雛祭り

~陰陽リズム de 美肌イズムの連載中~
ですが、雛祭りが近いので雛人形に見る陰陽をちょこっと。

3月3日は雛祭り。
女の子のいる家庭ではすでに飾っていらっしゃるでしょうね。
わ・わたしはもぅーーー飾りませんです(^_^.)箱入り娘です(笑)

雛人形の並べ方、小さいころは箱に母が手書きしたものを見ながら並べたものです。
人形遊びよりウルトラマンvsバルタン星人でバトルさせている方が好きだった私ですが、雛人形は小さな飾りを壊さないように気を使いながら並べたような記憶があります。

今関東で見る雛人形は

向って左に男雛 向って右に女雛です。
結婚式の新郎新婦の並びもそうですよね。(確か・・・・( 一一))

↑これってもともとは逆
向って左に女雛、向かって右に男雛。

ご本人たちからみたら左側に男雛・右側に女雛

陰陽分類で、
左は陽で右は陰 これは南を向いた時に太陽が東(左)から上ってくるから。
男は陽で女は陰

雛祭り、もともと中国から伝来した五節句のひとつだったとのことで、並べ方も陰陽の考え方が伝わったのでしょうね。


昭和天皇即位の際、国際儀礼にしたがって右側:天皇 左側:皇后と並ばれ、
その後雛人形も右:男雛 左:女雛

となったそうです。

今でも伝統を重んじる京都や京都文化を受けついている地では左:男雛 右:女雛
とするそうです。

京都国立博物館に貯蔵されている雛人形の写真をみるとどれも左:男雛 右:女雛となっています。


日本の伝統行事、どちらの配置で飾るのがいいですかね。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

陰陽リズム de 美肌イズム☆女性の身体リズム

陰陽リズムde 美肌イズム 今回は「女性の身体リズム」について

女性特有の身体の変化といえば、月経周期。

毎月生理痛に悩まされて気分も鬱々してしまう、頭痛があったり、食欲増進したり・・・
いいことなんてないから生理なんて面倒だわ~
と訴える方もいますが、私は生理は毎月のデトックス、アリガタヤ~アリガタヤ~と思っています。
健康な身体であれば、生活に支障が出るほどの身体の不調はないはずなのです。

この辺のお話はまたの機会にするとして・・・・

今回は月経周期と女性ホルモンのお話。。。


  女性の身体リズム 大きな画像

女性の身体は約28日の周期で卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)、2種類のホルモンの影響を受けています。
この女性ホルモン、その大きな役割はやはり子孫を繋ぐため。
それ以外にも女性の健美に大きく影響しています。

余談ですが、中学入試で「ドラえもんは生物として認められない理由は?」という設問があったそうな。
正解は公表されていませんが、様々あるようで、子孫を残せないから(ホルモンの分泌がないから?)というのも理由の一つらしいです。
女性ホルモンには丸びを帯びた女性らしい体つきにするという働きがありますが、その点ではドラえもんも丸びを帯びている????でも僕って言ってますね。。。

そのひとつが肌への影響。
生理周期が約28日と同様に肌のターンオーバーも約28日
これは偶然の一致!?ではなく、女性ホルモンが関わっているからなのです。

肌細胞の新陳代謝・ターンオーバー
  ターンオーバー

表皮にある基底層→有棘層→顆粒層→角質層
細胞は細胞分裂によって下から上へと押し上げられ、
古くなった細胞は生命力を失い垢となって剥がれ落ちます。
規則正しいターンオーバーによって肌のバリア機能が保たれます。
この周期が約28日。


それでは2つの女性ホルモンの肌への影響は?

◆卵胞ホルモン・エストロゲンの働き
生理が終る頃から分泌が増え始め、排卵時に分泌のピークを迎えます。
卵胞の発育を促し子宮内膜を増殖させる働きを担っています。
肌へは潤いを与えたり、コラーゲンの生成に関与し肌にハリを与えます。
陰陽では陰の状態

◇黄体ホルモン・プロゲステロンの働き
排卵後、黄体から分泌され厚くなった子宮内膜をふかふかに保ち妊娠した際には栄養素や水分を溜め込み胎児が居心地のよい状態を作り出してくれます。
肌にとっては皮脂の分泌を促し、体温を上昇させる為、ニキビなど肌トラブルを招きやすくなります。
陰陽では陽の状態


肌に影響を与えるこれらのホルモン、28日周期で変化していますね。
“陰陽のバランスは変化している”

ならば、お肌も陰陽リズムに合わせたお手入れで健美を手に入れてしまおうではないですか。
ちょっとした知識で賢くお手入れ。これが陰陽リズム de 美肌イズム♪です。
身体のリズムを知らないでいたら、今すべきことと反対のことをしてしまって肌トラブルを招いてしまう!なんてこともあるのですから。


次回からはやっと・・・月経周期に合わせたお手入れ方法のご紹介です。

~to be continued ~
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

陰陽リズムde 美肌イズム☆陰陽

「陰陽リズム de 美肌イズム」第二回目は陰陽について

陰陽聞いたことはあるけれど

大極図

この図、見たことあるある!(^○^)!
某有名サーフブランドのロゴでもありますね。
サーファーが自然をリスペクトしていることの現れだと思います(*^_^*)





中国の哲学のベースはこの陰陽五行思想によります。
今日でも中国の伝統医学、料理、などこの陰陽五行思想によって活用されています。
(私の生業である鍼灸もこの中国哲学に基づいていますね)

まず陰陽思想が体系化され、その後五行思想が体系化されました。
そして陰陽思想と五行思想が融合し「陰陽五行思想」が生まれたとあります。


上の図で白い部分を陽、黒い部分を陰と見ていきます。

陰陽思想は森羅万象を陰・陽の二つの性質に分けた二元論。
万物が形をとって現れる状態、一切の現象はすべて正と反の二つの面を持っている。
+と-
陰と陽
このふたつが平衡を保ちながら絶え間なく変化することで万物が生長、発展する。


◆陰陽は互いに対立し抑制し合う
◆陰陽は互いに相反する存在によって他方が成立できる
◆陰陽は相対的に程度や量が変化する
◆陰陽は互いに変化する

一日の時間の流れを例にとって考えてみてみると
夜があるから朝がくる。この時間的流れがなければ一日は成立しません。

夜という概念がなければ朝という概念もありません。
夜があるから相反する朝という存在が成立しています。

夜から朝へ、急激に変化するものではなりません。
夜が更けて夜が極まった後、徐々に太陽が姿を現し明るくなります。そして太陽が高くなり、陽が極まった後、また陰へと変化し夜が訪れます。


夏は日が暮れるのが遅く夜の7時頃でもなんだかまだまだ活動モードを感じますが、秋が過ぎ冬になると日が暮れるのが早くなり、夕方5時頃にはあらー真っ暗と活動モードが早めにoffになってきます。
そして冬至を過ぎると段々と暗くなる時刻が遅くなってくるのを感じます。
(冬至:、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日=陰が極まる)
自然界の時間の流れは正直だな~と思うのです。

陰陽は絶対的なものではなく、相対的なものであり、絶えず変化しています。
変化しているからこそ成り立つものなのです。

自然界を大宇宙とするならば、人は自然界の中に存在する小宇宙と考えます。
ですから、人の身体も常に一定ということはなく絶え間なく変化し平衡を保ちながら今ここにいると考えられます。

どこかおかしいな?と感じたならそれは陰陽の平衡がどこか崩れた時でしょう。

寒い冬でもアイスクリームが食べたい、氷入りの飲み物を欲するなどはやはり身体の陰陽バランスが崩れているのではないかと思います。

または情報過多の世の中で、生野菜やフルーツが美しさの素!なんてフレーズを聞いて、寒い冬や体の冷えを訴えながら常食しているのは陰陽バランスを自ら崩していると思えます。


人はみな違います。
〇〇がいい!というフレーズには惑わされないことも健美には必要です。
美魔女さんとあなたの体質や環境は違うのですからね。



陰陽を簡単に分類してみると

<自然界>
◇陽◆陰
◇明◆暗
◇動◆静
◇上◆下
◇左◆右
◇外◆内
◇表◆裏
◇熱◆寒


人体
◇陽◆陰
◇男◆女
◇上半身◆下半身
◇背◆腹
◇体表◆体内
◇気◆血
◇津◆液
◇神◆精


陰陽は相対的なものですから、ここで区分したものが絶対ではありません。
例えば男と女で区分すると男は◇陽で女は◆陰ですが、
男を陰陽に区分すると上半身は◇陽で下半身は◆陰です、体表(肌)は◇陽で体内(臓器)は◆陰です。
色々とイメージしてみてください。

一人の人間の中にも陰の面、陽の面あります。
どちらがいい、どちらが悪いではないのです。
陰の面があるから陽の面が際立つ時もあるし、陽の面があるから陰の面が際立つってこともあります。
わたしってこんなだからこうなんだ。。。。(-_-;)
なんてこだわらず、こんな面があるからこういう面があるって思うと、もっと自分が愛おしく感じられるかもしれませんね。




古代中国でこうした哲学が生じたのには分類マニアによるところだそうです。
この分類がなるほどなるほどと思います。


古代中国の人は分類して整理されていればそこに疑問をもつことなく説得力をもっていたということです。
なので、古代中国でも?という点もあったのかもしれません、ムリムリ~って点もあったのかもしれません。
それでも分類マニアな彼らによって数千年もの間伝承され、そこに古さを感じさせないとは、自然界をよく観察し生きていたのだと思います。


ちょっとわかりにくい陰陽の話ですが、私たちはこの陰陽リズムの中で生かされています。

健康な身体から生じるキラキラ健康美を目指すならば、陰陽リズムを知ってぜひぜひ活用してみて欲しいと思います。


次回からは美肌をつくる陰陽リズムのお手入れ方法についてぼちぼち話していきますね。

~to be continued~
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

陰陽リズム de 美肌イズム☆なんだ?

昨年レインボープロジェクト(⇒詳しくはをご覧ください)で開催したWS「陰陽リズム de 美肌イズム」をここでかるーく公開しちゃおうと思います。

〇「陰陽リズム de 美肌イズム」ってなぁに?
〇 陰陽って?
〇 女性の身体リズム
〇 月経期の過ごし方
〇 卵胞期の過ごし方
〇 黄体前期の過ごし方
〇 黄体後期の過ごし方




「陰陽リズム de 美肌イズム」ってなぁに?

ここで基本とする美容法についての話は中医学(中国の伝統医学)に基づいた美容法です。

中医学では“体はいつも変化している”という健康観が特徴です。
なぜなら森羅万象には陰陽があるから
陰陽有形 不離陰陽~人間が生きている限り陰陽の原理から離れることは出来ない~ 『素問・宝命全形論』

そして肌の細胞も新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返し、日々変化しています。
この新陳代謝・ターンオーバーが正常であることが健美肌の秘訣です

私は一年中海に入るので、女の敵・美肌の敵である日焼け→シミはもぅ諦めるしかありません(p・)
それでもちょっくらあがいてあがいているわけですが、シミに関しても出来たてのものであれば肌のターンオーバーによって薄らしてくるものです。(実体験)と安心はしていられませんがね。


ターンオーバーですが、その周期は約28日。そして女性の月経周期も約28日。
これは偶然の一致ではなく、女性ホルモンが肌のターンオーバーにも深く
関わっているということなのです。

身体の変化・陰陽リズムを知って、これに合わせたお肌のお手入れをしていこう!
というのが「陰陽リズム de 美肌イズム」です。


~to be continued

あたらしブログ

ずっと放置してしまったこのブログですが、そろそろスタートしていこう!

さて、何書くか?
ゆるーく気ままに書いていこうって思っています。


たぶんベースは健康に美しく
まぁ、身体が健康であれば肌はすべすべしているし、面色もいいし、目もきらんきらんしているし、特にあれこれ美容アイテムを使わなくても綺麗でいられるのですよね。赤ちゃんってすべすべぷるぷるだもの。

身体とも長いことお付き合いしていると余計なものが溜まってしまったり、不足してしまったりでトラブルが生じる。
肌は外界と接する身体の防衛壁のようなものだし、身体の内側を映し出すものだったりする、それが目に見えるのだからやはり気にせずにはいられないのです。

身体へのアプローチ&外からのケア

ゆるーくゆるーくやっていこう。

テーマ: 心のつぶやき | ジャンル: 心と身体