鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ



健康なココロとカラダで健幸ライフ♪
個人の体質・症状を詳しくお聞きしオーダーメイドの施術をご提供(完全予約制)

◆突発性難聴、耳鳴り、耳閉感など耳に関する症状
突発性難聴治療

~突発性難聴専門の鍼灸院(突発性難聴ハリ治療ネットワーク)での治療経験を生かし、カーチャ開業時より多くのご利用を頂いております。
突発性難聴の治療は一日も早い取り組みをおススメします。

◆顎関節症
顎関節症治療

~歯科医推薦!鍼灸治療による顎関節症へのアプローチ
我慢筋と関連する顎関節症。ストレスによる顎関節の痛みを抱える人が増えています。
噛むことはエネルギーを作り出すファーストステップ。慢性化する前にご相談ください。

◆カラダレベルを上げるメンテナンス
カラダメンテナンス

~カラダを調えて開運体質へ
仕事、趣味、ライフワークで自分の好き続ける方を応援しています。
“好き”を続ける為にカラダは資本!鍼灸で健幸ライフのサポートをしています。

◆女性のからだサポート(望妊、月経、更年期など)
エイジングサポート

~月経、望妊、更年期、加齢、変化する女性のカラダをサポートしています。

『鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ』  ⇐詳細はカーチャホームページをご覧ください。

お問合せフォーム
ご予約フォーム



スポンサーサイト

世の中の流れが変わっているのかな

19日、関東では梅雨明け宣言が出たようですね。
18日は横浜でもゲリラ豪雨。。。カフェの窓から眺めている分には「すごいねー」でしたが都内ではまさかの雹が降ったとのこと。ゴルフボール大だったとか?!
直撃したらケガするわ。。。

気温は上がるわ、雹は降るわ、ゲリラ豪雨だわ~
と異常気象を心配する声が上がっています。

でも~
この時期の気温が毎年40℃近くであることが数年続けば、それも「またか(*´з`)」ってことになりそうです。
世の中ぐんぐん変わっています。
ほんの10年前までは携帯はガラケーでした。20年前は携帯持っている人は僅かでした。
30年前はワープロもしくやタイプがブラインドタッチで打てるだけで尊敬の眼差しでした。
今はどれもこれも珍しくない。徐々に変わっていったはずですが、変化はすぐに我々の生活に根付いてしまって当たり前になっています。
人間界を小宇宙とするならば大宇宙である自然が変わらないとうことなどないはずですし、「昔はね~」なんて昔話も生まれなかったことでしょう。
異常気象を心配して恐れるよりも、それに対応できる生き物でいなければならないのかもしれませんね。

異常気象というよりも地球の変化
変化する時期って揺れ動かされるのでカラダにも影響が大きくでますので、体調管理がキーワードになるとも言えます。
なぎ倒されないように地に足つけてしっかり生きていきましょう!!

時代の変化だから・・・といって栄養補給が錠剤やジェリーズルズルとかになるのは嫌だな~

有難い存在だけど時にカラダを傷つけるもの?

先日のゲリラ豪雨やら雹が降った後、やや暑さが軽減したというか暑さの質が変わったかなぁ~と思うのですがいかがでしょうか?
溜まっていたものが少し吐き出されたような、カラダで例えると溜まっていた痰湿邪を下剤をかけて消去したといいますかね。

自然界が大宇宙で人間はその中の小宇宙と表現しますので、人間界でメス入れたり薬で菌をやっつけるように大宇宙でも何かしているのかもしれません。

さてと、何はどうあれ暑い日が続いております。(だって夏だもん♪)
そして現代はどこもかしこも冷房機という夏でも涼しく過ごせる環境を作りだしてくれています。
これは有難い。ほんの数年前(?)私の中高時代は電車もバスも“冷房車”って記述があったような記憶です。
通学バスで冷房が入っていた日などは「今日はすっごくラッキーDAY」自慢げに言っていたものです。
そんな冷房機ですが、カラダにとって邪気になっている人も少なくありません。
当然みんな暑いのですが、冷気を強く受ける方、冷気によって血行を悪くされる方、冷気によって溜め込んだ痰湿を出せない方などなど。
有難い救世主であるはずなのに、邪気になっている。(悲しいね)

冷気を強く受ける方
元々陽気が不足しているので冷やされると益々陽気不足に。
寒くて凍えそうだ。唇や舌色が暗紫。気分の落ち込み。やる気のなさ。食欲不振。下痢・軟便。小水頻数など

冷気によって血行を悪くされる方
指先や筋肉の痺れや痛み。肩こり・腰痛。動悸。部分的な冷え。

冷気によって痰湿が滞る人
肌がべたべた。口の中が粘る。肌の痒みや発疹。軟便or便秘。カラダの重だるさ。浮腫みなど


とまぁ~原因元が同じでも現れる症状は色々ありますね。

気温設定を低くしなければいられない(ー_ー)!!という人は熱に素体が傾いているので、熱分を取り去ることと熱分を溜めない習慣(食事とか飲酒とか)も大事です。
キンキンに部屋は冷やして布団にくるまって寝たいとかいう無駄な思考の方もいますが、地球の為にもカラダの為にもなりませんので芯に眠っている熱を取り去ってほしいと思います。

素体の違いによってエアコンという存在の扱い方が違ってきますね。
夏は夫婦家庭内別居ということも聞かれますが、致し方ないです。

年齢という数字に惑わされずに夏を元気に楽しむために

「夏なんか嫌い」という人は年齢を重ねるごとに増えているような気がします。
子供のころはわーい山だ!プールだ!花火だ!とエネルギッシュに楽しめていたはずなのですがね。
暑さ指数が高くなっているということもありますが、年を一つ重ねると潤いが一ランク下がるという傾向もあるのかもしれません。
潤い不足は熱を高める要因でもありますからね。
いや!年齢という数字に負けずに、夏を元気に過ごしましょうヾ(*´ω`)ノ゙

 エンジョイサマー


夏を快適に過ごすために摂りたいもの

夏旬の野菜は「熱を冷ます効果」が期待できますので、がっつり頂きたいですね。
スーパーで揃うものばかりです、難しいことはありませんよ。
なす、トマト、冬瓜、キュウリ、ズッキーニ、緑豆もやし、レモン、すいか
お財布にも優しいもやしは欠かせないアイテム
大麦、ハト麦
表面の熱さはミントを加えて散らすのもいいです。

発汗によって失われた「潤い補充」には
うなぎ、イカ、スッポン、豚肉
ココナッツミルク、ピーナッツ、ひまわりの種、松の実、オリーブ、クコの実、黒ゴマ、
ぶどう、レモン、梅、キウィ、すいか、バナナ、マンゴー


じとじとべたべたする「湿気取り」には
小豆、エンドウ豆、黒大豆、ささげ、そら豆、大豆、大豆もやし、とうもろこし、緑豆もやし、きゅうり、すいか、セロリ、冬瓜
大麦、ハト麦、そば、寒天、昆布、豆腐、のり

白米よりも大麦、ハト麦など雑穀を加えた米ものにするといいですね。
そばもいいです。
小豆島のそうめんはごま油を使ているので潤い補充もして熱も冷ましてくれるのでおススメ♪

湿気を溜めない為にも入浴は忘れずに。シャワーだけではダメよ(-ε-〃)b
エアコンの効いた部屋ばかりにいて汗をかく習慣がないと外に出た時も汗をかけなくなってしまうので、あまりお籠りしすぎないように。
また汗をかいたままエアコンルームに入ってしまうと汗を纏ったままエアコンの冷気に冷やされてしまうので、じとじとベタベタしたものは一度濡れたもので拭っておきましょう。
肩が痛くて上がらなくなった、首が回らなくなった・・・というお声もちらほらありますが、これが原因ではないかと。。。


夏は食欲落ちて食べれない、食べれるけれど食欲はない
という人がこのところ急上昇中
夏は生長の季節、ですが消耗の季節でもあります。しっかり食べてエネルギー補給をしておかないと秋バテの原因にもなりますので冷たいものなま物で消化吸収力を低下させないようにしてくださいね。


自分の体質や今の状態に合わせた過ごし方を知って自分と付き合っていきたい方はカーチャまでご連絡ください。

鍼灸治療・鍼灸セラピーカーチャ


今時期の邪気と言えば

元町、中華街は連休ということで人が集まっているようです。
朝から浴衣女子はやら稀にに男子やら・・・
なんだろ〜と思ったらどうやら「横浜スパークリングトワイライト」だったそうです。
大人になるとイベントに疎くなる・・・もっとアンテナ張って近所のイベントは大いに参加して楽しみたいとも思う今日この頃だわ。

さて暑い日が続いております。
今週の週間予報もジャジャーン♪連日30℃超えです(//∇//)
泣いても笑っても自然界は動じない。気温は上がる。

自然界には五気というのがあります。
風・暑・湿・燥・寒
これらは自然界の気候変化のことで季節に対応しています。
なんでも5つに分類したかった古代哲学ですが、実際は熱を加えて六気としています。
季節と対応して
春ー風
夏ー暑
長夏ー湿
秋ー燥
寒ー冬

 五行色体表


今の時期は暑の気の影響を受けています。
通常、夏は陽気が高まり暑くなります、植物は生長しニンゲンさんも活発になりアバンチュールなんぞ楽しむ、これが夏!
といったところですが、暑くなり過ぎると体温が上昇し体液を消耗し熱中症を引き起こしてしまいます。
こうなると気は邪へと変化して体調不良の原因となります。
かといって夏に陽気減少し、気温が上がらず冷夏となるのも季節にすぐわず体調不良の原因ともなります。

暑の特徴をみていきますと
◇暑は陽に属し、炎熱する性質がある
ある程度の暑さは夏に必要なものですが、ここ連日のように30℃超えやら場所や環境によっては40超えなんて声もきかれています。
こうなると暑は邪気となり炎のように燃え上がります。
夏風邪だ!という方が数週間前から増えておりますが、「喉がものすごく痛くて紅く腫れ、発熱して大汗をかき、ものすごく喉が乾く」と似たような訴えですが、夏だな~と季節性を感じます。

◇暑は発散して気や津液(潤い)を消耗させる
暑は熱の気から生じているので発汗させます。水を入れた鍋を火にかけると沸騰するイメージですね。
火をかけっぱなしにしておけば鍋の中の水はどんどん減少していくように、体内の潤い分も消耗されます。
プラス発汗すると気(エネルギー)も一緒に出ていきます。
炎天下の中、大汗かいた後ぐったり倦怠感が生じたり、ひどいとその場にバタリと倒れてしまいますね。

◇日本の暑は湿をお供にする
日本の夏は暑いだけでなくもれなく湿度も高くなっています。
また飲み物や食べ物冷えたものを欲するようになりカラダの中でも湿を生み出しやすくなり外から内から、暑+湿が邪気となって襲ってくるということに。
暑い、怠い、体が重い、動きたくない、食欲ない、ムカムカする、下痢・軟便・・・
とダメダメオンパレードになってしまいます。

季節は陽性で活動的!ワイワイわくわくサマーバケーションのはずが暑湿邪に襲われすでにバテバテ
という人も少なくないですね。

暑い夏、ただただ暑かった・・・で夏が終わってしまわないようにしたいですね。