夢に見る自分

最近よく夢を見ているかも
基本3秒で寝落ちして、朝パチっと目覚めるわたし

夢をよく見る→血の不足
と中医学では睡眠に関することは血との関係性を考えるのだが

血不足かにゃ~


子供の頃から印象に残っている夢のストーリーには共通することがある

すごく危険なシチュエーションの中、何かに追いかけられ、追い込まれている
走ってその場から逃げようとするのだが、足はものすごく重くて
*あーーーなんで逃げているのだろう、いいじゃないか、取って食われてしまっても***

と思う。
そして、私は立ち止まって、その危険な香りの人だか獣だかなんだかわからないものと面と向かうべく
立ち止まってあぐらをかいて構えている

危険な香りのする相手とは未だ対面したことはなく、そこで大抵は目が覚める
情緒豊かだった頃(?)年中、転寝しても“金縛り”にあっていた時期があった
その時は目が覚めても動けなくて、すぐそこにまだその危険な香りの相手がいて恐かった記憶がある


この手の夢を解析したことはないのだが、
実によく私という人間を映し出しているなぁーと思う


そこで闘いに挑むことが出来れば、もう少し成長できるのかもしれないのだが、
逃げていることに疑問を感じて、闘うことに疑問を感じて
もぅ、どうにでもしちゃってよ。
煮て喰おうが、焼いて喰おうがなんでもどうぞ(・`ω-)=зアッソ

追い詰められたら全てを棄ててゼロにしてしまえ!
一度死んでしまえばいいさ

そんなところ


友人たまきさん曰く
死ぬといいという
彼女は何度も死んでいるらしい⇒ たまきさんブログ(*`σェ´*)フムフム

流石だね、しっかり脱皮している感じ


私は脱皮出来ずに結局その場に頑固に座り込んでいる、といったところでしょうか?


一度、「あなたはこの日に死にます」
っていう夢を見た
その時、そうかぁーこの日に死ぬのかぁー
ということで、お世話になったあの人やこの人にお礼しにまわって
部屋を片付け身の回りの整理をして、さて明日だということで寝床についた
そして、目が覚めた
「あれ?死んでない」

ってね。
結局脱皮していないけど、すごく気持ちのよい目覚めだった記憶がある。


共通するのはものすごく危険な状況になっても、死を迎えることになっても
じたばたしたくないっていうことかな。


あーーーぁ、そういえば3.11の地震の後思ったことは
何が起きてもじたばたせずに、しっかり立っていられるニンゲンに成長したい
ってことだった。


危険な香りのするものとは対面したことが未だないけれど、
今度見る夢はどう行動するか見てみたいものだ。

地に足ついたニンゲンに成長出来たら、きっとこの続きがみられるのかもしれないな。。。


  満天の星



スポンサーサイト
テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体

2013年 冬至に

今年も冬至を迎え、あと一週間もすると新しい年を迎える
年が変わるというだけで、いつもと気分がちがうものだな

冬至といえば、1年で最も日が短く翌日から日が長くなっていく
そして、中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)冬至を境に運が向いてきて、上昇運に転じる日!!

そんな冬至の晩、レインボー♪プロジェクトミーティング





ミーティングというよりも、飲んで食べて喋ってたりらりら~んなのだが

3人の都合があったのがたまたまこの日だったのだが、刻々とパワーがみなぎってきそうなこの日に会えたことは
また来年への飛躍につながるのではないかと、思ったりして。


3人というのは兄弟でも友達でもなにか微妙な関係性を生みそうな数だが
友人関係で3人というのは割かし多い

大學の時もそうだったし、会社時代もそんな関係があった。

三人三様の関係性が色々な考えが結びついてひとつのトライアングルを築くのかもしれない。

この晩も年齢も違うし考え方や生き方も違う三人三様だから、まぁーーー爆裂炸裂トークに花咲いて
(*o゚益゚)o:∴ヒヒヒヒ楽しかった。

  2013レインボー忘年会

ちょっと甘めのサワーを飲むスマイルリーダーのかななさん
冬至にちなんで柚子サワーを飲む現実冷静沈着なたまきさん
ストレートが好き、ワインを飲む(たぶん)頑固なともみん

注文するドリンクからも性格がうかがえるのが面白いかも(。’-')(。,_,)ウンウン


子供の頃はいつも一緒に行動している人が友達だった
社会に出てからは環境が違っても、遠くに離れていても、自分のことを気に留めてくれている人が友達になる
自分が地に足ついて、自信をもって歩んでいないとそういう友達に会えない自分がいたりする。
だから、普段一人でいても、誰かが見ていてくれると信じてしっかりと歩んでいないとダメなんだな。

と・・・年の瀬に思ったりしてね。


あと数日ですが、明日につながる“今”をしっかり生きていきましょ(`・ω・´)ハイ!

2013レインボー忘年会3人で


来年もよき友人と前を向いて会えますように。。。
よいしょ!
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

2013年 最後の満月に・・・

腰越海岸

腰越海岸の朝です。
海に天からの光がキラッキラして、心の悪行(?)も洗い流してくれそう(●ノ´з`)ノ<.∴;:゙;`ブーッ


12月17日は2013年最後に見る満月
偶然にも初めての瞑想・クリパルヨガに参加

空に輝く満月を眺めながらお友達のサロンへ

元町満月


毎月1回の開催なので、毎月満月の晩なのかと思いきや
今夜は偶然なんだそうで

偶然こそ必然なり


若いころ(いつ?)の恋愛は偶然はない!
必然に変えるのだ

とあれこれ秘策を練ったものだ
要は行動力
狙った獲物はゲットする

とまでは言わないけれど、この人とデートしたい~((・´∀`・))ンフッ♪
と思えば、若さの特権でとりあえずデートする。
その後成就するかは???

なわけで、引き寄せの法則などというものが世に出る前から
偶然は必然だった


恋愛に費やすエネルギー値は低下しているけれど、
日々の生活を豊かにすることに費やすエネルギーは上昇中!!
といったところだろうか。


けんさんのリードによって満月の光を浴びながら感じながら、丹田に光を誘導して
2013年を振り返っていく。

今朝も冷たい海水に浸かっていたせいで、私のお腹は冷えでぐるぐるいっていたのに
不思議とぐるぐるが止まって、丹田が温かく感じる。

おぉぉぉぉーーーー


2013年を短い時間の中で振り返ってみた。

どれが今年の出来事なのか?よくわからないけれど
今年も昨年に増してたくさんの出会いがあって、お金はないけれど、ご縁という貴重な財を与えられたな。

寝る前にもう一度考えてみた

ふむ(。・ω・。)
今年もなんだかんだ、楽しかったな~♪(人´ω`*).。*゚+.*.。

こんな生ぬるい人生でいいのかぁー

なんてことも思うけれど

それを楽しいと思うか、または退屈と思うか?
は自分の歩んでいる日々に向き合う姿勢ひとつで変わるのかもしれない。


もぅびっくり仰天するような、さよなら大ホームランのような出来事がなければ
なーんてちっぽけで平凡な毎日なんだ。。。(-ε-〃)b
と思うのかもしれない。
「ジブンニハナンニモタノシイコトナンテナイ」


ちっちゃなちっちゃなこと
私ごとではあるが

今朝の波情報では波高スネ
とか聞いて、ほんなもんこの寒いのに行ってられるかぁー(*゚ε´*)プゥ.
となるか

駐車場で隣に車を止めたお兄さんとの会話
「波、ないですよね~」
「まっ、水浴びってことで、じゃ!」とお兄さんひと足先に海へ

私もそそくさ支度をして海へ


駐車場の柵の向こうには波は小さいけれど、充分に遊べる波が
ちらっ、ちらっ

ここに幸せを求めにやってきている人がちらっ、ちらっ


ほら、幸せはなさそうなところにもあるんだよね。

幸せなんて人が与えてくれるものではない。
自分で得るもの、自分で感じること。
そんなところだろう。



朝サーフ、瞑想&クリパルヨガ、今日も素敵な人との出会い、時間の共有・・・
とニマニマしながら、、、満月の晩にほっこりと寝床に・・・zzz

  2013満月


テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

こつこつと・・・「ゼロ」なにもない自分に小さなイチを足していくby堀江貴文

先日、コーヒーショップで友人に出くわした際、友人がちょうど読み終わったという本
「ゼロ」堀江貴文著を借りた。

ホリエモンと呼ばれ、球団買収やら放送業界、政治選挙出馬など随分とマスコミの話題になった後、
消されてしまった(?)ちょっと語弊があるかな。

あーーーぁ、出る杭は打たれる日本社会
と思ったのを覚えている。
表現方法とか伝達方法とか、人に嫌悪を抱かせるような印象もなくもなかったけれど、
単純にこの人が刑務所に入所するようなハンザイを犯したのか?どうか?
私にはよくわからなかった。



ホリエモンは“くまもん♪”って発想はここからきているのかな?
とふと思わせるようなネーミングだが、
表紙に写るホリエモンはかつてのふっくらした体形からすっきりした、人間って痩せると随分印象違うのだな、と思わせる姿をしている。


「あっという間に読めると」
という友人の言葉通り、ちゃっちゃと読み終わってしまった。


内容は、うん、社会人経験があればそうだね、どこかでこういうこと感じて生きてきているよね。
というものだった。
なので、これから社会に出る人や、出てみたけれどどうもうまく過ごせない。

随分社会人生活を送ってきているけれど、
仕事が嫌だ!
仕事なんてつまらない(((-’д-)y-~ イライラ
自分にあった仕事がみつからない((o(●´皿`●;)o)) クーッ

などと思っている人にはいい一冊ではないかと思う。

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していくゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
(2013/11/05)
堀江 貴文

商品詳細を見る




宝くじが当たったら、どうしたい?


よくそんな会話をすることがある。

仕事を止めて、のんびりと暮らす

などとまだ働き盛りの年齢でいう大人がいる。


隠居だ



「私は仕事は辞めないね」

というと、隠居希望の人は「えーーーー」となる。


だって、仕事辞めたら何するの?



私は転職経験比較的多い(かな)

でも、仕事を辞めたいと思ったことはないな。

大学を選ぶ時も、まぁその時代の流行りもあって短大へいったのだが、その先には「早く働きたい!」
っていうのもあった。

学生時代を長く過ごすよりも社会に出たかったのだな。

社会に出たら自分の存在が認められるような、そんな気がしていたのかもしれない。


実際、会社に入ったら・・・・
バブル期の女子の仕事といえば、大した仕事はなかった。(今思えば)

大した仕事でもないし、遊び狂ったしと、
ちょっくら今のうちに海外生活でもしよーとその後は暫し海外逃亡へ
時代がバブルだったこともあり、あまり仕事と自分なんてものは考えず、
まっ、仕事はどうにかなるわなぁーと思えた恵まれた時代だった。


帰国して仕事探しも苦労することなく、その後10年近くお世話になる会社に出会うわけだが
この時は忙しくて、忙しくて、とにかく自分のプライベートも振り回されて
仕事に対して、色々と考えたものだわ。

1日24時間
で、24時間働くこともあった。
24時間働けますか?なんてCM があったけれど、
「えっ、働けるでしょ」
気が付けば翌日の夜なんてことも・・・・・


ここで、私がやっていけたのは、忙しくて振り回されてはいたけれど、
仕事をすることに関してはお任せだったこと。
それを先輩と二人であーでもないこーでもないとぶぅーぶぅー言いながら
こなしていたので、まるっきり人に指示されて動いていたわけでないので、出来たことだと思う。

雇われていたので、そりゃー不平不満は上司にぶつけていたし、こうなったのはあいつのせいだ!
とかぶつぶつ言っていたけれど、ぶつぶつ言いながらも絶対に期日は守る!
というプライドがあった。
文句言うけど、仕事はきっちりやるぜぃ!文句あっか?!
と強気です。
今年流行った「倍返し!」なんてこともしつつ。。。


それでも、どーーーーしてもこの仕事やりたくない!
やらない為には会社を退職しよう!
と思わせたのが、「長野オリンピック」
理由はわからないけれど、どーーーーしても嫌だ!と
何かが思わせた。


で、転職の為の面接も受けたりした。
が、しっくりこない。


その時、大人な男性に
「嫌だと思う部分を改善しようとはしたのかな?」
と言われ、ヒャっとしたのを覚えている。

そんなのどうしようもない
自分の力では動かせない
逃げるが勝ち

みたいな図式を勝手に作っていたので、乗り越えるという方法は全く考えていなかったのだ。

すごく当たり前の言葉なのに、ずしーんと響いて、以来私の人生を支えてくれている言葉となっている。
今ではあちらこちらでも乗り越えられない壁はないとか聞くけれど、その当時はそういった啓発論みたいなものはあまり世に出ていなかったと思う。

で、腹をくくってスキー場の山に荷物抱えて上っては今日は中止とか言われて、すっころんだり、
吹雪の会場だったり、さ・さむい旅館暮らしだったり、発熱したり、東京⇔長野行ったり来たりしたり

なんとか終えた時には
なーんか気分よかったのを覚えている。


他の人はこんな風に取り組んではいなかったと思う。
オリンピックの仕事に関われるなんてそうあることではない。
でも「嫌」だった。
なんでしょーね、私にとってここはひとつのターニングポイントだったのか?
人生の山だったのか?

本来、“まぁーいいか”に傾きやすい性分だけれど、この辺りから険しい山や乗り越えられそうにない山にも登ってみてもいいのではないか?
と思えるようになった気がする。

「自信とは自分を信じること」とホリエモンも言っている。

そして、その自信をつくるのは経験だ。


今はムリなことでもひとつひとつ歩んでいけば経験値が積み上がって、自信がついてくるのだろう。

10代には10代の20代には20代の30代には30代の自信があっていいと思う。

40代には40代の自信がついて50代を迎えられるのだろう。。。。
と今素敵な50代を迎えるために、日々精進している。。。。はずの今の自分


幸せは与えられて生まれるものではない。
幸せは自分でこつこつと歩んで築いていくものだろう。
こつこつ歩んで、あーぁと振り返った時、今の自分に幸福を感じられる。という結果論

三百六十五歩のマーチ (星野哲郎・作詞 米山正夫・作曲)

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる♪

いやーよく出来た歌だ。



そして、幸せは争うことではない。

誰それがこうだから、自分もこうでなくては・・・

そこにあるのは嫉妬心

元英国首相マーガレット・サッチャー
「金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになれるわけではない」

うひゃーーー

流石!


2013年もあと半月
今年出来なかったことも、来年には一歩前へ進める自分でありますように。


健康な心と身体で健幸人生を♪
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

絶叫マシンでちびったΣ(´し _`;) ぇぇぇぇ,,,,

12月に入ってからなんだか暖かい日が続いていますので、お洗濯物が太陽の香に包まれてほっこりした気分でございまするヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ


五臓と五志
残すは腎のみとなりました。

  五行色体表


腎は「恐・驚」
とあります。

なんだかおどろおどろしい感じです~―(ll゚Д゚;乂)―

五志による気への影響に
「恐るれば気行らず(めぐらず)驚けば気乱れる」
とあります。


些細なことに恐れを感じてしまうことがあります。
その原因が最近のことであったり、将又ずーーっと記憶の深いところに眠っていることであるったりもします。
恐かった体験が腎の気を弱らせてしまったいることもあれば、腎気の弱まりからびくびくしやすくなっていることもあります。

大きな恐怖体験が腎気に影響することもあるのでしょう。

仏蘭西王妃マリーアントワネットは断頭台に立つほんの数日までに間に白髪になったという説がありますが、
もしこれが真実ならば、これも恐怖心から腎の五華である髪に影響したのではないかと思います。

年を取ると腎気が衰え、腎の機能に影響が出ます。
膀胱が緩んだり、骨が曲がったり、耳が遠くなったり、髪の艶がなくなり、唾液が少なくなったり(ドライマウス)白髪になってきます。

年齢にそぐわず腎気を傷めるとこうした老化に伴う症状が出やすいともいえます。



また遊園地のジェットコースターやお化け屋敷体験後
「もぅーびっくりしてちびるかと思ったよー」
なんて言葉が出たりしますが、驚くと腎気を乱します。
腎気は泌尿器の働きにかかわり、漏れ出ないようにしています。(封蔵)
赤ちゃんはまだ腎気が未熟なので、おむつをします。(好きな時に好きなようにぴっ、ぴっ)
年を取ると腎気は減少してきますので、やはりトイレが間に合わなかったり、自分でコントロール出来なくなってしまうとおむつをしますよね。


びっくり体験刺激が好きであまり頻繁に体験していると、腎気を痛めてしまうかもしれませんので、
ほどほどにヘ(・c_・^ヘ)

ちなみに・・・・私は遊園地のジェットコースターとかは好きではありません。(富士急とか・・・)



五臓と五志
本来感情は体を傷めるものではないのですが、場合によっては発病の原因ともなりうるので、
過剰、継続した感情にはお気を付けください。



テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体