中医学 de 健幸イズム(2) 五行

中医学 de 健幸リズム 今日は五行の性質について

木星・火星・土星・金星・水星から5つの名前がついたと言われる五行=木・火・土・金・水
自然界の5元素そのものというよりも木・火・土・金・水の印象によって象徴されるもので自然界を分けてその関係性を語っているのだと思います。


それぞれの性質

木:「木曰曲直」木が上へ上へと枝葉を伸ばし成長するように目覚めの感覚、活動、進化

火:「火曰炎上」火が熱く燃え上がり光り輝くエネルギーが頂点に達する、進化から熱望

土:「土曰稼穡」土へ種を蒔き、作物が実ります 受け入れ、生成変化する

金:「金曰従革」金は形を変え別の形になることから変革、転じて厳粛、清潔、収斂

水:「水曰潤下」水は冷たく上から下へと流れ大地を潤す 寒涼、滋潤、向下

これらの性質に自然界の物質を関連づけたものが“五行色体表”
まぁーこれだけ見てもその関連性はよくわからないですね。


五行色体表



色体表は縦グループで類似しています。

当時夜空の北斗七星を天の時計とし、日が暮れたばかりの初昏の時、北斗七星の柄杓の柄の部分「斗柄」の部分が指す方角で季節の推移をみていたといいます。

斗柄東指 天下皆春
斗柄南指 天下皆夏
斗柄西指 天下皆秋
斗柄北指 天下皆冬

土は中央とありますが、五季では長夏日本でいうところの梅雨(この辺の感覚が中国とは違います)と扱っています。
土は中央であり、土用にあたり春夏秋冬すべてにあるものです。

木についての類似をみていくと
斗柄が東を指す頃、春がきて冬眠していた動物たちが目を覚まし活動を始めます。
木々は若葉が芽生え青々と生長し茂ります。そして春の訪れを告げる春一番・強い風が吹きます。
木は上昇・活動の性質があるのでそれらが過剰にならない為に酸味で引き締めます。

火について
斗柄が南を指す頃、夏が訪れます。夏は暑さ厳しく熱を帯びると赤くなり、熱が過剰になりすぎないために苦味で熱を冷まします。

土について
中央であり土用でありますが、四季の区分では長夏・梅雨の頃と解釈しています。
梅雨の時期になると湿度が高まります。
五色では黄色・・・なんででしょうね~?人体の方を見てみると(詳しくは後程)脾とあります、消化吸収を行います。消化吸収が弱まってくる、もともと脾胃が弱い人の面色は黄色っぽくなります。こういった関連から黄色が充てられたのでしょうかね。
そして栄養素の主である炭水化物は甘味。
また近代に入ってからですが、西洋人による人種の分類を五行に当てはめて

木:青色人種・オーストラロイド・(褐色人種)
火:赤色人種・インディアン・北米先住民
土:黄色人種・モンゴロイド・東洋人
金:白色人種・コーカソイド・西洋人
水:黒色人種・ネグロイド・アフリカ人

と分類したとあります。
ここで注目は世界の中央に黄色人種を配置したということですね。
しかし一般社会や学会ではこの五色人種は受け入れられなかったそうです。。。。

金について
斗柄が西を指す頃、秋が訪れます。秋が訪れると大気中は乾燥してきます。
そして食物の収穫の時期
五色の白を当てはめているのは五臓の肺が清いものを好むというところにあるのではないでしょうか?
また肺は気を主るとされ、その木を巡らしたり発散させてくれるのが辛味。

水について
斗柄が北を指す頃、冬が訪れます。冬が訪れると寒の到来。
五色では黒、水なのに黒なんて。。。黒は五臓の腎を助けてくれる食物に多いことからでしょうか?
また腎は臓器では泌尿器にあたりますがこのあたりの不調は面色を黒くさせてしまうことからも関連しているのでしょう。
また五味である鹹(しおからい)ものは適度にとると潤いとなります。


ずずずーーーっつ書き綴ってしまいました。。。。
この次は人体との関連をみていいきましょうヽ(^。^)ノ
スポンサーサイト
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体

中医学 de 健幸イズム(1)

お久しぶりの投稿です(^_^.)
今回から自分の頭の中の整理整頓も含めて、中医学のことをちょこっとまとめていこうと思います(*^^)v
毎日説明していることなのですが、いざ!文章にして組み立てるとなるとほとほと苦手な分野でございまする。
さらさら~っと書ける人が羨ましい。
まっ、人それぞれ得意不得意があるので私なりに綴っていきたいと思います。ハイ(^.^)

中医学の基本にあるのが陰陽説と五行説
陰陽説については「陰陽リズム de 美肌イズム」のコーナーで書いています⇒ ( ..)φ

陰陽説の後にまとめられたとされるのが五行説
陰陽説が森羅万象を2つの性質に分類した二元論に対して、五行説では森羅万象を5つに分類した。

古代では自然界において偶然の一致ということはなく、性質が似ているものは互いに密接に繋がっていると考えられていたようです。
古代インドでも「地・水・火・風」、古代ギリシャでは「水・風・火・土」など
そして古代中国では「木・火・土・金・水」
これは空を見上げたらそこに「木星・火星・土星・金星・水星があったから」ということらしい。
で単純に自然界の木(き)・火(ひ)・土(つち)・金(きん)・水(水)の性質に万物を当てはめていったといおうことだろうか・・・・

えっ?でもそこの頃木星と名付けていたのだろうか?火星と呼んでいたのだろうか?
木星・火星・土星・金星・水星と名付けたのはそもそもどうしてなんだろう?
まぁーきっと私が知らないだけだろう。

中国人は分類マニアでなんでも分類して枠にはめることが好きだったようだからこれでよしよしってなことなのだろうか。
五行色体表というものがあって、鍼灸学校に入ると東洋医学の科目ではまず“暗記”させられる。
なんのこっちゃわからないので暗記歌なんてものもあった。

その後ちゃんと勉強していけばなるほどなるほどと思う。
なるほどと思いつつも理解しがたい部分もある。時代が違うからだろうか?もともと無理やりだったのだろうか?
その時代に行ってみないと真相はわからん。。。

毎日この五行と向き合っている自分だが、まぁーよく森羅万象を観察していたというか、自然と人が今よりも近い関係だったからか3000年(?)経った今でもクライアントを診ていて中医哲学ってすごい(@_@;)って思う。
自然環境・環境・五味などなどまでが今の状態を物語ってしまうのだから面白い。

面白いので少しずつ私の知る範囲ではあるが綴っていこうかと思う。

次回は五行の性質についての予定。。。
テーマ: 美容と健康 | ジャンル: 心と身体