天気予報ではわからない個人の暑さ指数


今日も元気な健幸コンシェルジュともみです!


「暑い」とひと言で言っても、感じ方はそれぞれ。
ということは対処方法も一人ひとり違ってきますよね。

OL時代、電車通勤していましたが冷房ガンガンに効いているにも関わらず汗だくだくで距離近いと明らかに放熱している人いました。
ねっっぷぅーーー
このタイプ自身が熱邪を保有しているので、外からの熱を受けるとさらに熱度が増します。
冷房キンキンにした中で白くまくんを食べるのが幸せ~なんて言って、水分もぐびぐび欲しがります。

   白くまくん


このタイプは実熱タイプ、ファイヤーとばかりに燃えています。
冷房で冷やしても火にかけたまま鍋を冷やしているようなもので、火の勢いが弱まらなければいつまでたっても熱いです。


全体的にあっつー!ではなくて部分的に暑いという人もいます。
このタイプの方はは見た目はさほど暑そうでもないのですが、手だけ足だけ、顔だけ頭だけ暑いとか、やたらイライラするとか胸苦しいとか部分的に熱を感じることがあります。実熱タイプのようにガンガンに冷房でひやしてくれーーーという訴えもありません。
汗はダクダク出る出るというよりもじみーに出ています。寝ている時にぐっしょり汗かいて目覚めるとぴたりと止まるとという経験もあるでしょう。
水分は実熱タイプのようにぐびぐび飲むというよりもちょびちょび欲します。

   ひんやりすいか


このタイプは虚熱タイプ
熱邪がボウボウに燃えているわけではなくて熱を冷ますための潤い成分が不足しているために種火みたいな小さな火がジワジワと熱さを生じさせています。

実熱タイプの方には熱を冷ます食材、ゴーヤやナス、きゅうり、緑豆もやし、すいか、蟹などをお薦めです。
虚熱タイプの方には熱を冷ますものと潤いを増やすもの、黒豆や豆腐、ほうれん草、果物(ぶどう、キュウイ、レモン、バナナ、マンゴー、スターフルーツ、りんごなど)、オリーブ、梅などもお薦めです。

どちらも肉ならば鶏よりも豚です!今の時期は積極的に豚さんをありがたく頂きましょう。

今の時期暑い!っていうだけでは「ふつー」のことですが、「ふつー」だと思っていることが体調不良の引き金になりますので、過度な気候への対応も侮るなかれですよ。

今の時期、去年とは明らかに違う自分がいる。。。
それは自分が「去年よりもひとつ年を重ねたから、まっしょうがないね」ということもありますが、年を重ねることがカラダにとって不足が生じる一因であったり、邪気を生じやすくなったりするということでもあるわけですから「おや?」っという変化には気づいて対応していきましょう。

アンチエイジングと反発するよりもハッピーエイジングで今日も明日も明後日も・・・
人生を楽しむために健康・健美で健幸ライフをお過ごしくださいませ。




スポンサーサイト

汗なのか?湿邪か?それが問題だ。。。

梅雨らしい?雨だったり雨が降りそうだったり。
身支度に気を遣う今日この頃でございます。

雨は降っていなくても湿邪が空気中に鬱滞しているのを感じます( -.-)
海藻やら春雨やら食べているお蔭か、個人的にはさほど苦痛ではありませんが、湿邪をごっそり受けている方もいらっしゃいますね。

気温はさほど高くないのですが、「暑いですね~」とじっとりと汗ばんでいる方。
いつまでたってもじっとりが取れません。
この時期ですから「暑い・熱い」と感じるのは当たり前、と思っているようですがさほど気温は高くありませんし室内は空調も効いています。
でも「暑い・熱い」そしてじっとり

この正体はスッキリ!と熱を冷ますための“汗”ではなく、“湿邪”でしょう。

外から受けているだけの場合と内に湿邪を持っているたゆえに類は友を呼ぶで惹きつけやすくなっているという場合もあります。

外から受けているだけでしたら、入浴して発汗!がお薦めです。
が数日じっとり感あり。となると外から受けて、内から生じている可能性もありますね。
内から生じる???
普段から冷たいものや生もの、甘いもの、油っこいもの、味の濃いもの飲酒量が多い。。。となると内から湿邪を生成してしまっている可能性は大です(o ̄∀ ̄)p
朝食がスムージーとか青汁とか、野菜は生サラダバリバリたっぷりで摂ってます(*^0゚)vとか
飲まなきゃやってらんないっしょ(*^Q^)c[]とかね。
ちょっとした生活習慣がじっとりべっとりひつこーい湿邪を作り出しています。

疲労から消化器も弱っているということもありますね。慢性疲労は慢性だけあってキャラクター化しているところもありますが、軽んじるなかれ!ですよ。

内からじっとりしちゃっている(/_<。)場合は汗で出すだけでは足りません、というか汗だけでは出ません。
この場合は水分代謝をよくするもので出していきましょう。
ズッキーニ、きゅうり、豆もやし、枝豆、緑豆春雨、海藻、あずき、黒大豆、はと麦などなど

最近デート中、彼女(彼氏)が触れてこないなぁ~とかだけなら秋まで喧嘩しない程度に仲良くしていればいいですが、かなりの体調不良を招いている方もぼつぼつ出現中ですので季節のせいとあなどらずに対処していきましょう。

明日から7月ですよ~
鵠沼海岸海水浴の始まりですわよ~(ぅぅ・・・サーフィン規制が・・・)
ぐぐぐっと気分もボディも揚げていきましょう~

   夏だぜ


梅雨冷えの一日

朝から雨でしたね。
ちょっと寒い。
湿熱が邪気に変わるこの時期ですが、今日は寒湿が邪気になりそうです。

冷えた湿気、冷えた水が邪気に変わると・・・
五臓の肺タイプは「鼻がしゅんしゅん(鼻水ずるずるまではいかない)」するとか「ぞわぞわする」とか
五臓の肝タイプは「寒いけれど丁度いい」「汗がすっきり出なくてインナーが熱い」とか
五臓の腎タイプは「寒い寒い、特に腰から下が冷える」「足がむくんで重い、冷たい」とか
五臓の脾タイプは「お腹がきゅーっと痛くなって下痢した」「体がずーんと重い手足が重だるい」

などと五臓の各タイプによって症状が異なりますが、原因は同じ寒湿ということで治療に使うツボも共通したものもあります。

冷えただけならば入浴方法も温まることが第一ですが湿が絡んでいるとちょっと汗で湿を出してあげた方がいいですね。

脾タイプさんの下痢は下痢止めとか飲んで止めずにとりあえず出してしまった方がいいです。

   冷たい雨

そのイライラ、季節の邪気かもしれません

ほぉー( ̄。 ̄)日中に銀行までとことこ行っただけですが、暑さというよりも湿気むんむんでした。
これぞ梅雨ですね。

ラップに包まれたような気分
不快ですよね。
この後急激急冷するとその湿気が出れずにカラダの中へじんわりと居座ってしまうので、濡れタオルで拭きとるとか、かるーく風で飛ばすとか動いて発汗と共にしっかり外に出しきるとかしたほうがいいのですが、職場環境などなかなかそうはいかないのが常でございます。
そんな時はミントなんかをほおばって(適量ね)散らしてみるのも助けになります。

最近わけもなく、イライラする。

  怒り

人混み、電車とか街中とか目に映るものすべてがイラっとするヾ(。`Д´。)ノ
イラっとするからとて、誰それ構わずあたり散らすわけにもいかないのが大人の世界。
当たり散らしていたら犯罪になりかねませんからね。

なんでこんなにイラつくんだ!!
と自分を責めたりしていませんか?
隣の人についついキツイ態度取ったりしちゃっていませんか?
こうなると運気も遠のいてしまいそうです。

このイライラ、ストレスや疲労によることもありますが、季節的な邪気「暑湿」のせいかもしれません。
季節の気『五気』があります。
(春)風 (梅雨)湿 (夏)暑or熱 (秋)燥 (冬)寒

五気も度が過ぎる(個人の感受性によります)と邪気となり「六邪」と呼ばれます。
(春)風邪 (梅雨)湿邪 (夏)暑・熱邪 (秋)燥邪 (冬)寒邪

今は湿邪に気温上昇も加わってダブル邪気「暑湿邪」
邪気は居座られると滞りを生じ、カラダの流れを阻みます。
カラダの流れを阻まれて影響を受けるのが五臓の肝。肝はスムーズを好みますが、これが出来ないと怒りを生じます。
ぶはぁーっと怒り心頭する手前のイライラ、肝のスムーズに流す機能が不調ということです。

今イライラしたりやたら怒りを生じてしまうという方は、「暑湿」により肝の流れが阻まれているということで、なにもあなたの性格が歪んでしまったわけではありませんよ。

「ぷはーっ」とビールが旨い!
となる季節ですが、ビールのような発砲するもの、あの泡ですね、あれが発散効果があるので普段我慢することがが多かったり、イライラしていると「ぷはーっ」ビールが旨いということになります。

そうかぁービールも百薬の長だ!という言い訳で飲み過ぎには注意してくださいね。
お腹が緩くなるなんて人は軽く1杯くらいで留めておきましょう。

その他イライラを鎮めるものには陳皮(みかんの皮)、ミント、セロリ、クレソン、ローズティなど

イライラするしカラダも重い、だるい、むくみなどがある場合はカラダに滞った湿も追い出すことが必要です。
海藻類や春雨、大麦、はと麦、とうもろこし、空豆、大豆もやし、黒大豆、小豆などは水分代謝を助けてくれます。

この時期枝豆や空豆食べたいなぁ~と旬ものに呼ばれるのも季節にカラダが反応しているってことですね。

薬食同源、上手に取り入れていきましょうね。

汁だく型?煮詰まり型?c( ̄▽ ̄)その2

前回の記事のつづき・・・

ペタペタじっとりにもは前回ご紹介した汁だく型だけではなく、煮詰まり型もあります。(これまた新たに命名)
煮詰まり型さんの特徴は潤い不足がベースにあります。

   煮詰まり型

「そういえば私乾燥肌でぇー」
と納得してくださる煮詰まり型さんもいらっしゃるかもしれませんが、潤い不足は肌だけの問題ではありません。

目の乾燥
髪のぱさつき
爪が割れる
眠れない
たくさん食べられない
イライラしやすい、怒りっぽい
月経血が少ない、閉経
汗はかかない

などなど・・・・の症状が見られる方は潤い不足のサインです。
潤いが不足していると、熱を冷ますことが出来ずカラダは熱性に傾いてしまいます。
で、熱性になると潤い分を煮詰めドロドロっと粘稠な状態になります。
血液ドロドロと言われる方はこのタイプも多いと思います。
外気温が高くなり、ますます煮詰まりやすくペタペタじっとり

【煮詰まり型になる要素】
ストレス
辛い物の摂り過ぎ
悩み・考え事過多
発汗のしすぎ
下痢
加齢

とととと・・・汁だく型とはちょっと原因が違います。
誰でも可能性ありそうです(=_=;)
勉強やら仕事やら頭を使って長時間続けていると「煮詰まっちゃった」と頭の回転が鈍くなりますが、これホントに煮詰まっちゃって血行悪くなっているのではないかと思われます。。。。(余談)

脱!煮詰まり型の為には汁だく型さんのように要素を排除・控えるといってもなかなか難しいです。
んんんんーーーそうなんですよね~

煮詰まり型の場合は自分の潤いを煮詰めて生じているペタペタじっとりなので、煮詰めないようにするには潤い分を増やしてあげればいい!ということになります。

ならば水を飲もう!!
と水をガブガブ2リットルとか飲んじゃう人もいるのですが・・・これはNG
血液ドロドロだから水を飲もう!と流行ったこともありますが、水で薄めた血液ってカラダに有効に働くのか?(疑問)
ということでカラダを潤すものを摂りましょう。

これからの季節ならトマトやキュウリ、ズッキーニ、冬瓜なども美味しい。
いちじくも店先に並んでいますし、杏や梅、すもも、ライチ、レモンでドリンクにしてもいいですね。
そもそも野菜の摂取量が少ないという人はあれこれ選ばす野菜摂取を増やしてみましょう。生ではなく火を通してね。
スープでもいいですし、オリーブオイルや胡麻油を使った炒め物もいいですね。
潤い不足さんには食物繊維の取り過ぎは要注意です。
葱、ニンニク、唐辛子、生姜などは控えめもしくは気温が高めの間は摂らない。

煮詰まり型の場合は、マイナスする出すことよりも補充することが大事!


ペタペタじっとりしているけれど、汁だく型かな?煮詰まり型かな?

汁だく型は比較的あぢーあぢーと汗を大騒ぎする、水分をがぶ飲みするなどの傾向にあり
煮詰まり型は比較的物静かに暑がる、または部分的に熱い部分がある程度なので大騒ぎはしない。水分は絶えず口にしたいがちびちび飲む。
などの違いがあります。



自分の体質ってどうなん?知って損はない自分体質

「セルフケアアドバイスコース」

相談時間:70分(ご来院~退出までの目安)
場所:カーチャ治療院(横浜市中区) アクセス
料金5500円 (現金のみ)~自分の体質を知って豊かな毎日をGOGO♪
☆特別価格で提供中(特別価格はそろそろ終了する予定です)
平日午後、または日曜日予約受付中
平日午前、土曜日は只今定期治療予約でご案内が難しくなっております。
他日で御希望の日時をお知らせください。第二希望まで頂けると調整しやすいです。

セルフケアアドバイスコース予約フォーム

セルフケアボタン


鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ (ホームページ)
鍼灸治療をご希望の方
鍼灸セラピーをご希望の方

ご予約フォーム⇒