健幸になるには

ちょっと肌寒いけれど、陽の当たる場所はほっこりして気持ちよい季節を感じています。

先日、レインボー☆プロジェクトメンバーのかななさんの「印象力アップ塾」講座に参加してきました。
笑顔リーダーかななさん、笑顔で幸せになることを日々探求していらっしゃいます。

かななさんのブログはこちら⇒ (*^_^*) 

笑顔は大事ですね。
家族間でも友人間でも、仕事仲間間でもはたまたちょっと入ったお店などでも笑顔があるとほっこりします。
笑顔が笑顔を伝達して幸せを届ける♪といったところでしょうかね。

そして、笑顔って健康でないと生まれないのですよね。
悲しみ、怒り、恐れ、痛み、苦しみ
この状態は見かけの体は(←あえて)健康そうに見えても、心が健康でない状態でしょうね。

五行色体表を見ると⇒ 一番下の項目に五志とあります。
これは各臓腑の不調が感情にも影響するし、各々の感情が五臓にも影響するということです。
ですから笑顔が出ないような状態であるということは五臓六腑に何かトラブルがあるとも考えられるということ。
つまりは・・・健康ではなーい<(`^´)>ということです。


鍼灸治療となると心と身体のつながりを考慮していきます、私の場合は身体からのアプローチになるので身体をほぐほぐとほぐす、治療することで心の凝り固まったものもしだいに解消していきます。
実際に治療をしていくと別人のようなお顔になり、発する言葉も変わってくることも少なくありません。
(これが治療家としては何よりの喜びですね~(*^_^*))

さてさて、かななさんのワークでもありました幸せになるために自分で出来ることのひとつに

“自分が好きでリラックスができ、心地よく感じられ、お金もかからず健全に簡単にできることを挙げていきましょう”

というのがありました。

たぶん、心も身体も健康で健幸な方であれば、スラスラと数項目は挙げられると思います。

私の場合は・・・
・サーフィン
・快晴・無風・形のいい程よいサイズの波でのサーフィン
・綺麗な海でのサーフィン
・素敵な仲間とのサーフィン
・海の上で気持ちのよい人と出会うサーフィン
はははサーフィンだけでもこれだけ出てきますね~
・気の合う友達と会う
・面白い人と会う←最近面白い人との出会いが多々あってかなり楽しい
・緑の多い空気のよい中にいる
・素敵なアーチストのコンサート
・素敵なバレエ鑑賞
・珈琲
・パンを焼く
・散歩
・妄想
・スヌーピーを眺める
・仕事

などなどまだまだ出てきそうです。
仕事にも幸せを感じますね~たぶん私は仕事好きです。

ストレスとかこれといった深刻な悩みがない私なので、健康で健幸です。(自己判断)

以前、ストレスマックス(だったのだと思う)だった時期、鏡を見るのがすごく嫌でした。
見るたびに「死んだ魚の目しとる」って思ってましたもの。
顔色も悪かったし、休みの日は地面に吸い込まれるように起き上がれなかったし。
きっとどこかが悪いんだ(-_-;)って思ってました。
今思えば・・・・中医学的にはものすごーく簡単に自分の状態を説明できます。
この頃は、笑えませんでしたね。
顔が引きつる、筋肉もこわばっていたように思います。プルプル((+_+))

こういう時って、今挙げた自分が幸せに思うようなことはひとつとして挙げられなかったのではないかな。
ひとつ挙げるとしたら、ベッドで布団にくるまっていること(←誰も近寄らないで)かな。

今、そういう不健幸な方もきっといらっしゃることと思います。
「好きなことなんて、リラックスできることなんてひとつもありゃしない」
実際にそうおっしゃる方とお会いすることもしばしば。。。若いのからお年寄りまで・・・

そういう方は

嫌いなこと、やりたくないことを挙げてみる
やりたくないことの中にはだからって止める(辞める)わけにはいかないこともある。
たぶんたくさんある。
仕事とか、家事とか
その中もまた細分化してみる。
そうしたら一つぐらいおサボりしてもいいことが見つかるかもしれない。
そうしたらひとつおサボりしてみちゃう。

そうしたら少し心が軽くなって身体も少し荷が軽くなるかもしれない。

今すごくお悩みの方には

ふん、そんなのムリムリって言われるかもしれませんが
ちょっとだけやってみてもいいかもしれないです。

心と身体の健康が健幸に
笑顔あふれ
笑顔が伝達して
隣の人が健幸に
その隣の人も健幸に
日本中に伝達して健幸に
世界に伝達して健幸に


スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

宮崎神宮

先週からマイナスイオン巡りが続いていまして

宮崎サーフトリップへ行ったのですが、颱風にあたり(←わかっていていたのですが)

宮崎颱風波
どこもかしこも大波がしぶきをあげて走っている⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝつ <ぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
と・・・私が宮崎にサーフトリップに出かけるともれなく台風がついてくるといわれるくらいで行くたびにこのような景色を見ているような・・・宮崎の波はいつもこうなのではと思うほどである(--〆)

なんとか1日目は意地でも入る!と比較的穏やかなところで滅多打ちにされつつのサーフィンでしたが
2日目はどこもクローズアウト

ということで
私は朝から温泉に浸かってのほほーん
珍しく市内に泊まっていたので、市内散策へと出かけました。
いつもは青島に滞在するので、青島にいたらどこへもいくところがなかったなぁ~と思うと
これもお導きかしらん、なんて思うものです。

宮崎初の街をぶらつき
何か“宮崎でしか買えないものはないものか”と散策

していたら
大通りを走るバスの表示に「宮崎神宮」の文字

行ってみようかな~と思っていたのですが、どうやっていくのかちんぷんかんぷんだったので
ほぉーーーこれもお導き゚+。:.゚(*゚Д゚*)キタコレ゚.:。+゚

と慌てて反対通路へ渡るもバスが停車しているバス停までは100メートルほど
私の鈍足では間に合わず・・・・(p_-)
次を待つことに

どうやら「宮崎神宮」まで行ってくれるバスは数本あるらしくあと数分で次のバスがくるらしい(ほっ)

バスは後ろ乗車で切符を取り後精算らしい
こういった交通手段は各都市で違うので意外とドギマギしちゃいます。
それにほとんど人が乗っていないというのもドギマギ×2

見慣れない景色(当たり前)でどんどん進みましたが
あっという間に「宮崎神宮」着


  宮崎神宮

うぉーーーー
午後だったこともあり、人はほとんど・・・いません。
ジャリジャリと砂利道を進み、神宮まで。
澄んだ空気が気持ちよいです。

ジャリジャリと砂利を踏む音を聞きながらマイナスイオン満喫です。

ご祭神 神日本磐余彦天皇(かみやまといわれひとのすめらみこと)神武天皇

東神苑には樹齢400年以上と推定される「オオシラフジ」(天然記念物)があり、宮崎神宮の大きな森は野鳥たちの楽園となっているそうです。


ここでのおみくじは「大吉」
なんだか気分もよいです(*^_^*)


帰りのバスを待っている時に何気なくお話をしていた年配の女性は
「今日は当番で宮崎神宮のガイドにきていたの」
と、はぁー残念、もう少し早く到着していたらお話を聞けたのにな。

ボランティアでいらしているそうです。

宮崎の方はみな気さくで親切で話しやすいのですよね。
バスを待つまでの時間、しばし歓談・・・



今回はサーフトリップだけでなく、久しぶりに旅をした気分。
一人でどこかへぶらりと行きたいなと思っていたので、思わぬところでいい旅になりました。

人生、行き当たりばったりが面白いですね。
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

マイナスイオン巡り☆その2

前回お伝えした富士御室浅間神社の後に訪れたのが河口浅間神社。

富士五湖の神社はいくつかあるが、宮司さんによるとこの河口浅間神社だけがアサマ神社と読むとのことで他はセンゲン神社と呼ばれるそうです。
宮司さんはここは“アサマ”ということを念を押されていました。


御祭神は木花開耶姫命


貞観六年の五月富士山大噴火ののち、富士山大噴火を鎮めるため勅令により建立され、河口湖・富士山を今もなお静かに見守っている

とある。


こちらは天然記念物の七本杉がそびえたち、他にも檜(ひのき)栂(つが)欅(けやき)樅(もみ)松 栃(トチ)など百本以上あるそうです。

  河口浅間神社

  浅間神社縁結びの杉
こちらは縁結びの杉
二本の杉が根で結ばれています。
ここをくぐるようになっていたので、ちょっとくぐってみました。
ご縁があるかもしれませんわ(〃ノ∀`〃)ポッ

とはいえ、大きいです。
人間の寿命が一般平均が伸びるといわれても120歳
その10倍も生き続けているのですから、どんな景色を見てきたのでしょうか。
思わず座って瞑想でもしたくなります。




パワースポットと言われ、あちこちに人が集まってきていますが、
自分が気持ちがいいと思う場所が個人にとってのパワースポットではないかと思います。

私の場合、日常では海からパワーを受けることが多いので、時にはこうした木々に囲まれてバランスを整えると身体が気持ちよくなるような“気”がしました。

マイナスイオン巡り☆その1

先日はマイナスイオンを身体が求めて(?)
富士河口湖近くの

『富士御室浅間神社』へお邪魔していきました。

平日で天気もよくパワースポットへのお出かけ日和♪

調布インターから河口湖I.Cで降りて富士御室浅間神社まで
道路はすいすいすいーっと空いていました。

  御室浅間大鳥居

  御室浅間表参道

大鳥居をくぐり続く表参道はひんやりとしたマイナスイオンで満ちています。
気=エネルギーは確かにいいです。
普段きちゃない排気ガスの中で生活している分、余計に感じるのかもしれませんね。


富士御室浅間神社は富士山最古の社

坂上田村麿、藤原秀郷、源頼朝、武田家、徳川家など有力な武将の祈願所として富士山鎮護、国の鎮め、開運の守り神として尊び奉られた

とあり

699年(文武天皇の御世)藤原義忠公が霊山富士二合目へ奉斉・・・・
後噴火の為数次にわたる炎上と自然条件の厳しい場所の為に腐朽激しく再興が繰り返され、
永久保存のため昭和49年に現在地へ遷祀された

とのこと

なんとなく本宮、里宮の写真はとっていなかったようです(^_^.)



  御室浅間百福の龍宝株
百福の龍宝株



20131008kagagutilake.jpg  20131008kawagutiflower.jpg
そして裏に抜けると河口湖に面していて、移転させたとはいえ、気持ちのいい場所です。


後から聞きましたがここも有名なパワースポットになっているらしいです。
が、この日はほとんど人はいなく静かでてゆっくりと歩けました。
感じる人にとってここはかなりの気・エネルギーを感じる場所らしいです。

私はたくさんのマイナスイオンで気持ちいい~というくらいしかわかりませんが。。。

巨大な力・風邪

台風26号の影響は想像以上に大きかった。

被害に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。



前回書いた六淫のうち台風は猛烈な風を伴うので風邪といえます。

風は春の主気ですが、年間を通じて現れます。
行き過ぎれば邪気であり、最近の突風や台風は邪気として人体を襲っています。

風邪の特徴は

☆風は陽気であり、その性質は開泄、上部を襲いやすい

陽気は活発に活動するという特徴があり、風も軽々と動き回り一箇所に固定しません。またふぅーと風を吹きかけて穴を拡がるように肌表を開くので風邪の引き始めゾクゾクっとしたりします。
上部を襲いやすく、頭痛や鼻水、鼻詰まり、咽の痛みなどの症状が出やすくなります。


☆風はよく巡り、変化しやすい

風は軽く動きやすいので、症状が固定せずに変化しやすく、さっきまではここが<(`^´)>と思ったら今度はこっちが(-_-;)など。また症状が現れたり治まったり。

☆風は百病の長

六淫のうちでも年間を通して現れる風邪は主体となることが多いので百病の長や百病の首などと言われたりします。ドンですね。
この風邪は他の邪気と手に手を組んで人体を襲ってきたりします。さすがドンです。
所謂風邪-かぜと言われているものは大抵合体型です。
なのでそれぞれのタイプによって対処方法は異なりますが、風邪といったら「これを飲む!」では治りが悪いこともあるでしょう。

☆風は動きやすい

風はご存知の通りよく動きます。
風邪が人体に影響すると風に吹かれたように揺れたりするめまいとして現れるます。また筋肉がピクピクする痙攣なども風邪によるものです。


前回六淫を受ける要因として
1.大過 2.不及 3.季節にそぐわない 4.体質
をあげましたが、台風のように大きな風をもたらす場合1.大過または4.自身の守る力が弱い場合など影響を受けることもあるでしょう。


私達は常に自然界の影響を受けて毎日を過ごし変化しています。
季節の変わり目でもありますので、夏によかった習慣でも秋、冬に向けて体に合わないものも出てくると思います。
体の声に耳を傾けて過ごしていきたいものです。

98年ぶりの夏日

今日は10月12日 いつの日から変わったのか?体育の日を含む三連休スタート。
そろそろ紅葉を楽しみにプチトリップなんかもいい頃ですが、夏日が続き、今日は98年ぶりの10月に31℃の夏日だったようです^^;

夏好きな者としては嬉しい気もしますが、体を診る者としては季節にそぐわない気候変化は六気(正気)が六邪(邪気)となり、病気を引き起こす原因となってしまいますので、見逃すわけにはいきませんよ。

うきうきしている場合じゃーない(>_<)ってことです。

六気:風・寒・暑・湿・燥・火(熱)

これは自然界の異なる六種類の気候変化であり、健康に害をもたらすものではありません。

これが邪気になる条件は

1.太過
度が過ぎた状態。最近の夏もこれにあてはまります。あまりに気温上昇して熱中症続出なんていうのは太過ですね。

2.不及
一定のレベルに及ばない状態。
暑くなる夏に暑くならないのは不及です。

3.季節にそぐわない気候
本来なら秋で気温が下がり乾燥してくるはずなのに今日のように31℃の夏日では秋らしくないですね。

4.体質
もともと陽気の少ない人にとって、少し気温が下がり一般的には過ごしやすい爽やかな気候であっても寒邪となり風邪をひいてしまったりします。

と正気が邪気になったものが六邪です。

今は暑熱が邪気となっています。
汗をかく期間も長く、潤い不足になって上部熱感の方や、やけに筋肉がガチガチで寝違えを起こしたりしている方も。

治療をする際には個人の体質と季節の変化も考慮して行います。
ご自分でも季節の変化をキャッチして対応していくと大きくバランスを崩すこともなくなりますよ。


とはいえ、明日からぐーっと気温が下がるとか?
衛気=体表ガードの弱い方は風邪の侵入にご注意下さいね。

素敵な☆ウンチ 中医学的に考えてみた

「素敵な☆うんち」

まだ書くか・・・・(-_-;)
そう、うんちは大事!
中医学ではどんな風に見ているかを書こう書こうと思いつつ・・・
なかなかね、筆不精なもので(A;´ 3`)イヤイヤドーモドーモ

まずは素敵な☆ウンチはどんなものか?
1.1~2回/日
2.直径2~4㎝(腸の直径がだいたいこんなもの)×15㎝のバナナ状 2~4本
3.色は黄褐色~褐色
4.排便がスムーズ
5.しっかりとした形があって乾燥したり、べたっとしていたり、もろもろ崩れるようなことがない
6.膿、出血、粘液、未消化物がない


きゃー(*>ω<*)!凝視したことない。というご意見ごもっとも。。。
やはり興味がないと見ないものですから。
それに最近では、勝手に流してくれちゃったりするから見ないのですよねヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

3日以上排便がなかったり、毎日あっても少量だったりするものは便秘として区別します。
私達ニッポンジンを含めアジア人は腸が長く(腸壁面積が広い、細菌も多い)穀類や野菜から食物繊維の摂取量も多いのでこのぐらいの量が健康とされています。


みなさんどうでしょう~(´・ω・`))))??


私の考察では・・・・

男性は便秘よりも軟便や下痢の方が多いように思います。
お酒のせいもあるし、あまりよく噛まないで食べる癖というのもあります。

「子供の頃からあまり噛まないんです、というより噛めないんです」
なーんていう男子は骨格をみると顎が華奢だったりして、ふふーんお主、子供のころから柔らかいものばかり食べてきたなd( ̄ ・ ̄)生ぬるいことを言っているでない!とは言いませんが、
口に入れたら箸を置いて、よく噛む噛む噛んで噛み終わってから箸を持つ!という習慣をつけましょう

お酒をたくさん飲んだ翌日は下痢します(*´ェ`*)
なんてことなら飲まなきゃいい。限度を知りましょう。
毎日とかほぼ毎日ならば考えましょう。

上記理由以外による軟便・下痢のことが多いという方もいらっしゃいます。

◆脾気虚~消化力が弱い方←噛まない人はこれも当てはまる
◆腎陽虚~温める大元が弱い為、消化がうまく出来ない
◆肝鬱乗脾~ストレスなどによるもの←お酒飲まなきゃやってられねーって人はこれもありますね。

などなど。


女性はどちらかというと便秘に悩まされる方が多いです。
便秘と下痢っていうのもよくあります。

便秘にも余分なものが停滞しているものと(実証)と必要なものの不足(虚証)があります。
実証の場合は下剤の服用でとりあえずは改善されます。
虚証の場合は必要なものが不足しているので下剤を長期に服用しているとかえって便秘がひどくなったりすることがあるので注意が必要です。


虚証の場合は
◆冷えによるもの
◆陰虚によるもの~潤い不足
◆気陰両虚によるもの~出す力不足&潤い不足
◆血虚によるもの~血の不足

などなど。。。

ウンチひとつとっても奥が深い~ですね。
素敵な☆ウンチの為にはまずは自分のウンチを知ることが必要ですo-(・∀´・)