐに対処するのがやはりいいですからね。
腰と胃と腹部にお灸

使用したツボ:腎兪~大腸兪 中脘 関元

使用したお灸は間接灸&箱灸というものです。
間接灸はポイントに
箱灸は広範囲に使えます。大きなもぐさを専用の箱の中に入れて温めたい部分に置いておくだけ、その間はくぅーくぅーうたた寝~zzz
じんわり温まりましたわ。

この箱灸とってもいいのですが、ふつーのお家で使用するにはちょっと煙がもくもくします。
換気扇の下で煙が止むまで待ってから使用されるといいと思います。

灸頭鍼という鍼の上にもぐさをどさっとつけてするのも芯がじんわり温まって経絡が流れるのでいいのですが、
残念ながらふつーのお家では出来ませんです。(鍼を使いますので・・・)

お灸も直接灸、間接灸、箱灸、棒灸など自分で出来るものも色々あります。

お灸の紹介もぼちぼちしていきますね~

春ですが、冷えにスキを与えないようにお過ごしくださいね。


    さくらフォト





テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

アラフィフからはじめよう♪

日曜 朝 身仕度しながら「僕らの時代」を見る健幸ナビゲーターのともみんです。

今週は石田純一さん&クリス・ペプラーさん&岸田一郎さん

彼らをオヤジ代表としたなら世のオヤジたちはどうすりゃいいの⁈


石田純一さんといえば「不倫は文化」のひと言で頂点から真っ逆さまに下降したらしいですが、現代でなければ、いやほんの少し前の時代であればここまで急降下することはなかったのではなかったのではないでしょうかね。芸の肥やしで終わってたかも。(誰か石田さんの算命見て欲しいわ〜大運天中殺との関連)
女を敵に回す言動は今や許されませんからね。女は言いたい放題なのにね。
言葉にすると罪なのかもしれませんし行動が伴っては社会も混乱しますけど、そのくらいの意識をもって男やってるんでい!の方が男っぷりが維持されるのでしょうね。

おやじ年齢を迎え、石田さんとクリスさんは共に22歳年下の奥様がいらっしゃいますとさ。
22歳って娘じゃないか!
22歳の娘に臭い!汚い!と言われてしょげているおやじも少なくないであろうに。
彼らはLOVELOVE 夫婦になっているのですよー。
いやいや素晴らしい♪不釣り合いでないところが素晴らしい(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

クリスさんは、まさかの失恋後、食事も喉を通らず10kgも痩せたらしい。
好きの度合いの問題ではなく振られたことにプライドが傷ついたというところがちょいワル質なんでしょうね。
それを機に体を絞って第2のモテ期が到来したそうです。

石田さんも仕事なく全て失った時にしていたことが体を鍛えること。

次なるステージを迎える為にはやはり気力!体力!


男も女も年齢うんぬんでなく、自分を物置の隅っこにしまい忘れたかのように扱っていては陽の目をみることはない。


家庭でも社会でも疲れを感じてるおっさん達!
アラフィフからはじめようではないですか!
男だって、内面磨いて外見磨いて輝いてほしいですものね。
彼女はキラキラお洒落しているのに彼がもったりしている光景ってありますが、なんか残念。
やっぱり見た目って内面を映す鏡ですから、大事にしたいですよね。

アラフィフ女も頑張りまーす(*^ω^)ノ


健康・健美・健幸♪


3人さんをTVで見る少し前に・・・男も変わるなぁーってことがあったんですよ。。。(つづく)





テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

邪気が邪気呼ぶメタボちゃん

春分を過ぎ、桜の開花宣言を待つばかりな今日この頃。
厚着の季節から薄着に向けてダイエットの文字が目につく季節。
厚着の下には冬の間についつい溜め込んでしまった脂肪ちゃんが居座っていたりして。
エイヤεε==*-ω-)ノとはなかなかお暇してくれない脂肪ちゃん。


必要以上にお痩せになる必要などは全くないと思います。
なのでファスティングとかってどうよ?!と思うのが身体を観る職業人の本音。
しかし、、、どう見てもこれは----身体に負担でしょ(・0・。)
という場合があります。


私のところにおいでになる方は難聴や耳鳴りなど耳の疾患の方が多いのだけれど、
耳鳴りでも実証(不必要なものが原因となっている)虚証(必要なものが足りないことが原因となっている)によるものがあってガーガーと頭の中で響きわたるような耳鳴りの場合、実証なことが多いです。(もちろんその他全体を観て判断します)

実証は身体の不要産物が邪魔をして気血津液の通りを妨げたりして滞った部分に痛みや重だるさなど不調を感じたり、滞るので必要なところへ気血津液が届けられず、結果、五臓の働きも悪くなるという悪循環を生じます。

水道管にあれやこれやゴミを流してしまうと詰まって流れが悪くなると同じ。
水道管ならば水のトラブル〇ラシ〇ン♪などに来てもらえば解決する!
以前、トイレ掃除に使っていた歯ブラシを「あっ!」という間もなく流してしまい、その直後はなんでもなかったのに、夜になってまったく水が流れなくなってしまったことがありました~
わなわなして水のトラブル♪に来てもらいましたが、直後なら簡単に済んだものに約1日使用していたが為に便器をごっそり外したりとエラー--大変なことになってしまったのですよ(´ノω;`)もちろん費用も万吉が何枚か?飛んでいった~


話を戻すと身体でも不要産物はとんだハプニングを招いてしまい、一時的なハプニングで済めばよろしいのですが、ニンゲンの体は徐々に徐々に溜め込んでいきがちなので、こういった不要産物を取り除くには時間がかかります。

不要産物としては
【痰飲水湿】=人体の局部に停滞した異常な水液 特徴は粘る汚いドロドロ
【瘀血】=血液の循行が緩慢になって停滞したもの、経脈から離れた血が貯留したもの
これらの原因はストレスや飲食、飲酒、代謝の低下(五臓機能の低下)などがあげられます。

痰飲水湿は風邪を引いた時の“痰”を思い浮かべて頂くとわかりやすいと思います。
瘀血はぶつけたり捻挫したりしたときに見る紫色のアザを思い浮かべて頂くとわかりやすいですね。
どちらも綺麗なものではないですよねー。



上記したガーガー頭に鳴り響く耳鳴りさんでメタボちゃんあれこれの症状から判断してもメタボが邪魔している場合もあります。耳鳴りの原因がメタボちゃんとは・・・

食事を見直し、適度な運動。
運動といっても通勤時に20分程度歩く、往復で40分/日から始めればいいと思います。
食事のバランスを見直してみましょう。お昼は単品炭水化物オンリーではなく、定食などをチョイス。

ついつい一人だと面倒になりがちな夕食、量を減らしたり、炭水化物の摂取を断てばいいかと、サラダだけ果物だけ、ビールだけなんて方もいたりして。

ちょっと気温が高くなってきて、春の陽気のせいもあるのでしょう。
不要産物は停滞するので、停滞することにより熱を発し、体が陽に傾きます。
すると外の陽気と内の陽気の影響で陽=熱傾向になってきて、夏野菜の多いサラダや果実の冷やす性質、潤す性質のものを欲するようなるのでしょう。
生野菜や果実→これまた痰飲が生じやすい。邪気が邪気を呼んでいます。


邪気が邪気を呼ぶ

類は友を呼ぶってやつです。。。

食事を見直す時に1週間くらい自分の食べたものを写メなどに撮って記録してみる。
すると偏りとかなに食べてんだ?とか客観的に自分を見ることが出来ますからね。
人からあーだーこーだ言われても実感湧きませんし、まずは自分で自分を知る。



メタボちゃんの場合、身体に不要な脂肪やらなんやらつけすぎると骨も筋肉も支えられなくなり、腰や膝に痛みを生じます。メタボちゃんは余計なものを体に積んでいるので動くのも億劫です、痛みを理由にますます動かなくなり、それでも口からの補給は変わらず、不要な脂肪やらなにやらは増えていき、もはやお手上げ\(;o;)/という状態になってしまいます。

痰が原因のメタボちゃん、それぞれ現れる箇所は違いますし、生活にさほど支障を感じないこともあるでしょう。
しかし粘着の性質を持つ痰が原因の諸症状、治すのには時間がかかります。

たかがメタボちゃんされどメタボちゃん

動きやすい季節になってきましたメタボちゃん&メタボちゃん予備軍の方、気づいた時がチャンスです!動き出しましょー!


ダイエットの我慢はストレスになりますので、過剰な食事制限はお薦めしませんが、やはり食生活の見直しは絶対に必要なことです&適度な運動


邪気を吹っ飛ばして健康・健美にお過ごしください♪

がんばれーメタボちゃん!
   ファーストフード

テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

アナウサギ VS オコジョ

イギリスの田園地帯に暮らすアナウサギ
“ピーターラビット”のモデルでもあり、その姿はなんとも愛らしくスリスリしたくなる。(特にあの鼻)
穴を掘って、地面の下は地下道になり子供を産んだり育てたりしているらしい。
どこにそんな知恵があるのかしらね~
そこはウサギの社会があって、ウサギのドンが穴にマーキングして縄張りを作っている。
どこの動物社会も縄張り作るんだわね。

で、そこでウサギの天敵になるひとつがオコジョらしい。
オコジョそれだけみればそう強面でもないのに、草食うさぎに対して肉食オコジョ

オコジョが現れると、ウサギは仲間に危険を知らせ逃げる逃げる穴に逃げ込み穴から穴へと逃げる逃げる=3
それでもオコジョも餌を得る為に必至なので、捉えられてしまうウサギもいる。
弱肉強食の動物社会。

可哀そうだけれど、仕方のない社会なのだな。
オコジョも生きるために餌は必要。


こんな可愛い動物たちの社会でも天敵というものがあるのだから人間社会取って食べることはないけれど、
天敵なる人物が存在してもいかしかたないのかもしれない。

外部からのストレスに弱くなっている現代人
どの時代も何らかの形でストレスはあったけれど、そこを乗り越えて今がある。

本来ないものには対応できないけれど、天敵はあるべきものなのだ!と思えば、乗り越えられないことはない!
と思ふ。

環境変化のある方も多い「春」
伸び伸び伸びやかな気を好む五臓「肝」の季節

心も身体も健康に健幸ライフをお送りくださいませ~♪



敵がいっぱい!ウサギの英国田園ライフ
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

夢ねー

夢=理想とでもいうのか?
こんな生活がしたいヽ(*>∇<)ノこんな場所に住みたい(v´∀`*)こんな自分になりたい~☆
と・・・
とりたててないなぁーと思うと、
なんて貧困な自分(´ノω;`)精神が貧困だー

なんとなく日々やることをこなしているつまらない大人になっているではないか!o(・ω・。)

と自分にがっかりして、コラージュでもしよっと
コラージュの知識はないけど、いいさいいさ

人には図形認識というすぐれた能力があって、視覚が行っているわけだけれども、視覚でとらえたものは意識の中に埋め込まれていく。忘れてしまったとしても潜在意識の中に居座る。
ということは一度形にして自分の中に刻み込むと「あれ~これどこかで見た景色」といつの間にか現実に現れてくるのではないか!と思う。

と、コラージュコラージュと思ったら、素材になる雑誌とかなんやら視覚に働きかけるものが・・・・
なーーーーーーーーい(´;ω;`)ウゥゥ

雑誌・・・買わないもん

うぅぅーーーまずは材料集めだ。。。


   未来へのイメージ


うーんやはり海のそばがいいよね。
湿気が・・・問題なのよね。。
現実的に考えるか?理想を考えるか?
こういうところが夢を失くす根源かと思ふ。。。
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

ツボを思う

ツボに関する書籍、雑誌特集がたくさん出ていて、ツボが親しみあるものになっているなぁーと思う。
初めて治療にいらっしゃる方で足にいっぱいなにかがついていたり・・・(・д・oノ)ノオット
どうやらネットで「〇〇に効く」といったツボの解説とそこにつける粒がセット販売されているらしい。
なんでここ~?と思うこともあったり・・・

こうして色々なグッズが手軽に使えるようにな時代、鍼灸師という職業もそのうち廃業を追い込まれるのではないか?
と思ったりして。

ツボBookなんかだとツボの位置は〇〇から指何本分と書かれている。(教科書的には寸表示)
その指は治療側の指ではなく受け手の指
その人自身がものさしなところは現代医学と違うところって感じる。

指何本分とかで位置を探るツボ
毎日毎日ツボさんこんにちは~とやっているわけだが、
最近やっとやっとツボの扉が開けてきたというか、まぁーまだそんなこともわからないのか?と思われそうだが、ツボの広がりとかツボの点とかを感じている。

疲労という訴えひとつとっても、バランスのよい食事をとって、気血津液もそこそこ調和がとれている状態で仕事して疲労感のある人の身体と食事はテケトー、気血津液は不足していたり不要産物があるという状態で疲労感のある人の身体を比べてみると、持っているエネルギーを消費して疲労しているという人のツボは点に近く、「おっここだ」と感じる。その大きさを思うとちょうど鍼先くらいの点だから、ツボがあって鍼が作られてきたのだろうなぁーなんて思う。
で、エネルギーがもともとなくて動かそうとしても動かないで疲労している(ガソリンの入っていない車を動かそうとアクセル踏んでるという感じ)という人のツボはぐわーっと広がっていてつかみどころがなかったりする。

治療を重ねていくと身体はかわる、ツボがツボらしくなってくるのかもしれない。

なるほど、ツボの広がりというのはこういうことか・・・・
とツボを探しながらそんなことを毎日教えて頂いている。
なんとも面白い仕事だ。


ツボを活かして健康・健幸ライフ♪・・・

テーマ: 心と身体 | ジャンル: 心と身体

ニンゲンさんは・・・?

BSプレミアム「月の魔法が命をよぶ グレートバリアリーフ大産卵」
「うぅーーーすげーなぁー」と思わずうなってしまった。

海中に住む生き物たちはそれぞれの子孫を残すために自然のリズムの中で産卵している。

グレートバリアリーフ・レイン島では亀が満潮時に陸に上がって砂を掘り掘り掘り掘りして産卵、その数2万6000匹
もう、どこもかしこも亀亀亀 涙を流しながら産卵している。。。
と思ったら、あれって涙ではなくて“ウミガメはエサを食べる時、海水と共に丸呑みするので、このままだと血液中に塩分が残り危険なため、 目の所にある塩類腺という器官から、濃い塩水を涙のように排出している”ということ

それにしても、満潮時に上がって産卵を終え、ほぉーと思っていたら干潮になってしまい、水中使用の亀のヒレは堅い岩場は危険物体
溝に落ちてはまってしまって何時間ももがいて血だらけになっていたりする。
カメラで捉えているわけだからニンゲンがそばにいるけれど、やはりここは助けるわけにはいかないのよね。
画面の前で「がんばれ!がんばれ!」って叫んでしまった。
おっちらおっちらやっている間に満潮時刻になり、亀はなんとか無事海へ戻っていって、あーよかった。

その後卵から子亀も誕生してくる。
もそもそ砂の中から出てぴょこぴょこ海に入っていくけど、なんで海に行くってわかるんだろう。
月に照らされた海に自然と足が運ぶのか?

その後親子の対面はあるのかのな?

生れた時から自立しているってことか。
いやー立派だ。


亀だけじゃない

海中では満月の大潮、小潮を察知して自分の卵を産むに最適な時期、それぞれの生物が産卵する。

なまこの産卵なんて考えたこともないけれど、あの真っ黒いどこが顔でどこがお尻かわからないなまこが自分の子孫を遠くまで残すため海流の強い海面めがけて産卵するために立ち上がっているらしい。(といっても足があるのか?)
このなまこのどこでそんなことを考えて行っているのだろう。不思議だ。

そしてサンゴの産卵
100種以上のサンゴが一斉に産卵する様は宇宙に煌めく星のようだ、その時間わずか15分程度
いくらの卵みたいのがぷわーって海に舞っていく。

これぞ生命の神秘なんだな~
これだけの種類が一斉に産卵しては混合してしまうけれど、そうやってサンゴは長い歴史を生きてきているらしい。

海中では満月、潮の満ち引き、水温などなどによってそれぞれが自分の産卵に適したタイミング(大潮だったり小潮だったり)をみているというが、自然リズムを察知する能力はどこからくるのだろう?


ニンゲンも時計やカレンダーがないころは空を見たり月を眺めたり風をよんだりして季節の移り変わりを感じたり、満月の時にはやはり出産が多いともいうけれど、朝も目覚まし時計をかけないと起きられないとかスマホのカレンダーに予定を記述してアラームでお知らせとか予定日を決めて出産なんてのもある。
自分の月経すらいつあったかもわからないという女子も多い。

ニンゲン社会は宇宙まで飛んで行けるほど発展しているが、これは進化なのか?退化なのか?
はたまた動物から機械への突然変異の途中、発展途上なのか?

ずっとずっと未来でニンゲンという存在は残っているのかな~
なんて海中生物を見ながら考えみたりして。。。

陸上動物にしろ海中生物にしろ、それぞれの行動を見ていると、各々の世界があって月や太陽、宇宙のリズムを感じて生きている。それを無視した生き方をしているニンゲンを彼らは不思議な動物として見ているのかもしれない?
俺らの住む自然をどんどん壊して俺らの領域にずかずか入りこんでと憤慨しているかもしれない。

いつかニンゲンが存在しなくなって、かつてこういう生物がいたなんてことを彼らが解き明かす日がくるかもしれない。

大丈夫かな~ニンゲンさん
この大宇宙の中で生きていけるのかな~

なんてことことを思うのだなぁ~



BS プレミアム「月の魔法が命を呼ぶグレートバリアリーフの大産卵」
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

おやつ

昨日の大嵐にはびっくり(´Д`υ)=3

突風に煽られながらコンビニに寄ると
レジ横にあるスタッフお薦め商品のコーナー(とは書かれていませんが)に“くまもんポッキー”(*゚∀゚*)

   くまもんポッキー

ついつい可愛いものに引き寄せられてしまうわたし、アラフィフだろうと可愛いものは可愛い♪
・・・というか・・・年と共に可愛いものに魅かれる度が高まっているような気もする。
まっ、そんなことはどうでもよい。
パンダポッキーに続いて、グリコさんくまもんとコラボを始めたのかーうぅぅぅ
しかーしこのパッケージに惹きつけられるだけで、結局食べないというパターンが多いので、魅惑のレジ横には手を伸ばさなかった。
グリコ&セブンイレブンの甘い誘惑には乗っからないよo(`・д・´)ノ
まぁーもともとあまり甘いものに目がないという乙女心がないだけなのですがね。

中医の問診では食や味に関する質問もする。
食事内容、好きな味、嫌いな味etc.

甘い物大好き(o´▽`o)という女性は多い。
クッキーやチョコ、お饅頭、ケーキetc.
常に甘い物食べたいー!という人はエネルギー不足を考える。
糖質はてっとり早くエネルギー変換されるので、やたらと甘いものが欲しいヽ(*´-з)人(ε-`*)ノ
甘いお菓子が食べたいからご飯(米)は食べない、という人もいるが、これは炭水化物をきちんと摂らないから直球で味わえる甘味を欲していることが多い。

女性で生理前になると甘いものが食べたくなる、チョコをやたらと食べるという人は血の不足が考えられる。
生理の前は妊娠時に備えて子宮に血が集まる。この時、五臓の肝に蔵されている血が関係するのだが、貯蔵庫が空になっては困るので増血しようとしている状態。血の材料は営気(気の一種)と津液(潤い成分)なので、やはり気を必要とするからエネルギーにてっとり早く変わる甘味を欲する。

身体が欲するということは不足の状態だからいいんじゃなーい(出来れば食事を見直してほしいが)
とはいうものの、チョコなどは脂質も多く脂肪になる~とか吹き出物が出る~とか甘い誘惑と闘って「我慢しています」という女性も結構多い。(ひょー意志が強い!)
んーでもなんかストレス溜まりそうだ~

そんな彼女たちにお茶うけとしてお出しする

   龍眼1
恐竜のたまごみたいだけど、龍眼という果実
生のものは食べたことがないが、形状はライチやブドウのようだ。

堅い殻をギュっと割ると

   龍眼2
しなびた黒い実が現れる。思いっきり噛んではいけない(>_<)なぜなら種がほとんどで果肉は種の周りにうすーくあるだけだからだ。
すごーく甘いわけではなくほんのり甘い感じ。
生薬にも使われるもので独特の甘さかもしれないが、私は好きだ。
「た、足りない・・・パタリ」という感じの時はついつい食べている一品。

甘いもの食べたい!でも我慢している!という我慢してストレスを溜めているあなた
お茶うけにいかがだろうか?


「龍眼」効能

性味:甘/温 冷え性の方にもおすすめ
「貧血なのでプルーン食べています」という女性も多いがプルーンは涼性なので冷えが気になる方はナツメや龍眼の方がいいでしょう。
効能:安神(精神を安定させる)補気(気を補う)補血(血を補う)健脾(脾を立て直す)など



美味しく食べて楽しく食べて健康♪健幸ライフ♪
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

誕生日

今日は祖母の誕生日
すでに現世でのお勉めは終えているが、生れから数えると101歳

子供の頃、祖母が泊りにくると朝方にはおばあちゃんの布団へもぐり込み、お話してもらうのが好きだった。
昔の話をよくしてくれていたのだが、それを現実の話としてではなく、お話として聞いていたように思う。

祖母の父親は満州でかなりの事業をしていたらしい。
ロシア人のメイドさんがいて、美味しい料理やらお菓子を常に作ってくれて、毎晩人が集まってパーティしていたとか。
馬賊の話とか将校さんの話とか・・・
それはそれは華やかな楽しい時代だったとか。

ホントの話か単なるお話なのか?今では想像もつかないような話がいっぱいあった。
私にはどちらでもよかったのだが、ワクワクするような話だったのは覚えている。



かなりぽっちゃり体形だった祖母
ダイエットダイエットと言っていて、亡くなった時に片づけをしていたら押入れからは買ったけれど使わなかったらしきダイエットグッズやダイエット食品みたいなものがわんさか出てきた。
いつもコルセットをキューと身に着けていたし・・・


なぜに痩せないか・・・
まぁーどちらかと言えば洋食好き(こってり)で紅茶にはジャムを入れて飲んでいた。
「もぅー紅茶にジャムなんて入れていたら痩せないでしょ」と笑っていたのだが、戦後は女で自立できるようにと手に職つけて頑張ってきた祖母。
きっと満州で過ごした華やかな時代を懐かしんでいたのだろうな、と今になっては思う。
84歳で亡くなったが、大正・昭和・平成と生きた人の歴史をもっと聞いて記憶に留めておけばよかった。

Happy Birthday to grand mather

   100歳
最後の誕生日の写真

テーマ: 日記 | ジャンル: 心と身体

あれから3年

2011年3月11日 東日本大震災から3年
もう3年なのか?
まだ3年なのか?
それぞれ思いは異なることだろう。

地震にまつわるTV番組も多くあるようだが私は見ていない。
インターネットでは防災グッズの販売が続いているが何も用意していない。

なにかが違う気がする。

あの時、日本中が今まで不自由なく暮らしてきた中、エネルギーが無限ではないこと。
当たり前の日常が永遠ではないこと。
色々なことを感じていたはず。


あれから3年
少なくとも私は何か学び変わったのだろうか?

スポーツクラブの更衣室であの地震直後でさえ見た、そして今夜も見た二刀流でドライヤーを使う女性を横目に自らの身によほどのことが起きない限り、人は変われないのだろうか?

とあれから3年たった今、考えている。




3/11を前にちょうど読み終えた「複雑系の知」(田坂広志著)

複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知
(1997/09)
田坂 広志

商品詳細を見る


「客観主義の病」の中で綴られている言葉を読みながら
21世紀の今も変わらず流れているのを感じ、自分が傍観者でしかないことを感じた。

あの日のことを忘れてはならないし、あの時に感じたことを忘れていけないのだと改めて思う。
そういう意味でメディアも3.11を扱ってほしいなと思う。



「客観主義の病」一部抜粋・・・長くなるので興味のある方は続きで・・・
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

サンキューの日

昔、友達に誕生日いつ?と聞いたら
「サンキューだぜ」
と言われ、こいつ早くもプレゼントおねだりか?!
と思ったら、「3月9日 サンキューだから忘れないでね」ということだった。
彼曰く、生れたその瞬間から感謝しているのだと自慢げに語っていた。

「ありがとう」と言われて嫌な気分になることは滅多にないと思う。
新入社員の頃、おじさんに囲まれ部署では女の子ひとり。しかも個室の部署。つまらん。
無駄話することもなく、仕事をしながら人間ウォッチングをしながら日々過ごしていた。
おじさん達は(たぶん)みな一生懸命お仕事お仕事
あの時代はコピーして!とかファックスして!とかそういうお仕事も女の子のトレイにポイポイ投げ込んでいたおじさんたち
いちいち反応するのも面倒なので、トレイに投げ込まれることには無反応「へーいやっておきまーす」くらいに思っていた。
この投げ込むっていうのが無償に腹立たしい。「これ!」って付箋をつけて人のデスクに紙飛行機を飛ばすかのように投げ込んでくるのだから。。。むかむか。。。だから痩せないんだよ!とか常にダイエットしなきゃと言っていた上司には仕事をしているフリをして心の中で叫んでいたものだ。

しかーし、私がメインでついていた部長は違っていた。
「もちづきさん(わたしにこと)これお願いね、これどこどこにファックスしておいてね。」
と面と向かってお願いしてくる。
とっても忙しくて、日本と海外を行ったり来たりして社内にいる日というスケジュールでもあれ~どこ行った?
と探し回るほど。
でもお願いしたいことはもちづきさーんとお願いしにやってきて、出来上がりに関してはもちづきさーんありがとう。
と必ず感謝の気持ちを伝えてくれていた。
大した仕事をしていたわけではないのに、ものすごーく嬉しくて、どんなに面倒なことでも時間に追われていてもこの人の仕事はきっちりやるぜ!と思っていたものだ。

20歳そこそこの女の子は出世する人物とは下のものに「ありがとう」のひと言が言える人だ。
と確信した。

あっ、ありがと!とついでにうわの空でいう人はいたかもしれないけれど、しっかりこちらを見て「ありがとう」と言ってくれる人は当時の社内ではなかなかいなかったなぁ~と思う。


時は同じころ、20歳そこそこで付き合っていた彼は左ハンドルの車を運転していた。
まだETCなどという自動ドアはなくて、高速道路の料金所には必ずBoxの中におじさんがいた。
で、左ハンドルなのでおじさんとのやりとりは助手席の私のお仕事
料金を支払い、領収書を受け取ると、「すいません」となぜか日本人に多いこの挨拶が出てしまう。
彼に「なんであやまるの?、ありがとうでしょ!」と言われ
「あっ、そうか」と目から鱗
以来、「ありがとう」と言ってきたのだが、おじさんはもういない。。。
助手席のポジションをなくした私におじさんはひと時の憩いの場だったのに。。。
(料金所では名札の名前を見て、名前付きでありがとうと言うのが私の習慣になっていたのよ。)

スーパーやカフェ、ショップで見ず知らずの人に対してだって何かしてもらったら「ありがとう」
道を譲ってくれた人に「ありがとう」
言う方も言われる方も悪い気はしない「ありがとう」

最近のやり取りの相手はvs機械という場面が多い。
なんかちょっと寂しいよね。


今ある自分はたくさんの人、物に囲まれてここにあるのだから
感謝すること、日々忘れないように

   カンパニュラ花言葉 感謝
感謝の花言葉をもつ花はいくつかあるようですが、私の好きなカンパニュラもそのひとつ
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

虫も動き出す啓蟄だよ

3/6は二十四節気で「啓蟄」にあたります。
「啓蟄」とは土の中で縮こまっていた虫(蟄)が穴を開いて(啓いて)動き出す日のことです。

ふーん
昨日あたりからまた冬っぽい寒さな気がするので、虫さんもちょびっと顔をだしてまだか・・・とまた土の中にもぐってしまったのではないでしょうかね~
しかも今日は雪降ったし。。。あせるぜ、おいおい!

自然とは不思議なものですね。
まだ寒いなぁーと思っていても、公園の桜の木を見ていると枝がぽわーんとピンク色に包まれているように見えますし、我が家の鉢植えもつい先日までカリカリだったものが芽を出してきています。

虫さんがもぞもぞ出てくるようにニンゲンさんも活動エネルギーが湧いてくるころです。
春の気の動きは成長、活動、発散と外へ外へと伸びていきます。
ついていけそうですかね?
最近のニンゲンさんは年中暇なしって方も多いし、1~3月なんて期末でめちゃ忙しい
||ョ-ω-)ジィィィッ
と、エネルギー温存どころか枯渇状態ですよね。

ホントは今頃準備万端!状態でいるべきところですが、まだ春にジャンプする余裕ないわ~
という人は春分あたりまでには疲れをとってエネルギー補給をしておいたほうがいいと思います。

啓蟄~春分までの旬の食べ物にトマトがありました。
ビタミン豊富で栄養価が高く、ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺があるくらいです。

中医学では
生津 平肝とあります(他涼血、止渇、健胃、解暑)
春になるとめまいやのぼせ、ほてりなど上部になんらかの不調が現れやすいのも春・肝の気は上へ昇る性質があるからです。
昇る原因としては潤い不足(陰虚)により、熱が勝る為なことが多いです。
潤い不足は何も飲み物を取っていないからというわけではなく、過労やストレスからも生じます。
潤い不足なら水を飲もう!では解決しないのでご注意ください。(水飲み健康法ってどうなんだかな~)


乾きの症状や部分的(特に頭部や顔)に熱を感じる方はトマトを使った料理など今時分いいのではないでしょうかね。
頭部の乾きでは熱でなくても痒みなんていうのも最近見る症状のひとつです。

   旬トマト



二十四節期は農作業の目安となっていたものですが、今ではビニールハウスや化学肥料、はたまたLEDによる光源によるムリムリな栽培で野菜にも季節も何もあったもんじゃないわ=3状態
スーパーには一年中並んでいる野菜も少なくないですね。
でもやはり旬でない時期はおいしくない。
無農薬とか有機農法なども気になるところですが、実際のところこの辺もどうかなぁ~と思いますし、ホントーに信用あるものってこの都会で手に入れるのはすごく大変です。
真冬に夏野菜バリバリ食べるより、まずは旬のものを食べる!ってことを意識していくといいかなぁ~と思います。







健康で健幸な春を迎えましょう♪
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

「北風と太陽」

今朝、通りを歩いていると髪の毛が逆立つほどの突風でしかもさぶい(*゚ロ゚)ノ
でも日当に入ると春を感じさせる太陽燦々

「北風と太陽」みたいな日だな~(o-ω-)。
北風さんはどう頑張っても服を脱がせられないだろう~
突風だと衣服を握りしめ身を縮めるよな。。。
やっぱり太陽さんよね~
2月でもホカホカの日はコート脱いじゃってたも。
人は優しさに包まれたいのよ~♪




まぁーご存知の通り北風さんと太陽さん、どちらが旅人の服を早く脱がせるか!?って話です。
むりむり風の力を使って剥ぎ取ろうとする北風さん
暖かい陽を浴びせてあーコートは必要ないんだな~って思わせて自分からコートを脱がす太陽さん

人間、力づくで相手をどうにかしようとしても変わらない、自分からその気にならないと行動しないってお話ですよね。


治療という仕事をしていてもそう思います。
どんなにこれがいいよーあれがいいよーこうした方がいいよー
とアドバイスしたところで、相手の心に響かなければただの無駄な話で終わってしまうのです。
心に響かない理由としては

◆治療側の未熟さ故に信頼度が低い
◆受け手と思考があまりに異なる
◆聞き入れる余裕がない

などなどですかね~

治療側は魔法使いではないので、(魔法使いならいいんだけどねと思うことは多々あるが)手をかざすだけでたちまち元通りとはいきません。
私の場合人を診てその人が今どういう状態にあって、何をした方がいいかをお伝えするお仕事です。
その際に鍼灸というツールを使いますが、それはあくまでも道具に過ぎず、やはりご自分が動かないことには何も変わらないのです。
鍼灸は魔法の杖ではないので・・・そういう先生も確かにいます、でも私はテクマクマヤコンテクマクマヤコンのコンパクトもラミパスラミパスルルルルルルーの呪文も持っていないのです。


で、独立してしゃかりき(だったのだと思う)だった頃、治さなければ!治さなければ、なのにどうして言ったことやってくれないのぉーーーーーと思っていました。

でもね~ある日これって私のエゴかなぁーと思ったのですよね。
“私が治したい”のであって相手はどうなのだろう?

自分(クライアント)が“治したい”という人は、お伝えしたことをやってみます。
嘘かホントかわからないし、いいか悪いかわからないけれどやってみます。
男性の方では食事に関して家に帰り奥様に伝えて協力してもらっていますという方もいます。(いい奥様だぁ~)
そして症状は完治しました。
治療をしていて思うのはやはり自分次第ってことです。

私は自分のエゴかなと思ってからは選択するのは「あなた」です。とお伝えしています。
世の中色々ありますから。わははははー
(これが商売につながらない所以でございまする)

あなたの為にこんなに頑張っているのにどうしてわかってくれないのぉーーー

色々な場面であることではないでしょうかね。



必要なことならいつか役立つこともあるでしょう。
子供の頃、大人に言われたことが今になってようやく理解出来るように・・・
いつかどこかでちょびっと御役にたてたらそれはそれで嬉しいことです。


と、北風戦法では変えられないんだよね~と感じた朝です。








子供の頃、「北風と太陽」のお話を聞いた時・・・
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

女の生き方

日曜朝 「僕らの時代」阿川佐和子×大石静×安藤優子 後編
見ましたよ、かなり楽しみにして。

アラフィフな私にはアラシックスのお姉さまたちの意見はとっても面白い。
自分の中でポケベルを学生時代に持っていた世代との間に境界線があって、ここらあたりで社会環境やら思考が変わったと思っています。
なのでアラフィフの私の思考はアラシックス寄りに深く頷いてしまいます。


この日の話題のひとつ、阿川さんのご意見はアラシックスというよりも一人で生きてきた女としてだと思われますが、

男はラブな関係の女の子って自分の弱みを上から叱られたり、自分より優秀だってのは困るのね。
「なんにもわかんないんでしゅぅ」みたいな子を「ようし、俺が教えてやるからな」。そんな相手にそばに居てほしいのだと言っています。

今の草食男子や雑草男子たちには当てはまらないかもしれませんが、我々世代の男はそうだと思います。
そしてあなたについていきますぅーあなたなしではいられないっていうのが女の子

阿川さんは頭のいい女を見て一緒に飲みたくないといった男性に「あー男って結局ね~」と半ばあきれたのでしょうね、男なんてちっちゃいちっちゃいぜ!
でもたぶんそこをわかって「わかんないんでしゅー」と言えてしまう強かさももっているのも女なのですよね~


男女雇用均等法なんて言葉が出た頃から結婚は晩婚化し少子化となり、そして女がどんどん強さを増していっています。
強かさを忘れて生きることに強くなり過ぎた女は、ほら!こうして子孫繁栄とは無縁の位置づけにいます。
こんな女ばかりになってしまっては日本の未来はなくなってしまいますものね。

だから女はやはり「なんにもわかんないでしゅー」と「あなたおねがーい」と言って男に甘えているのが平和なのだと思いますよ。
もともと男は狩りに出る習性があり、女は守る習性があるのだから。

まっ、私が言っても説得力ありませんけれどね。。。
女の生き方色々ありますが、婚活中の方は心に留めておくといいかもしれないかもしれませんね~





テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

サンサンデイ

「今日は楽しい雛祭り♪」

「雛祭り」遠い記憶を探ってみれば、お雛様を飾り、お内裏様とお雛様握りなるお寿司を作ってもらっていました。
鶉の卵が面となり、海苔が髪の毛、黒ゴマが目、薄焼き卵で着物
子供の頃の行事は大人になっても記憶に残り、子供がいれば受け継いでいくのでしょうね。
残念ながら・・・私は継承していませんがね。
同じ環境で育った姉は子供達が小さい頃、この握りずし雛人形を作ったら
「お母さん、これスノーマン?」と言われたとか・・・hahaha大きな握り(?)だったのかしらね。
これでは我が家の雛祭りは継承されない気がするが・・・残念・・・


お雛様は一種の魔除、おまじないということですよね。
もともと人形が子供を病や災害から救うという役割

人形(ひとがた)は「陰陽師」などで出てくる式神(しきがみ)の一種で人間の身代わりになってくれるもの。
大昔は土地を築く際におまじないで四方に人間を神の生贄として埋めていたのが、時代と共に人形や木片になっていったということです。(怖い話だな~時代が変わると常識が非常識になる、現代が過去になったら何に対して未来人らは驚愕するのだろう)

お雛様って一年に一度しか箱から出してあげないからでしょうかね。
なんか、独特の雰囲気をもっているような気がしていましたが、何か秘めているのかもしれませんな。。。

我が家の雛人形はずい分と年を取ってしまったし、今では箱に入ったまま・・・
人形供養にでも持って行ってあげようかな。


そうそう、今日は三月三日でお月様は三日月です。
サンサンディですよ。
なんかいいことありそうな、あると思えばきっとある~♪

Bon Apres-midi!


     雛祭り
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

骨盤の開閉

さて、前回はクリパルで行った第1チャクラの話をちらほらと書いていました。
追記でひっそり書こうかなと思ったのですが・・・別枠でひっそり書くことにしました。

第1チャクラの位置は肛門と性器の間とあります。
ということは肛門と性器の働きにも密接に関連するということです。
第1チャクラが弱まると尿漏れや便漏れなど漏れてはいけないものが漏れてしまうということは前回も書いております。
これを中医で解釈すると腎の気には固摂作用として尿や便などを漏れ出ないようにする締める働きがありますが、幼児はまだ腎の気が充分でない為、お年寄りは腎の気が不足してくる為、腎気不固となり、知らぬうちに“ジャー”と漏れてしまうことがあります。
幼児は成長と共に腎の気は増してくるので心配ないでしょう。小学校後半になってもお漏らしをするというようなことがあれば、少し考えた方がいいかもしれませんが。
加齢に伴う場合はは腎の気を補っていくことが必要です。
そして第1チャクラを意識していくことも漏れによいそうです。

~腎の気は先天の精とされ、誕生してからは脾より生じる後天の精(飲食物と大気中の気より得られる)により補充されます。こういったことからも日頃の食生活や呼吸法は大切と言えます~
ということで、第1チャクラを意識して、股間にピンポンボール大のものを挟んでいるとイメージ。
それを落とさないように締めていきます。キュキュ

女性の尿漏れ改善にも尿道括約筋を鍛える!とありますよね。



さてと、しっかりと締まったでしょうか。





ととと、、、帰り道々
(´エ`;)(´エ`;)(´エ`;)
やってしまった。。。。と気づくがすでに遅し

腰を・・・・(´エ`∥)
私は日頃から骨盤は閉じたり開いたりしている、特に女性は・・・(うんぬん)という話を他人様にはしている身です。
一日の中でも骨盤は閉じたり開いたり、そして女性は生理周期に合わせて閉じたり開いたり
この日の私の体は排卵日を過ぎ、骨盤はだらりと開いていく時期でした。
身体は開こうとしているのに反して閉じる方向に働きかけてしまったせいで、骨盤がギシギシと音をたてて締めつけられ痛みを発してしまったようです。ウググググ


昨年3月にも同様の腰痛でえらーーー目に合い、1,2,3歩歩くと激痛=3という経験をしているので、早々に唯一の技術を活かし私の手の長さからやっとこさ届く腰へと刺鍼、灸でただ今治療中。
だいぶ良いですが、油断禁物といったところです。

この日のクリパルヨガを否定するわけではありません、ヨガの前にサーフィンをしていたことも原因のひとつであり、自分のカラダの声を無視してフィジカル面に働きかけ過ぎたことが原因です。
私はちっとも内面と対話出来ていなかったという、残念な結果でした。。。(反省)

自分への反省の意を込めて・・・ここに残しておくことにしまする。(´;ω;`)ウゥゥアタタタ

オンナは締めればいいというものではない。


参考までに「骨盤のリズム」

生理中:骨盤は開いている
生理後~排卵期:骨盤は徐々に閉じていく
排卵期~月経前:骨盤は徐々に開いていく

     骨盤リズム
テーマ: 心と身体 | ジャンル: 心と身体