落ちる(lll゚Д゚)ノ

1月もあと数日かぁ~
一年12か月なんてあっという間なんだって感覚をひしひし感じている今日この頃。

年末にiPad miniを買って、ブログもカキカキ...φ(`・ω・´)φ...していたのですが、
なんかiPadで書いていると調子が悪くなるのですよね。
別サイトを新規で開いたりすると、今まで書いていたものが真っ白(゚Д゚ノ)ノ になっていたりどうなっているのかしら?
iPad・・・・ブツブツ

とまぁ~こういう些細なことからなんだかえぇーーーーってことまで
なんとなく、パットしないわけです。。。。
バイオリズムを見たらきっと下降線なんじゃない?と思いますが、あえて見ませんよヽ(・ω・)ゞ゚
視覚に負けそうなので


言葉の力に負けるとしたら
そうです、2年間の天中殺期間
天中殺ってこの響きが悪い。とてもハッピー(*^_^*)って感じはしない。
何かうまくことが運ばないと「天中殺期間ですから~(^p^)と
自分の行動に責任拒否して言葉のせいにしたりする。(あくまでも私の場合です)
「天中殺」に完敗!

がこの立春でキラ~ん+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:.明けるんですよね。
ここから外へ向けてのエネルギーがぐぅーーんと伸びていっていい時期
なので今は飛び上がる為にしゃがんでいるって感じでしょうかね。
そう、天中殺の最後の時間だから、こうもああも、あわわわわゎーーーなのでしょう。
(そうでも思わなきゃやってられないわーってこともあるのです)

まぁ、そういった言葉に負けない自分でいたいとは思いますが、
時には何か理由をつけたくなる時もあるわけです。



先日、あんだかんだとまた一日が終わり、帰宅して、お風呂に入って、お風呂場拭きをしていたのです。
天井は湯船の縁におっとっとって立ちながら拭き拭きするわけです。
そして毎晩、あーーーいつかこれ落ちるよね~と思うわけです。
足腰丈夫でいなきゃね~と



「いつか」

いつかはやってくるのです。

“いつか、いつかやろうと思っていたのよ”

ということは、いつかやらねばならない時がやってきて、見て見ぬふりをしていた自分を嘆いたりするのです。

そう、「いつか」は避けては通れない道のりなのです。




天井のあっちの方を拭こうと手を伸ばしたら
「いつか」が訪れ

まずはズルっとバスタブへ落ち、(その間も肘とかうっていたな)
そしてバスタブに着地した後はズルっと滑って転んで
まぁー聞くに堪えない音と見るに堪えない姿で沈んで(?)いったのでした。




落ちる時ってとことん落ちるもんなんだなぁーと
天井を見上げながら思いましたです、ハイ…(-ε´- )…(


1週間程前のことですが、
未だ肘頭が痛みます。・゚・(ノД`)・゚・。
スポンサーサイト
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

カピカピ素肌

鏡開きが過ぎた(だいぶ過ぎた)先日、お餅を細かく裁断して、カピカピにするべく只今干していますウン♪(・∀・` ○)

鏡開きは1月11日に正月の間に供えていた鏡餅を下げ割り砕いて無病息災と延命を祈願して食べる習慣だそうです。
また武家社会では餅に刃物を射れるのは切腹を連想させるので縁起が悪いとされ、木槌などで砕くようになったとのこと。
ここに現れるお餅は生でそのまま供えてあるのでしょう、正月の間お供えしていればある程度乾燥して砕くことも可能なのでしょうが、都会の餅は“真空パック”なのだぁーーー

ということで我が家では毎年刀(包丁ね)を入れております。


と・・・・・今日のお題は「カピカピ素肌」ですね。

この時期ちょっと触れ合った人と‘パチ’ぁゎゎゎ・・・・ヾ((`゚ェ゚´;))ノ と静電気を発する機会も多くなったと思います。私なんぞ、髪の毛が乾燥しているのか?!(←たぶん伸ばしすぎて傷んでいる)もわーーーーっと逆立ったりしちゃって(+o+)

まぁ~そのくらい乾燥しているってことです。

外がこれだけ乾燥していると内もけっこう乾燥しているわけです。
外の環境は内の環境に影響しますからね。


お肌だってちょっと気を抜くと((ノ)゚ω(ヾ))カピカピです。
足のスネが白くなっていたりしませんか?(結構いますよ、男女を問わず)

カピカピ素肌ってことは、すべすべ素肌でないということで、
肌理も粗くなっています。

網戸の網目って最近は普通目とか細かめとかあります。
私は夏場の虫対策もあって(木が多いので、小さい虫が遠慮せず入りやすいヾ(○`з´)ノプンプン!!! )細かめ網戸にしています。
そうすると虫もあまり入ってこなくなりました。

肌理の粗い肌というのは普通目網戸かそれ以上の大きさの網目の肌なのです。

外の余計なものが入りやすい。

ということは風邪(ふうじゃ)にやられやすかったり、インフルエンザやノロのウィルスだって入りやすい。
バリア機能の低下なのですね。

中医学ではバリアのことを衛気といいますが、衛兵隊の衛、まずは外の世界からの進入を防ぐ気が身体には張り巡らされているのです。

カピカピ素肌では衛気は低下している証拠



美しさはもちろん健康の為にもカピカピ素肌ではなく艶艶素肌を心掛けましょう。




冒頭で書いたカピカピ餅はもうしばらくしたら、あられ煎餅に変身する予定です(^○^)ウマシ



テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

幸せってなんだ?!

小寒を過ぎてから寒さが身に染みるような気がしますが、私だけでしょうか(σ・´ェ`・o)?
七草粥は食べましたか?セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ
残念ながら・・・私は食べていません(;^^)v
お正月にご馳走を食べて7日辺りは胃を休めるということからきている粥ですが、お正月もご馳走(?)をたらふく食べた!ということもないので、まぁよしとしましょう。


心身の健康が健幸人生!そして世界平和!!
なーーーんて書いている健幸イズムですが・・・
(否定ではないですよ、そうなって欲しいって祈っています。・ω・)。_ _).+゚)
健やかで幸せな状態ってどんな状態なんでしょうね~


健康は心身が健やかな状態ですね。
たとえ何かの病に苦しみ悩んでいる方だとしても、心ポジティブに病と闘っているのならばそれも健やかであると思います。
もちろん、痛いとか苦しいとかいった状態がないことがベストですけれども、それがなくても健康ではないなぁという人は前回φ(・ω・。)かきかきしたように不健康なこともあります。


幸福は幸せな状態ですよね。
幸せってなんだっけ?
幸福度それぞれ違いますよね、きっと


年末に今年を振り返るとどうでしたか?との質問に
行きたかった大学に入れて、夏に彼氏が出来て、彼氏とクリスマス過ごせて~”o(*゚ω`*)o”runrun幸せですぅー
と言っていた女子がいましたね~(ラジオ番組にて)
ふーん、そうか20歳なるかならないかの女子にとってはもぅこれでハッピーハッピー♪なわけよね。
そうだそうだ。
残念ながらクリスマスシーズンに彼氏のいない20代はちょっと寂しいし、「あーなんて不幸なの、誰か不幸を分かち合おう!」と彼氏のいない女子の集まりなんてあったりして


30代はどうだろう?40代・・・
と年を重ねるうちに世間のイベント事が自分の仕事やら何やらの都合をつけてくれることはないのだ!ということを知り、ただの鬱陶しい代物になっていったりするのだねー

幸福度も年齢や環境で変化するということです。


幸福という字はどういう意味か?

「福」は
へんは衣=衣服
右下は田=食物
右上は住むところを表している

らしいです。

では「幸」

象形文字では

  象形文字幸

幸の始まりはこんな風に表現していたようです。

これは「手錠」だそうです。
わっぱはめられて幸せ?
この寒空の中、寝る場所なくてちょいと務所へでも・・・・という方でしたら、
「暖かいところで眠れるzzz幸せ~」なのかもしれません。

「幸」の漢字が出来た頃、秦の始皇帝が月からも見えるようにと築いた万里の長城
末永く守る為にと戦争で捕虜になった人を人柱として埋めたそうです。
一方で手錠を掛けられ、労働に回される人もいたそうです。


人柱として埋められてしまう人から見たらこの手錠が幸せへの道なるものとして映っていたのでしょう。


強制労働させられる人から見たら終わりのない過酷な労働ならば・・・と思った人もいるかもしれません。


まぁー「幸」の字の成り立ちを見てみると、とてもルンルンするようなものではないようです。


「幸福」の文字から考えると着る者、食べる者、寝る場所があって、人と比較してまぁまぁいい暮らしが出来ていれば幸福ということでしょうか?



物質的なものならば、時や環境と共に変わっていきますね。
いつの世もブームがあり、今日欲しかったものが明日には何?それ~?となっているかもしれない。
またはこれを手にしたらもっと上の物が欲しくなるかもしれない。
どんどこどんと、エンドレス

物質によって満たされた幸は益々人間の貪欲が出てきて結局手錠をはめられているようなものということなのかもしれません。



ロスト・シンボル (下) (角川文庫)ロスト・シンボル (下) (角川文庫)
(2012/08/25)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

「ロスト・シンボル」ダン・ブラウン著



毎度おなじみラングドン教授が巻き込まれるこの話。

この中で全身刺青の男、マラークは最も崇高な人間になるために我が身を滅ぼすのだけれど、崇高な人間になるピースなどはなく、もっと身近なところにこの世の崇高なものはあるのだと最後ピーター・ソロモンはラングドン教授に伝えて終わる。

**正直、ダン・ブラウンさんはこの作品ではいつものようにあれこれあれこれ歴史と絡み合わせて事件をひも解いていくのだが・・・最後の部分を言いたかっただけな気がしたなぁ~と個人的な感想***


そう、人間の幸せは人と比較することでなく、物質に満たされることでもなく、もっと身近なところにあるものだのでしょう。

幸福という字は私達へ欲望に取りつかれないようにと伝えているような気もします。



不幸だ不幸だ!
と嘆いている時ほど、身近なところに忘れ物をしているのかもしれませんね。
物質に縛られず、人と無駄に比較することと離れると本当の意味での“しあわせ”が見えてくるのかもしれません。


2014年、あなたにとっての“しあわせ”を見つけてくださいね。




心と体の健康で健幸人生を~♪


テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

世界平和に繋がる健康〜健幸人生♪

2014年よいお天気に恵まれてみなさまよいスタートとなっっているのではないでしょうか?
もちろん雨も必要ですが、私なんぞは休みの間にあれこれやりたいことが山積みなのでやはりお天道様がニコニコしてくれている方が事がサクサク進むんですよね。

新年!新年!と言っていても時間の経過は常に一定で、今日はもう「小寒」ですね。
寒の入りで冬の寒さはこれからが本番、最も厳しく感じる時(ノω-;)
うぅぅぅ‐‐‐‐‐海に入るには厳しい季節です。。。


さてと・・・・
ちょっと振り返ってみます。
こちらのブログ・健幸イズムを始めたのが2013年の2/11とあります。
普段カーチャ治療院でみなさまにお伝えしていることをブログにまとめてみようかなと思ったのがきっかけですが
治療院にいらっしゃる方のほとんどは体のどこかに不調を抱えている方が8割
主訴(もっとも不調を感じていること)へのアプローチですが、その背景にある身体全体を診ていくので今まで普通だと感じていたことが改善されたり(例えば風邪を引きやすかったとか便秘とか食欲不振とか)するわけです。

体調不良から体調良好になることはとても素敵なことです!
世の中が違って見えてきたりすることもあります。

でも、できればまぁまぁこれといって病院のお世話になることもないという状態でいるうちに
日々の生活にちょこっとした工夫をすることで身体も思考も健康でいられて、活動できて、つまらないことで争ったりすることもなく、日常生活の平和、そして世界の平和に繋がる!

と思うわけです。




特に病気と名のつくものはないけれど・・・
ほとんどがそうだと思います。

でも、世の中を見ていると、道端でちょっと肩がぶつかった(時にはわざとぶつかってくる人ってのもいますねー)ぐらいでギャーギャー喚き散らしている人がいたりします。
どこかバランス崩していますね。

最近ちょいちょい感じることには、とあるチェーン店のコーヒーショップでのこと
ここのお店、いつ行ってもどのスタッフでも無愛想
これってお店の方針かな?
と思うくらいに無愛想
「飲むのかよ!飲みたいのかよ!」
ってな態度です。
顔もなんだかどす黒くて(私にはそう見える)目に輝きはなく、もちろん言葉に覇気はなし
見た目だけでなく、サービスも出来ていない。
お客さんがカウンターで注文しようとしているのに、あっちの方へ行ってしまっていたり、
カウンター内で喋くっているのなら汚いテーブル(いつもパン屑とかアイスカップの水びたしが多い)を拭いて回ったりすればいいのにと思わされます。

嫌ならやめればいいのに・・・
と心の中で思ってしまいます。

店長と思われる方がまぁーまぁーどす黒さん
私が見るに瘀血の形相です。
問診せずとも相当身体の流れは悪そうですね。

そんなお店だけれども、近所で便がいいからと行く私も私ですが・・・
チェーン店だからこれといった努力をせずともネームバリューで人は入っているので改善しようなんて気にはならないのでしょうね。

こういう姿を見ていても心身の健康ここに非ず
と思ってしまいます。


心身が生き生きしていないのは顔色・顔つき・態度・発声に現れていますね。
ここに平和は感じられない。


ひとりひとり
自分の心身と向き合って、自分の心身に気遣ってあげられたら
ひとつひとつの場が健康で健幸にあふれて、昨年流行語になった
「お・も・い・や・り」が自然と行われてくるのではないかと思います。


心身の健康から健幸な日々
2014年、今年も中医学をベースにたんたんと綴っていこうと思います。


みなさんも自分の身体と向き合ってみて、まずは自分の心身へお・も・い・や・り



世界平和にまで繋がるよ、健康〜健幸人生♪
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

2014年あけましておめでとうございます

2014年 午年 今年もよろしくお願いいたします。

新月と共に迎えた2014年 皆様いかがお過ごしでしょうか?
大晦日から年明けにかけて夜空を見上げると星がとても綺麗でした。
横浜みなとみらいでは花火 中華街では爆竹 港では汽笛が鳴り賑やかな年明けです。

子供の頃から聞いている汽笛
私は除夜の鐘というよりこの汽笛で毎年新年を感じています。


大人になると年が変わったからといって、必然的に変わることってないのですよね。
だからこそ目標設定とか必要なのかもしれません。
私も脱OLして鍼灸師という免許を頂き10年が過ぎました。
そして独立開業してもうすぐ8年目
早いです。

10年を節目にもう少し大きなニンゲンに成長すべく
そして年齢的にも50歳という節目にはもう少ししっかりと地に足つけて歩んでいるニンゲンに成長すべく
今をひとつひとつ丁寧に生きていきたいと思っています。

あれこれ問題は山積み(?)ですが、一つ一つステップアップ
kenkoulabもブログのみならず、少しずつ形にあるものに成長させていかねば!!!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



   2014明けましておめでとう
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体