皺に悩めば悩むほど皺が増える、かもね

昨日古い知人からMessengerに届いていたメッセージに返信したところ、
「一年前のメッセージに返信ありがとう」( ゚ ω ゚ ) ! !
なんで気づかなかったのだろう?デジタルわからない。。。




ぐーんと気温の下がった週末、元町でもふわふわファッションの方がちらほら。
今日もプードルみたいにジャケットもバックもふわふわした?もこもこ?した装いのご婦人を見かけました(^^)

プードル



気温は下がりましたが個人の素体によっては湿気を感じるという人もいますが、季節の特性としては「乾燥」
お肌も乾燥を感じる季節でございます。
もともと肌には保湿成分が備わっています。が年齢と共に保湿力が低下していくようで恐ろしいこっちゃ。
保湿力が衰えていくと現れるのが「皺」
カリカリ状態だと深い深い皺となって現れます。

保湿力=体の潤い成分が減るわけ

・加齢
・発汗
・温熱性の食品の過剰摂取
・排出のしすぎ
・悩み・考え過ぎ など・・・

〇加齢は止められません。なので食生活で補っていきます。

〇やたらとサウナや岩盤浴などで汗の出し過ぎも肌表面の潤いを消耗してしまいます。
サウナや岩盤浴などでは痩せませんのでほどほどに。

〇温める食品が流行りだしてから温熱性の食品を過剰に摂っている人、スパイシーなものを好んで食べる方は体が熱性に傾いて潤いをじわじわと消耗している可能性もあります。

〇排出とは小水や便、小水回数・量が多くほぼ透明、軟便or下痢という人は過度に水分を排出して潤い不足になっていることも。

最後に
〇悩み・考え過ぎもカラダの潤いを消耗します。これは意外と多い。
悩みは尽きないものですが、尽きないということは解決策がみつからないから、選択ができないからということで悩んでも“今”は変わらないという気もします。
そんなことで大事な潤いを消耗するくらいなら、
悩むことはいったんこっちに置いておいて(っ*・з・)っ〇。。ヨイショ

なので皺について悩むことも悩めば悩むほど皺が増えるかもしれません。
気になるけどね(*-ω-)(-ω-*)ウンウン
目の前の皺ちゃんに向けて保湿して、潤いを補ってくれる食物を頂いたりして過ごしましょう。

山芋、薩摩芋、大根、白菜、レンコン、
豚肉、あわび、いか、牡蠣、すっぽん
黒ゴマ、大豆、松の実、アーモンド、カシューナッツ
梨、ざくろ、オリーブ、レモン、りんご、梅
ゼラチン
牛乳、豆乳、ココナッツミルク などなど

いつもあれこれ考え込んでいる人は目と目の間、第三の目といわれる眉間に深い皺を作っていることもありますね。
ストレスフルな状態をほぐしていくとだんだん取れてきます。
 (-”-;) 

ご年配の方で若々しいなぁーという人はなんだか楽しそうによく笑っています。
ココロとカラダの健康が健美を作るのだなぁと思いますねー

スポンサーサイト

最近笑えなくなったのはたるみのせい?

中国地方で大きな地震があったようです。
大きな被害痕を残さないようにと願うばかり。



わたし最近笑えなくなったの、頬がたるんできたせいではないかと思う

確かに。。。お顔の筋肉がたるんでくると表情筋の動きが下方向になるので、ナチュラルスマイルは現れにくいかもしれませんね。

   ねこ
   ノースマイル

表情筋のたるみ

年齢とともに肌の張りが減少してくるものです。それはナチュラルなこと。
とはいえ、顔も筋肉・表情筋、筋ですからお手入れ次第です。
顔筋トレーニングもいいです。がやりすぎるとぴくぴく痙攣したりするのでやりすぎ注意です。

女子ならば女子トークが顔筋トレーニングになることもあります。
その場合は愚痴や不満のネガティブトークではなく、ハッピーや未来設計などポジティブトークを♪

そして気を付けたいのが冷たい飲み物やなま物の習慣化

えっ?!
だって野菜は美肌の素でしょ!!

とおっしゃることでしょうが。。。。

冷たいものやなま物は五臓の脾胃(消化器)に負担になります。
五臓の脾は「持ち上げる」という働きがあります。これは内臓を定位置に留めておくという働きでもあります。
留めておけなくなった状態が内臓下垂
筋肉の垂れも脾の働きが弱まっているよのサイン
健美のためには体温以上の状態で飲食物を摂る!これは簡単に出来そうですね。


**********☆**********

今回のご相談、「たるみ」が問題というよりも「笑っていない、笑えない」ことがキーポイントではないかと思います。
こんな時は筋肉なんたらを考えるよりも、心身をリラックスした状態にしていくことが大事

カーチャでのお勧めメニューはヘッド鍼灸セラピー
深頭筋に働きかけるヒーリングヘッドマッサージと鍼灸の全身のバランスを整えるコース。ストレスや脳疲労を改善していきます。

   ヘッド鍼灸セラピー


美容鍼灸セラピーで健美ぴかぴか☆

秋って美容に関心が向くようになるのでしょうか?夏の終わり頃から新規の美容鍼灸セラピーを希望される方が増えます。
美容鍼灸セラピーを受けにいらっしゃる方は、大きな体調不良を抱えていることないように思います。(自覚されていないとも言えますが)

ですが・・・健美ですから掘り下げますよ。

くすみが気になる
くすみ=面色がさえない

・首肩の慢性的な凝りがあると、お顔へ送られる血が妨げられますので十分な供給がされずくすみの原因に。

・脈の中を流れる血が不足していると艶のあるお顔にはなれません。

・血を流す原動力である気が不足していると血を運べないので艶のあるお顔にはなれません。


色についても暗い紫っぽい、暗い黄色っぽい場合があります。
どちらも暗い感じ。これではいくら笑顔でいても見た目印象は暗っぽくなってしまいますね。

紫っぽい暗さですとどこかで血行が妨げられていることが原因であることも。
これは凝りだったりストレスだったり。

黄色っぽい暗さですと血や気の不足が考えられます。

-食生活はバランス取れていますか?
-PC、スマホで目を使いすぎていませんか?
-月経状態はいかがでしょうか?
-ストレスを溜めすぎていませんか?
-適度にカラダを動かしていますか?
-睡眠の質はいかがですか?
-小水便の状態はいかがですか?
-カラダを冷やすような生活習慣はありませんか?...etc


美容鍼灸セラピーを1回受けたからと言って、たちまち艶ぴかを保証するものではありまえんが、不思議と皆さんお帰りの表情が明るく、目が見開いてぴかぴかされます。
もともと健美を目指す人は内側から綺麗になる必要性を知っている意識の高い人なので、ちょっとスイッチを入れるとカラダが動き出すのかな~

うぅぅーーー私も皆さんに刺激されてマッサージ、鍼して「アラフィフ健美!」を意識していきたいと思います。


   美容鍼灸セラピーカーチャ 美容鍼灸セラピー

健康、健美

  健康健美茶


老若男女、PCを使う、ストレス過多の方が多い昨今
血不足が否めない

アフタードリンクは血を補い、血流をよくし、リラックス効果のあるものを

ビワエキス入りのお酢、クコの実、なつめ、龍眼、バラ

痩せても枯れてはなりませぬ

お寒うございます。
健幸ライフお過ごしでしょうか?
鼻が乾くとか喉がイガイガするとか肌が痒いとか化粧ノリが悪いとか踵がガサガサ、そういった乾燥症状の声が日に日に多くなっております。

早くから乾燥注意報出しておいたのですけどね^^;
身を以て体感しないと気付きにくいものですね。
そういう私も、踵や脛がカサカサしております<(`^´)>

気になる乾燥ですが・・・
最近痩せたな~という人は要注意。
もちろん日々の努力の結果でしたらそれは喜ばしいことです。
しかし、気血津液も不足して「枯れた」状態だとしたら。。。。

健美を目指す健幸ライフを送っている方ならお分かりですよね~
外見に現れる状態、特にお顔は内臓(五臓)の鏡と言われ内面を映し出しています。
枯れた肌は見た目にも皺、くすみの原因となりますし、張りのない肉はリフトダウン状態です。
どこか生活に疲れたお顔
これ!男女問わずですよーーーー。

肌のかさつきだけでなく、便が硬い、髪がパサつく、爪が割れやすい、皮膚の痒みなどなどの症状に思い当たったならかなりの枯れ状態です(>_<)

外からの補充だけでなく、内側から補充していきましょう。
特に今の時期は枯れやすいので、気血潤い補って女性も男子も健美人でお過ごしくださいませ。




潤いを補うもの
さつまいも やまいも 大根 白菜 
黒胡麻 松の実 ピーナッツ ひまわりの種 大豆 オリーブ
いか 牡蠣 はまぐり
鶏肉 豚肉
卵 ヨーグルト ココナッツミルク ゼラチン
ぶどう 柿 びわ りんご 

血を補うもの
鶏肉 豚肉 羊肉 牛肉
赤貝 いか 牡蠣 まながつお
きなこ 黒砂糖 
なつめ ライチ 龍眼
さといも じゃがいも ほうれん草
ゼラチン